東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

まめ豆づくし

お豆が大好きです。寒い日は、とりあえずコトコトと豆を煮ます。
キッチンで火を使うと蒸気で部屋全体が温まりますし、料理やお菓子作りにすぐ使える豆の水煮ができちゃいます。最近はおからにハマり、パンやお菓子、料理に多用していました。食物繊維たっぷりでヘルシー。おすすめですよ!

●おからパンとベーグル、節分豆、おからケーキ…
c0162965_17494933.jpg

↑国分寺のお豆腐屋さんでおからを注文したら、ほかほかしっとり温かいおからをたくさん(50円で1キロ以上も!)袋に詰めてくださいました。そのお店のおばあちゃんが色白でニコニコして素敵で、「あぁ、毎朝早起きして美味しいお豆腐を作ってくれているんだなぁ…」と惚れ惚れしてしまいました。たった50円では申し訳ないので、ついでにがんもも購入。夕食の一品になりました(ちなみに玄米ご飯のプレートに添えてあるのは、小豆とひき肉の炒め物です。ここでも豆が登場)。

そのおからは、ポテトサラダ風のおからサラダや、おからのハンバーグ、おからパンやベーグルなどに変身。おからのケーキもよく作りました。
おからケーキはノンオイル、ノンフラワー。基本の材料はおから、卵、少しのさとうのみ。そこにラム酒漬けしておいたドライフルーツや、リンゴやバナナを加えて焼き、最後に昨年作っておいた梅ジャムを塗っています。油や小麦粉が入っていないとは思えないほど美味しくできて好評だったため、おからを買い足して何度も焼いていたら、さすがに子どもたちに「もう飽きた!」と言われました。

ここ数年、節分の豆まきで使う炒り豆は自分で作っています。今年は当日に間に合わなかったので、前夜に豆を浸水させておき翌朝オーブンで焼きました。子どもたちは豆まきをしてから学校へ行へ。簡単に香ばしい豆ができるのは嬉しいですね。






●ホクホクのトラ豆
c0162965_17501296.jpg

↑トラ豆を煮ました。トラ豆は、何と言っても見た目が格好いい! 煮ると乾物の時の見た目とは裏腹に、優しくてクセのないほっくりしたお味。そこも好きです。
土鍋で炊いていたら、油断して煮くずれてしまいましたが、味付けしないそのままが美味しくて、手が止まらなくなりました。残りはてん菜糖シロップにつけていただきました。





●娘たちと味噌作り
c0162965_1750238.jpg

↑今年は、早々と子どもたちと味噌を仕込みました。大豆1キロ分なので味噌4キロ程度しかできませんが、我が家の恒例行事になっています。
娘たちは初めて味噌作りに参加し満足そうでしたが、麹と塩と煮潰した大豆を混ぜる作業で、塩が手にしみたのか「手がいたい〜ヒリヒリする!」と言っていました。




●きな粉ボーロ、きな粉蒸しパン、酒粕トリュフ
c0162965_17504293.jpg

↑きな粉ボーロ、きな粉蒸しパンも作りました。
このブログを書きながら、改めて日本の食卓に、豆、特に大豆は欠かせないなぁと実感しています。大豆は様々な食材に使われているのだから、輸入しないで国内でもっと作ってほしい!と思います。

さてさて、きな粉ボーロですが、これは3月末に国分寺市の公民館で開催される「春休み丸一日小学生講座」のための試作でもあります。
午前中は「パンの秘密を作って食べて学んじゃおう」ということで、パンはなぜ膨らむのか? 天然酵母って何? ということを、実際にパンを作って食べて学び、午後はイースター(復活祭)に近いことから、イースターに関連したカード作りをする予定に。イースターといえば、復活の象徴のニワトリの卵が登場することが多いので、パン作りのついでにたまごボーロも作っちゃおう! ということで考えました。シンプルなたまごボーロもいいのですが、せっかくなのできな粉を入れたり、紫芋パウダーやココアパウダーを入れたバージョンも作ってみました。全卵使用なので市販のボーロより、ほろほろ感は少なく食べ応えがあります。


話は変わり、今年のバレンタインは、酒粕トリュフを作ってみました。
材料は、酒粕、豆乳、ココアパウダー、アーモンドパウダー、菜種油、てん菜糖です。チョコレート不使用。純ココアで甘さ控えめ、子どもたちも「もう一個、もう一個!」といって食べてくれました。




●黒豆煮汁と葛湯とクコの実茶
c0162965_17505694.jpg

↑高熱を出したり寝込むところまではいかないのですが、体がだるく疲れが取れず、のどの調子が少しおかしい、これは風邪の引きはじめのサイン…という日があります。実は昨日と今日もそう。そんな日は無理をせず、欲張らず、なるべく大人しく家でできることをしようと、最近になって思うようになってきました。
人間のバイオリズムには波がありますしね。

のどの異変を感じたら、まずは塩水うがい。水は浄水ではなく、殺菌作用を期待して、あえて普通の水道水を使っています。それでもダメな時は、黒豆の煮汁に塩を入れて、うがいをします。飲んだりすることも。食事は、胃腸に負担がかからないよう、玄米食はやめて白米のおかゆに。大根飴(大根+ハチミツ)も作りました。

また、今日は寒かったので葛湯(本葛+黒糖+すりおろし生姜を少々)を作ってみました。体調が崩れてきたなと感じたら、薬膳の本も参考にしています。
ということで、くこの実茶も作って飲みました。これだけやったので、明日は体調が回復しているはずです!!
[PR]
by atelier-kotokoto | 2016-02-24 21:33 | ★食いろいろ