東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ごあいさつ&プロフィール( 2 )

改めて、ごあいさつ

★『食×Art』の創造を目指して

c0162965_17495433.jpg


2016年から「アトリエことこと」が心新たに目指すのは、『食×Art』の創造です。

なぜ“食”と“アート”なの? と思われる方が多いと思います。
私自身、どちらも自分にとって欠かせない重要なものと感じながら、うまく説明できずにいました。

それでも、食とアート両方あって私。
その二つをかけ算することで、生まれるものは何? 私に何ができる?


考えて、考えて…自分の今までやってきたこと、好きで興味あったことなどをふり返った結果、キーワードが分かりました。


c0162965_17501739.jpg


★キーワードは “美”

美術や芸術としての “美”。
食から生まれる健康を土台とした、その人自身が輝くための “美”。



★アートの力で一人一人の「生きる力」を引き出し、
 その人らしい「生き方の表現」を一緒に模索したい



アートというと、一部の限られた人による美術作品や芸術活動、と思われる方もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。

何気ない日常。幸せな気持ち。心がヒリヒリ傷むときの気持ち。イライラした感情…意識していなくても、誰かに話を聞いてもらったり、言葉や文章にするなど、誰でも何らかのかたちで表現しています。

それは、潜在意識の中で「私は今、ここに生きている!」ということを(心で)叫び、誰かに自分という人間を受け入れてほしい! 認めてほしい! と強く感じているからだと思うのです。
表現することは、誰かと繋がる手段でもあります。

スポーツで汗を流したり、何らかの手段を使って自分を発散できている人は、強く感じることはないかもしれませんが、障がいのある方や、自分をうまく表現できない子どもたち、お年寄りなどは特に、心の底では何かを表現したい欲求があると考えています。

絵を描いたり工作することは、本来とても面白くワクワクするものですが、なかなか形にならず苦戦することもあります。しかし辛抱づよく取り組み、自分の中にあるモヤモヤしたものが、何らかの形になって吐き出せたとき、晴れ晴れと満たされた気持ちになります。制作の過程もかけがえのないものとなり、同時に自分の中に眠っていた生きるエネルギーが目を覚まし、ムクムクと沸き上がってくることでしょう。

美術・芸術。それは何かを創造し、表現することです。

アートを通して様々な人と関わり、その人らしい「生き方の表現」を一緒に模索していきたいと思っています。



★「何を食べるか?」は「どう生きたいか?」と同じ


私は18歳で武蔵野美術大学に入ると同時に一人暮らしをはじめ、卒業後は編集者として朝と夜が逆転するような生活を送っていました。当然のように、食生活も不規則で不摂生になりがち。

それが結婚して第一子を妊娠してから、規則正しい生活、特に食事に気をつけるようになり、長女が生まれてからは天然酵母パン作りに熱中するようになりました。 酵母って何? 発酵って何? という素人でしたが、季節の野菜・果物などから自家製酵母パンを焼き始めました。「発酵食としてのパン作り」を模索しながら、※自然発酵種と出会い、「目に見えないけれど確かにある自然の力」に対し、とてつもない面白さと畏敬の念を感じて今に至っています。

パン作りは単に「美味しい」という結果だけでなく、その過程に何かを創作する時のようなワクワクがあります。

自然発酵種を使ったパン作りは私の生活の一部となり、味噌や醤油、酢、ヨーグルト、チーズ、納豆、漬け物など、様々な発酵食への興味・実践に繋がっています。酵母菌、麹菌、植物性乳酸菌など、発酵のきっかけとなる小さいけれど壮大な「菌の世界」にも魅力を感じるようになりました。

食に対する考えは、自分や家族の健康に直結するだけでなく、巡り巡って地球環境にも関わります。また、大げさなようですが「何を食べるか?」という問題は、「自分はどう生きたいか?」という、生き方そのものに繋がるとも思っています。

自分が口にしたもので身体の細胞一つ一つが作られているのですから、何をどのように食べたかで、自分の思考や行動すべてに影響がでると感じているからです。


※自然発酵種のパン…空気中に漂う目に見えない野生の酵母が、小麦粉と水で捏ねただけの生地に付着して生命活動を始め、その発酵力を使って焼いたパンのこと。小麦粉、塩、水という、最もシンプルな材料を、種つぎしながらパンを作り、ちゃんと管理していれば、その種は各家庭に伝わるぬか床のように、生き続けます。




★いつまでも美しく元気に年齢を重ねたい!
 と思う人に向けての活動



パン作りを始めて10年になりました。
私は自分でパンを焼くようになってから、体調がよくなってきたと感じます。パン作りをきっかけに発酵食をよく食べ、食と身体の関係について日々考えるようになったからかもしれません。

また私は、大学時代に社交ダンスを始めて以来、フラメンコ、サルサ、アルゼンチンタンゴ、日舞、フラなど、いろいろな踊りを体験してきました。音楽にのって全身を使って表現することも大好きです。
最近は、ピラティス・インストラクターになった妹の指導のもと、ピラティスもゆっくりペースでおこなっています。

食事と運動を組み合わせることで、心と身体のバランスが整い、何事も前向きに捉えられるようになってきました。

そのような経験から、今後は 女性なら誰でも気になる美容面での“美”に関しても総括的に勉強し、近い将来は一人一人に合った食事と運動について提案したり、家庭で気軽に実践できる発酵食や薬膳の教室も開催していきたいと考えています。
その人らしく輝く“美”の追求をめざして。



いろいろな意味での“美”を追求をしながら、生きる喜び、生きる力を、身近で大切な人々と共有していきたいと思います。


今後ともよろしくお願いいたします。



「アトリエことこと」主宰  佐々木ひで美


…………………………………………………………………………………………………………

<あとがき>

人生を80年と仮定すると、私の人生もあと半分。節目の年になりました。

昨年12月、国立新美術館で開催されていた「ニキ・ド・サンファル展」を一人で観に行き、泣きました。全ての作品が素晴らしかったのですが、その時の私に特に刺さったのは、「生命の樹」という絵手紙に書いてあった言葉です。↓


生命の樹ーー

死 不安 悲しみ 病 残忍 渇き 無 飢え 悪 憎しみ 苦しみ 不正 拷問 絶望 悲劇 鳥 美 調和 輪廻 ダンス 子ども 本 人生 神 笑い 力 パン 優しさ 詩 陽気 ワイン 喜び 音楽 健康 希望 アート 夢 寛大 想像 太陽 月 星 愛 花 復活 ユーモア 寛容 自然 友情 ヨーコ

ニキ・ド・サンファル 86年5月
ヨーコへ、友情をこめて
ニキ



良いことだけでもなく、悪いことだけでもない。生きるって、こういうことだなと。涙が溢れました。
ニキの心の叫びや、溢れ出るエネルギーに圧倒されました。

大げさでなく、残りの人生をどう生きるか? と真剣に考えています。子どもの頃は想像もできなかった「死」についても、今では「生と死」表裏一体で考えるようになりました。

ニキの足元にも及ばないけど、私も全身全霊で生きたいと思います。
そして死ぬ直前まで、できれば大好きな人たちと元気に笑って動き回っていたいです。
ワクワクすること、面白いこと、自分や大好きな人たちのために、できることをしていきたい。
そう思ったら、何だか身体の内側から得体の知れないエネルギーが満ちてくるようです。


数年前に書いたごあいさつ文の最後で「今後どのような活動形態に発展するか分かりませんが…」と書きました。その言葉通り、アトリエことことの活動は変化し続けています。

以前のごあいさつ文もあえて残しながら、今年(2016年)新たな気持ちで、この文章を書きました。娘たちの成長、様々な人との出会いや経験によって、「アトリエことこと」の活動が変化・発展していくことに感謝しています。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2016-01-13 19:54 | ごあいさつ&プロフィール

ごあいさつ&プロフィール

◯● ◯●◯● ◯●◯● ◯●

こんにちは! 「アトリエことこと」です。

地域の方々とのふれ合いを通して、表現することの楽しさや、それを人に伝えることの喜びを共有したいと思い、2008年夏に「絵画造形教室アトリエことこと」としてスタートしました。

教室を開催するうちに、内容が絵画や造形の枠からはみ出してきたこともあり、
現在は単に「アトリエことこと」として活動しています。



★生きること=創ること★

創造力を養うことは、生きる力を養うことだと思います。

想像(イメージ)力を膨らませ、それらを形にして表現する(創造する)力を養うことは、物事をいろいろな角度からとらえ、自分なりに工夫する力を身につけることに繋がります。


『アトリエことこと』では、ワクワクする体験を通して一人一人が持つ豊かな感性の芽を伸ばし、子供たちの“創造力=生きるエネルギー”を育んでいきたいと思っています。


また子どもだけでなく大人も、心をオープンにして、ワクワクドキドキする気持ちを味わっていただけるような空間&時間作りを心がけています。



◯● ◯●◯● ◯●◯● ◯●

佐々木ひで美 プロフィール

武蔵野美術大学油絵科卒業。中学・高校の美術教職員免許取得。雑誌の編集者を経て2008年より「アトリエことこと」の活動を開始。地域の幅広い年齢層の方々と、絵手紙、工作、染色などの美術ワークショップを行う。2011年からは自宅で天然酵母パン教室「手作りパン工房」を開催(現在、お休み中)する他、障がい者や高齢者施設での美術活動、小学校の放課後子ども教室(楽描くらぶ)で指導者としても活動中。
「アトリエことこと」ブログURL→ http://akotokoto.exblog.jp



◯● ◯●◯● ◯●◯● ◯●

アトリエを始めたきっかけについて。

私は某出版社で、雑誌の編集という仕事を6年ほどしていました。
いろいろな人との出会いがあり、取材等を通して様々なことを体験&勉強でき、とても充実した貴重な期間でした。

編集という仕事は、裏方というか、地味な仕事が多いです。

自分の企画が通り、執筆依頼や取材依頼から始まって、取材して文章を書き、時にはカメラマンさんでなく自分で写真も撮り、誌面レイアウトを考え、デザイナーさんや印刷屋さんにイメージを伝えたりします。最終的に印刷物として形になるときは、喜びよりも、誤植など間違いがないかドキドキ不安ですし、またその本が売れないとがっかりします。

その頃の私は20代。編集者としても人間としても未熟だった(今もまだまだですが)こともあり、プレッシャーや不安から、胃が痛くなり、夜眠れなかったり、自律神経がおかしくなることもありました。

とにかく一生懸命やることだけ考えましたが、終電で帰れないこともしばしばで、精神的にも体力的にも辛いことはありました。



ですから、出産を機に会社を辞めたときは、正直ちょっとホッとしました。

1人目が生まれ、約2年後に2人目が生まれ、子育てにも慣れて来た頃、やはり自分自身が充実し成長していけるような仕事がしたいと想い、それがフツフツと膨れてきました。

編集という仕事は、やりがいがあるし素晴らしい仕事だと思いますが、勤めにでるには仕事時間が不規則になりがちで、小さい子どもがいると難しいです。
また編集よりも、もっと自分に合う仕事がある予感がしました。

でもそれが何だか分からず、どのように始めたらいいかも分からなかったので、常に何かを探し求めていた気がします。

「焦らないで大丈夫、きっと何か自分に合った仕事が見つかる!」と自分にいい聞かせ、日々、少しずつ成長していく子供たちの姿を、絵に描いたり日記や短歌に留めたりして焼き付けながら、過ごしていました。


そんな時に「近所の集会所が新しくなったので、住民の方向けに講師をしませんか?」という声がかかったのが、アトリエことことを始めたきっかけです。2人目の子が1歳を過ぎたばかりの頃でした。

どうせ仕事をするなら、自分の好きなこと、自分の得意&特異なことを活かし、地域社会に貢献できることをしたいと思っていたので、近くに住む両親に子守りなどを協力してもらい、やらせていただくことになりました。



人と人を繋ぐような出会いや交流の場であったり、子どもも大人もワクワクするような、面白い体験ができる場を作りたいと思っています。
そして大げさなようですが、地域が活性化し、文化振興に繋がることを目指しています。


今の世の中、不安なことが多いです。
でも私自身が「人生って良いことも悪いこともいろいろあるけど、やっぱり生きるって面白いなぁ…」と心から感じ、それを他の人に伝えられるようにしたいと思っています。


今後どのような活動形態に発展するか分かりませんが、一日一日を大切に、感謝しながら丁寧に積み重ねていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします!

ささきひでみ

c0162965_10284496.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2008-07-26 07:24 | ごあいさつ&プロフィール