東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:手すき和紙づくり( 6 )

手すき和紙をちょっと豪華に☆

自分で作った牛乳パックの手すき和紙に絵を描くときは、いつもより少し気合いが入ってしまいます。
普通のハガキより厚くて風合いがあり、サイズも大きいので、ちょっとした作品になります。
今回は、金色の紙を貼ったり、ラメのりも使ってみました。

c0162965_10573084.jpg

c0162965_10574462.jpg

↑部分的に金色の紙とラメのりを貼ったのですが、わかるかな?
c0162965_1057534.jpg

↑夫の両親は深大寺の近くに住んでいて、毎年だるま市がくるとプレゼントしてくださいます。今年は夫が厄年ということもあり、いつもより奮発して金色のだるまを買ってくれました。そこで、だるまを描いてみることに。
c0162965_1058519.jpg

↑金色の紙を手でちぎって貼る作業はちょっと大変だけど、絵の具では表現しにくいので、面白かったです。手前の文字は「福」と描いてあります。
c0162965_10582851.jpg

リサイクル紙を使った手すき和紙は、グレーっぽいのと、顔彩では色がのりにくいので、アクリルやポスターカラーを使って描いてみました。↑↓
c0162965_10583857.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-04-21 12:04 | 手すき和紙づくり

牛乳パックで手すき和紙づくりに挑戦!〜その5〜

************************
     (その5)
約5日かかって、ついに手すき和紙完成!
愛情たっぷりの手作り和紙で絵手紙を描きました!

************************

約5日かかったというのは、日曜日から始めて全て完成したのが金曜日というだけであって、途中、作業できない日もありました。とはいえ、試行錯誤しながら時間をかけて作ったのは事実。。。
もっと研究して要領が掴み、自分なりの方法を導ければ、短期間でできるはず! 

私のほのかな夢は、「大人のための絵手紙教室」だけでなく、「子どものための絵手紙教室」をひらくこと。そこで手すき和紙体験をしてもらい、自分の作った和紙で絵手紙を描いてもらうことです! 

ただ作って描くだけではなく、「誰か特別に大切な人に贈る」という前提条件付き。
実はそこが一番大切だと考えています。


さて話が少し脱線しましたが、墨や顔彩のにじみ具合はどうだろう? とドキドキワクワクしながら、自分で作った手すき和紙に絵を描いてみました。

一番最初に何を描くか考えた末、私が1年を通して最も好きなフルーツを描くことに。
そう! 白い和紙に真っ赤なリンゴです。

c0162965_14192827.jpg

墨は思ったよりにじまず、ある意味描きやすかったです。そのかわり少し裏うつりしたため、住所と切手を貼ってハガキとして投函するのは難しいかも。それでもいいんです! 封筒に入れて手紙を出せば!

c0162965_1418332.jpg

次にグレーの手すき和紙に描いてみました。こちらは相当分厚く頑丈にできており、手で触ってみるとよく分かりますが、素朴で力強い風合いが魅力です。

c0162965_14184410.jpg

これは先日、次女が台所で遊んでいて、我が家で唯一の急須を割ってしまったものです。結構気に入っていたので描いてみました。

c0162965_14191376.jpg

そして、このちょっとボロボロの和紙は、私が作った失敗作第1号の手すき和紙です。2、3日前に近所で見つけた小さなつくしを描いてしました。これはこれで味があるなぁ、としみじみ。。。



このサイトはブログのため、「牛乳パックで手すき和紙づくり」の方法は、過去に遡って見てください。見にくくてすみません。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-03-14 14:19 | 手すき和紙づくり

牛乳パックで手すき和紙づくりに挑戦!〜その4〜


************************
     (その4)
自然乾燥させたあと
アイロンでプレスしたら完成!

************************


c0162965_13534278.jpg

21/手透きではないが手作り和紙第1号!かなり不格好だけど
c0162965_1356029.jpg

22/裏面は簀巻きの模様がうっすら見える
c0162965_13564356.jpg

23/光に透かすとこんな感じ。和紙とはほど遠い……
c0162965_13572073.jpg

24/分厚く、横から見るとかなり曲がってます
c0162965_13591349.jpg

25/研究後の手漉き和紙。和紙っぽくなってきた!
c0162965_13595794.jpg

26/どちらを表にするかは好きずきかな?
c0162965_141567.jpg

27/光に透かすとこんな感じ。繊維が繋がっている
c0162965_145494.jpg

28/横から見ると薄さが分かる
c0162965_1461521.jpg

29/卵パックと牛乳パックを合わせたもの
c0162965_146473.jpg

30/光が透けない
c0162965_1475172.jpg

31/やはり真っ白な牛乳パックの手漉き和紙は美しい〜! 
c0162965_1482466.jpg

32/グレーの和紙は、個性的な絵手紙が描けそう


c0162965_14151058.jpg

近所にある「小平市あおぞら福祉センター」で、障害者の方々が手すき和紙などを作成されています。先日、第10回あおぞら福祉センターまつりが行われ、私も体験させていただきました。とても勉強になりましたよ!
c0162965_14141626.jpg

↑同じくあおぞら福祉センターで販売されていた、カラフルな手漉き和紙で作ったしおり。自分でもっと簡単に作れたら素敵だな〜!
c0162965_14144495.jpg

牛乳パックはこのように↑短冊切りにして2時間煮るとよいらしいです。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-03-14 14:15 | 手すき和紙づくり

牛乳パックで手すき和紙づくりに挑戦!〜その3〜


************************
     (その3)
牛乳パックから手すき和紙ができるまで 
しもやけと闘いながら試行錯誤

************************

ここからは、いよいよ手すき作業に入ります。

「牛乳パックではがきを作る」のは、わりと一般的ですが、その場合、ハガキ大の木枠&網を買わなければなりません。セットで通常1500円くらいするそうです。
今回は、なるべく低コストで、家庭にある道具をなるべく使うのを目標にしていたので、簀巻きを使いました。これだと、ハガキサイズに限らず、いろんな大きさの和紙が作れます。


c0162965_13444821.jpg

11/寿司桶を買ったときに付いてきたミニ簀巻きを発見! ちょうどハガキ(より大きい)サイズになる
c0162965_1344930.jpg

12/その他、いろいろな太さ&大きさの簀巻きで実験。結果、あまり変わりはなかった
c0162965_13443329.jpg

13/簀巻きを斜めに入れて上下に振って紙を平にする
c0162965_13461769.jpg

14/簀巻きごと引き上げて水を切る。なんか、ご飯でのり巻きでも作っているみたい
c0162965_13455277.jpg

15/ミニ簀巻きでもやってみる
c0162965_13521118.jpg

16/お鍋の落としぶたでプレスすると水が切れやすい!
c0162965_13524666.jpg

17/落としぶたにくっついた〜! ほどほどにしよう
c0162965_13515585.jpg

18/タオルに移して、さらに水を切る
c0162965_13533821.jpg

19/簀巻きから紙をはがす
c0162965_13541191.jpg

20/卵パックは元々再生紙なので灰色。牛乳パックの白と混ぜてみた。乾いてくると色が薄くなる。ここで丸1日ほど自然乾燥させると、次にアイロンするとき簡単だが、私は早く完成形が見たかったので、いきなりアイロンしてみた。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-03-14 14:13 | 手すき和紙づくり

牛乳パックで手すき和紙づくりに挑戦!〜その2〜

************************
     (その2)
牛乳パックから手すき和紙ができるまで 
しもやけと闘いながら試行錯誤

************************


さて、前置きが長くなりましたが、牛乳パックで手すき和紙を作る方法をご紹介します。

あくまで私が試した方法なので、参考になるかは分かりませんが、一般家庭のキッチンでできることが魅力。夏休みの工作等で、親子で挑戦しても面白いと思います!


c0162965_13381678.jpg

1/開いた牛乳パックを適当に破いて30分程煮る
c0162965_13384423.jpg

2/牛乳パックの表裏のビニールをはがす。十分に湿らせないと難しい
c0162965_1338417.jpg

3/びりびり紙をちぎる作業を長女がお手伝い
c0162965_13394752.jpg

4/卵の紙パックも使用。水に溶けやすい
c0162965_1339121.jpg

5/ミキサーで細かくする
c0162965_13394463.jpg

6/どんな具合かな?
c0162965_13413541.jpg

7/ふわふわとろとろとろになるまでやると、手触りが気持ちいい!
c0162965_1340488.jpg

8/途中で作業を止めるときは、ザルに上げて水を切って冷蔵庫へ
c0162965_1343628.jpg

9/バットに水を足して移す。おかゆみたい。次女が手ですくって口に入れようとしていた…
c0162965_1342224.jpg

10/両手で探すと、牛乳パックの内側の透明フィルムをたくさん発見! 注意しよう! 


以上、ここまでが第一関門です。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-03-14 14:11 | 手すき和紙づくり

牛乳パックで手すき和紙づくりに挑戦!〜その1〜

************************
     (その1)
牛乳パックが手すき和紙に大変身! 
愛情たっぷりの手づくり和紙で
絵手紙を描くまでの奮闘記

************************

c0162965_13252778.jpg


上の写真が自家製手すき和紙です。
牛乳パックだけでなく、再生紙でできている卵パックも利用しました(グレーの和紙がそう)。


きっかけは、父からお土産にもらった絵手紙用の手透きのハガキでした。

天気の良い3月のある日、最近絵手紙描いてないなぁ。描かなくちゃ! とお思い立ち、赤いじゃが芋・紙粘土で作った人形・文旦・おひな様・百合の花など、手当たり次第に描いていました。

紫雲山という墨を摺り 、数種類の画仙紙に筆を走らせながら、
あぁ。この墨は紫色だったのね。どうりで! と今更ながら納得したり。
久しぶりに絵手紙を描く楽しさを味わっていました。

その中で、このハガキは描きやすいなと感じていたのが、先ほどの手透きのハガキだったのです。袋をよく見ると、南牧村すみれ会共同作業所による 牛乳パックから作ったハガキであることが分かりました。

障害者の方が福祉施設で手作りされているのだろうなと急に温かい気持ちになり、次に私も作ってみたい! 牛乳パックならできるかも! という思いがふつふつと湧いてきました。

そこで次の日曜日、早朝から鍋に水を入れて牛乳パックをグツグツ煮ることに。事前にインターネットで作り方を検索したのですが、分かりやすく公開しているページはほとんどなく(というより個人で作る人がいない?)、少ない知識と道具をフル活用し挑戦することにしました。

どの家庭にもある牛乳パックを使って和紙を作るなんて、考えただけでもワクワクしませんか? 「リサイクル=エコ」というのにもひかれました。この時点では、試行錯誤の末、完成までに5日もかかるとは思っていませんでしたが…。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-03-14 14:10 | 手すき和紙づくり