東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ことこと体験教室リポート

2008年7月25日(金)に、「アトリエことこと」の体験教室が行われました。

事前の申込では、4人とうかがっていたのですが、フタをあけてびっくり!
お子さんから大人まで12人の方々が、暑い中きてくださりました。
ありがとうございました!!


この日は皆さんに絵手紙を描いていただきました。


c0162965_5385298.jpg



モチーフは、ひまわり、我が家で朝穫れたトマトとキュウリ、桃などを用意しておき、
好きなモチーフを選んで描いてもらいました。

また絵を描くのがちょっと苦手な方も、野菜スタンプで気軽にペタペタ、朝顔の花やあじさいの花を表現されていましたよ!。


c0162965_6113664.jpg
c0162965_6123770.jpg
c0162965_6125255.jpg
c0162965_613238.jpg


何枚も描いてくれた子もいて、たくさん作品ができましたよ!




c0162965_653424.jpg
c0162965_6533072.jpg
c0162965_6543996.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2008-07-30 06:51 | ★絵手紙活動

申込・問い合わせ先

「こども絵画造形教室」「大人のための絵手紙教室」「和おどり・着付け教室」へのお申し込みや、ご質問等に関しては、
まずは下記のメールアドレスへご連絡ください。

hide-salsa@jcom.home.ne.jp

よろしくお願いします。

『アトリエことこと』 佐々木ひで美




c0162965_824953.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2008-07-28 08:04

プロフィール

佐々木ひで美と申します。


武蔵野美術大学油絵科卒業。中学・高校の美術教職員免許取得。

雑誌の編集者を経て現在2児の母。未熟な点も多いかと思いますが、皆さんと一緒にアートの世界を楽しんでいけたらと思います。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2008-07-28 07:51

アトリエ内容について

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎ 
〜酵母から作る日々のパン〜

手作りパン工房
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎ 


気軽に手作り酵母パンを作ってみませんか?
一軒家の小さな工房(普通のキッチン)で始めた
アットホームな雰囲気のパン工房です。お子様連れOK



天然酵母といっても、いろいろな種類があります。ここでは、小麦粉と水だけで作った自然発酵種をベースに、季節の果物や野菜、ヨーグルトなどから起こした自家製酵母も使って、毎回1〜2種類のパンを焼きます(あらかじめ1次発酵までの作業はすませた生地を使用)。

その他、材料を計量して生地をこねる作業も行います。こねた生地はお持ち帰りいただき、ご自宅で1次発酵〜焼成して、ご家族と焼きたてパンをお召し上がりください! 

また、教室で焼いたパンは味見して残りはお土産に。ティータイムには、ご試食用のパンを召し上がっていただけます。

※参加人数や、参加メンバーのアレルギーの有無などによって、パンのメニュー等は毎回変わります。
※ 昼過ぎるので、お子様連れの場合は特に、おにぎりなど簡単な昼食をお持ちください。

■日時

平日10:00〜13:00(時間は過ぎることがあります)
その都度、ブログやメールで開催可能日をお知らせします。春休み、夏休み、冬休みの親子パン工房も今後企画していく予定です。



■料金

基本¥2500(材料費込)





◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
 絵手紙アトリエ
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

絵手紙とは、慌ただしく過ぎて行く日常の中で、ふと立ち止まって、季節を感じたり、日々の生活に潜む小さな幸せを発見するきっかけになるものです。

特に決まりはありませんが、季節の草花や旬の果物や野菜などを描くことが多いです。それらモチーフをじっくり見ながら、また自分自身としっかり向き合いながら、一枚のハガキに表現していきます。

絵手紙は、「絵で描く手紙」です。まずは自分自身に向けて、心のままに描いてみましょう。次は夫や子どもなど身近な家族へ、その次には友人へ…。

ヘタでもいい! ヘタでいい! 大切な人を想いながら、心を込めた絵手紙を贈るって素敵なことだと思います。


絵手紙の道具…

● 墨、硯(墨汁でも可)●顔彩
● 筆3本くらい(墨用、彩色用)●筆洗器
● 梅皿(パレットでも可)●画仙紙(練習用、本番用)、練習用半紙
● 小タオル(筆を拭いたりするため)●新聞紙(机を汚さないため)
● 落かん(講師が持っています。自分でも作れます)


現在、毎月第3木曜日(ご高齢の方向け)と第4火曜日(子育て中のママ向け=ママ絵手紙)の午前中に開催しています。

”ママ絵手紙”のメンバー募集中! 

▶毎月第4火曜日10:00〜12:00

■次回開催日…6月26日(火)10:00〜 御幸地域センター2階和室(第二娯楽室)
■参加費…600円(講習費500円+モチーフ代100円)

※道具をお持ちでない方には、プラス100円でお貸しします。

参加ご希望の方は、事前にメールでご連絡ください。基本的に毎月参加できる方を募集していますが、お子様連れOKですので、お気軽にお越しくださいね。お休みされる時は、お月謝はいただきません。体験も歓迎です!



※自転車、バス、電車で通える範囲であれば、出張講師も致します。
お気軽にご相談ください。



◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎ こどもアトリエ ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

豊かな発想力と感性を! 創作活動をもっと身近に! 
主に幼稚園〜小学校低学年向けです。子どもの頃に感じたワクワクドキドキする気持ちを大切に、毎回内容を工夫したいと思っています。未就学児の場合は、保護者の方の付き添いをお願いします。

★対象:3歳から小学生
★日程、申込について:ただ今、お休み中です。不定期で企画&参加募集することもあるかと思いますので、時々チェックしてみてください。


◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎ ママことこと ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

『ママことこと』では、主に平日の午前中に開催。手作り、手仕事が好きな方、子どもだけでなく自分もアートに触れたい方など、仲間と一緒に創作の時間を持ちませんか? 日常生活から少し離れ、物作りを通して、ママ同士の交流&憩いの場となったら嬉しいです。小さいお子さん連れも歓迎です!


★こちらも今のところ不定期開催なので、ブログやメールで内容、日時、場所をお知らせ致します。
★ご興味ある方はご連絡ください。




c0162965_12564993.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2008-07-28 07:50

アトリエの名前の由来は?

なぜ『こつこつ』でも『こそこそ』でもなく、『ことこと』なのか。それには3つ理由があります。

1つめは、大きな鍋で豆やおかゆを煮るように、ゆっくりじっくりことことと創作活動をしていきたいという想いからです。ふっくらつやつや優しい味に仕上がるよう、イメージし、祈りながら。

2つめは、言霊(=ことだま)という言葉からとりました。言葉には人を勇気づけたり元気にしてくれる力があり、日常の挨拶や「ありがとう」という感謝の気持ちを表すことはもちろんのこと、前向きな言葉を声に出すことで、心と体の健康に繋がると思うからです。よって、絵を描くこと、ものを作ることと同じく、言葉という表現も大切にしていきます。

3つめは、『ことこと』という音の響きやリズムが面白いと思ったからです。

c0162965_7451175.jpg

c0162965_7454634.jpg
c0162965_7461360.jpg


↑写真は、家で子供と遊びながら紙粘土で作りました。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2008-07-26 07:32 | アトリエの名前の由来

ごあいさつ&プロフィール

◯● ◯●◯● ◯●◯● ◯●

こんにちは! 「アトリエことこと」です。

地域の方々とのふれ合いを通して、表現することの楽しさや、それを人に伝えることの喜びを共有したいと思い、2008年夏に「絵画造形教室アトリエことこと」としてスタートしました。

教室を開催するうちに、内容が絵画や造形の枠からはみ出してきたこともあり、
現在は単に「アトリエことこと」として活動しています。



★生きること=創ること★

創造力を養うことは、生きる力を養うことだと思います。

想像(イメージ)力を膨らませ、それらを形にして表現する(創造する)力を養うことは、物事をいろいろな角度からとらえ、自分なりに工夫する力を身につけることに繋がります。


『アトリエことこと』では、ワクワクする体験を通して一人一人が持つ豊かな感性の芽を伸ばし、子供たちの“創造力=生きるエネルギー”を育んでいきたいと思っています。


また子どもだけでなく大人も、心をオープンにして、ワクワクドキドキする気持ちを味わっていただけるような空間&時間作りを心がけています。



◯● ◯●◯● ◯●◯● ◯●

佐々木ひで美 プロフィール

武蔵野美術大学油絵科卒業。中学・高校の美術教職員免許取得。雑誌の編集者を経て2008年より「アトリエことこと」の活動を開始。地域の幅広い年齢層の方々と、絵手紙、工作、染色などの美術ワークショップを行う。2011年からは自宅で天然酵母パン教室「手作りパン工房」を開催(現在、お休み中)する他、障がい者や高齢者施設での美術活動、小学校の放課後子ども教室(楽描くらぶ)で指導者としても活動中。
「アトリエことこと」ブログURL→ http://akotokoto.exblog.jp



◯● ◯●◯● ◯●◯● ◯●

アトリエを始めたきっかけについて。

私は某出版社で、雑誌の編集という仕事を6年ほどしていました。
いろいろな人との出会いがあり、取材等を通して様々なことを体験&勉強でき、とても充実した貴重な期間でした。

編集という仕事は、裏方というか、地味な仕事が多いです。

自分の企画が通り、執筆依頼や取材依頼から始まって、取材して文章を書き、時にはカメラマンさんでなく自分で写真も撮り、誌面レイアウトを考え、デザイナーさんや印刷屋さんにイメージを伝えたりします。最終的に印刷物として形になるときは、喜びよりも、誤植など間違いがないかドキドキ不安ですし、またその本が売れないとがっかりします。

その頃の私は20代。編集者としても人間としても未熟だった(今もまだまだですが)こともあり、プレッシャーや不安から、胃が痛くなり、夜眠れなかったり、自律神経がおかしくなることもありました。

とにかく一生懸命やることだけ考えましたが、終電で帰れないこともしばしばで、精神的にも体力的にも辛いことはありました。



ですから、出産を機に会社を辞めたときは、正直ちょっとホッとしました。

1人目が生まれ、約2年後に2人目が生まれ、子育てにも慣れて来た頃、やはり自分自身が充実し成長していけるような仕事がしたいと想い、それがフツフツと膨れてきました。

編集という仕事は、やりがいがあるし素晴らしい仕事だと思いますが、勤めにでるには仕事時間が不規則になりがちで、小さい子どもがいると難しいです。
また編集よりも、もっと自分に合う仕事がある予感がしました。

でもそれが何だか分からず、どのように始めたらいいかも分からなかったので、常に何かを探し求めていた気がします。

「焦らないで大丈夫、きっと何か自分に合った仕事が見つかる!」と自分にいい聞かせ、日々、少しずつ成長していく子供たちの姿を、絵に描いたり日記や短歌に留めたりして焼き付けながら、過ごしていました。


そんな時に「近所の集会所が新しくなったので、住民の方向けに講師をしませんか?」という声がかかったのが、アトリエことことを始めたきっかけです。2人目の子が1歳を過ぎたばかりの頃でした。

どうせ仕事をするなら、自分の好きなこと、自分の得意&特異なことを活かし、地域社会に貢献できることをしたいと思っていたので、近くに住む両親に子守りなどを協力してもらい、やらせていただくことになりました。



人と人を繋ぐような出会いや交流の場であったり、子どもも大人もワクワクするような、面白い体験ができる場を作りたいと思っています。
そして大げさなようですが、地域が活性化し、文化振興に繋がることを目指しています。


今の世の中、不安なことが多いです。
でも私自身が「人生って良いことも悪いこともいろいろあるけど、やっぱり生きるって面白いなぁ…」と心から感じ、それを他の人に伝えられるようにしたいと思っています。


今後どのような活動形態に発展するか分かりませんが、一日一日を大切に、感謝しながら丁寧に積み重ねていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします!

ささきひでみ

c0162965_10284496.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2008-07-26 07:24 | ごあいさつ&プロフィール