「ほっ」と。キャンペーン

東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

くちなし染め

「くちなし染め」に挑戦してみました。
c0162965_13231358.jpg


「くちなし」は、栗きんとんの色づけに使われたりする鮮やかな黄色が特徴です。

c0162965_1215756.jpg

以前スーパーの食品売り場で安くなっていたので、染色用に買い置きしていました。
袋に入っていると分かりませんが、クチナシはできるだけ赤みがある実を選ぶといいでしょう。

クチナシは木綿によく染まるそうです。
下処理として、木綿の布を中性洗剤の入ったお湯(60度位)に浸けて洗い干しておくだけでもいいそうですが、私は一応豆乳でタンパク処理をしてから染めました。

乾燥したクチナシは布と同量が基本ですが、よく染まるということで、クチナシ30グラムに対し布50グラムで染めてみることに。


c0162965_12172766.jpg

1/まず水1.5リットルにクチナシ30グラムを入れて15分間煮出します。いい香りがしてきます。

c0162965_1224160.jpg

2/ザルに漉し布をのせて一番液を取ります。色はこのような明るい黄色。

3/煎じた実をよく揉んでつぶすと、濃い色が抽出できます。熱いのでゴム手袋をして絞り、再び水1.5リットルを加えて15分煮出し、二番液を取ります。

c0162965_1246430.jpg

c0162965_1246133.jpg

c0162965_12462573.jpg


c0162965_1333094.jpg

4/一番液と二番液を合わせると、このような濃い色になりました。

5/50〜60度の染料液に布を15分間浸します。ムラにならなよう、時々よく混ぜます。

6/布を軽く絞り、媒染液に15分間浸します。ミョウバン媒染液と、鉄媒染液を用意し、色の違いを媒染液による色の違いを調べることに。
7/媒染後、布をよく水洗いし、再び染料液(70度)に浸します。

8/よく水洗いして陰干しして出来上がり!


c0162965_13215273.jpg
↑微妙なので分かりにくいと思いますが、黄色がミョウバン媒染、少し緑がかった黄色が鉄媒染です。
c0162965_13226100.jpg
↑↓白いハンカチも染めました。お花がかわいいでしょ?
c0162965_13221551.jpg

c0162965_13223297.jpg
↑捨てようと思っていた着古した白いTシャツを染めました。
c0162965_13224329.jpg
↑一度染めた後の染料液で、夫のTシャツを染めてみました。さすがクチナシ! 少し薄い黄色になったかな? と思いますが、しっかり染まりましたよ。カレーのスパイスなどで使われるターメリックも、よく染まりやすいそうです。
c0162965_12165413.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-10-20 13:21 | 草木キッチン染め