「ほっ」と。キャンペーン

東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

7/12(日)和紙の折り染め

7/12(日)の子ども絵画造形教室で、和紙の折り染めを行いました。

昨年は、和紙を折り畳んだあと、一度水に湿らせてから新聞紙などに挟んで水を切り、透明水彩絵の具で染める方法でした。
和紙を湿らすことで、色のぼかしが美しく優しい雰囲気に出来上がります。

それはそれで好きなのですが、今年は発色をより良くするため、染料を使用しました。
布を染めるときにも使うもので、染料の粉をお湯に溶かして使用します。
色数は、赤・青・黄だけでなく、紫・緑も加えて5色用意。


まず、和紙をきちんと折るところから始めます。小さい子はお母さんやお父さんと一緒に。
小学生は自分で考えながら。枚数を重ねるごとに折るスピードも早くなり、「次はどの色をどんな風につけてみいようかな〜」と想像が膨らみます。

四角形折り、二等辺三角形折り、正三角形折り、複複雑折りなど、いろいろな折り方がありますが、くしゃくしゃ染め(和紙を折らずにくしゃっと丸めて筆などで染めるむら染め)も、簡単で人気でした。和紙の折り方、色の組み合わせ方によって、模様の大きさ、形、雰囲気がガラリと変わるところが魅力です。

お子さん以上に(?)熱心なお母さんもいらして、親子で楽しんでいただけたようで良かったです。次回の教室は、この日に染めた和紙を使ってうちわ作りを行いたいと思います。

c0162965_16265435.jpg
c0162965_16271066.jpg
c0162965_16272539.jpg
c0162965_16273716.jpgc0162965_16275114.jpgc0162965_16293428.jpgc0162965_16301352.jpgc0162965_16304812.jpgc0162965_1631045.jpg
c0162965_16312283.jpg
c0162965_16313086.jpg
c0162965_16313833.jpg
c0162965_16315281.jpg
c0162965_1632108.jpgc0162965_16322538.jpg
c0162965_16324568.jpg
c0162965_16325876.jpg
c0162965_6154577.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-07-21 16:35 | こどもアトリエ