「ほっ」と。キャンペーン

東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

特別な一日と紙芝居

自然・巡る・味わう “表現する暮らし”をテーマに活動しています。
「アトリエことこと」の佐々木ひで美です。

今日は、最近あった“特別な一日”について。今月、12月3日は、私の誕生日でした。
c0162965_17581745.png
↑家族からの誕生日プレゼントは、ポインセチア(正確にはプリンセチアという種類)と手作りのテーブル飾り(長女が鍵編みで作ったもの)と、毛糸の帽子(次女が指編みで作ったもの)を用意してくれていました。先日子どもたちが作ってくれたカレーライスと鮭のホワイトグラタンは、酒粕、醤油麹(または塩麹)、味噌(白、赤)で下味をつけ、山芋の擂り下ろしを加えて栄養を付加しつつトロミもつけるという高度な技まで! 私は日頃、市販のカレールーやシチューの素などはあまり使わないので、子どもたちも自然とその味に慣れていたのかもしれません。


誕生日の数字が「1、2、3」というのは、覚えやすいしテンポがいい気がして、なかなか気に入っています。
今年9月からFacebookを始めたこともあり、FB等を通して大勢の方から「おめでとう!」のメッセージが届き、サプライズプレゼントをいただいたような、ハッピーな気分になりました。また12月3日、4日は土日だったので北京中医薬大学の授業がありましたが、そこでもクラスメイトが「誕生日だって知ったから、急いでコンビにで買ってきた!」とシャープペンシルのプレゼントをもらったり、近所のママ友が庭のハーブや花をミニブーケにして、手作りのケーキと一緒に持ってきてくれたり。
復習が追いつかず、直前まで睡眠時間を削っていたので、学校からクタクタで帰宅したのですが、家族が夕飯やプレゼントを用意してくれていたし。
「私、なんか愛されてるかも!!」とほっこりした特別な一日でした♥♥


また最近では、娘たちが夕食を作ってくれるようになり、助かっています! ついつい「こうしたらいいよ」とか助言したくなるのですが、そこはなるべく我慢して、キッチンがすごいことになっていてもニコニコ「ありがとう〜うれし〜美味しそう〜助かる〜!!身体に良さそう〜!!」等の言葉を連発するようにしています。



そして、もう一つの特別な一日といえば…

11月27日に行われた紙芝居コンクールで、娘たちが入賞したことです。
長女の紙芝居の題名は、まさに「とくべつな1日」。冊子に書いていただいたあらすじを読んでいただくと分かりますが、いつも働きっぱなしの太陽と月が雨雲さんに頼んで休みをもらい、二人で買物や食事、おしゃべりなどを楽しみ、また夕方になって空に戻って行くというストーリーです。ほぼ毎年夏休みに小学校の紙芝居ワークショップに参加し、紙芝居作りは我が家の恒例行事となっていました。
c0162965_21530650.png
c0162965_21530272.png
応募総数253点(ジュニアの部131点)の中から8名優秀賞が選ばれ、11月27日の本選で審査員の先生方やお客様の前で本人が実演し、大賞が選ばれます。長女は小6でジュニアの部は最後でしたし、今年は何度も絵を描き直し、お話しも練って作った作品でした。残念なことに大賞は逃しましたが、横浜市長賞という大賞に準ずる賞をいただくことができました。

次女は、昨年ジュニアの部で優秀賞に選ばれ観客賞をいただきましたが、今年は鈴木出版賞を思いがけずいただくことができました。今年のタイトルは「ピコピコモジャモジャ」。次女は昨年で力つきたのか、今年はなかなかエンジンがかからず、お話しもイマイチで今年はコンクールに出すのをやめようかと話していたのですが、直前になってなんとか完成させました。ロボット美容院がお客さんの女の子の髪型を、「ピコピコモジャモジャ…」というおまじないで次々に変えるお話です。表紙の絵ではハサミとクシを持っているんですけどね。

c0162965_21530782.png
c0162965_21530411.png
↑次女が本番で実演している写真と、長女が表彰されている写真です。コンクールでは、全応募作品の展示や、過去大賞をとった作品の展示なども見られます。
c0162965_21530501.png

↑スポーツ音痴な我が家は、トロフィーやメダルをもらったことがありませんでしたが、紙芝居コンクールでいただくことができ、子どもたちの自信に繋がったようです。手弁当でコンクールを運営してくださっている紙芝居文化推進協議会の方々をはじめ、このような貴重で素敵な機会を作ってくださっている皆さんに、心から感謝します!
次女にご褒美は何がいい?と聞いたら「お汁粉が食べたい!!」とのこと。早速、小豆を煮て作りました。












[PR]
by atelier-kotokoto | 2016-12-14 22:21 | 日記