「ほっ」と。キャンペーン

東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

12月18日子ども教室「透かし絵」

12月の子ども教室で、2回目となる「ステンドグラス風の透かし絵」を行いました。
今回は、子どもたち以上に(?)興味を持ってくださるお母さん方も多く、3人のお母さんが参加してくださいましたよ! 
今回も「花」というテーマで、合計13人の色とりどりの作品ができました。

平日の午後開催だったので、完成して皆さんの作品を窓に貼る頃には、外が暗くなってきてしまい、直射日光で透かし絵を鑑賞することができなかったのが少し残念です。
しかし、それぞれに創意工夫が見られ、「わたしのきれいでしょ!!」と自慢し合う姿が微笑ましかったです。

また、前回(12月6日)参加してくれた女の子が、おばあちゃんに透かし絵をプレゼントしたいということで、後日、透かし絵キットを2セット注文してくれました。色の組み合わせは、おまかせということだったので、私が決めさせていただきましたが、どんな「花」ができたかな〜? と楽しみです。

c0162965_703140.jpg
c0162965_70491.jpg
c0162965_7107.jpg
c0162965_712229.jpg
c0162965_713697.jpg
c0162965_714773.jpg
c0162965_715414.jpg
c0162965_72337.jpg
c0162965_721365.jpg
c0162965_72246.jpg
c0162965_723756.jpg
c0162965_724741.jpg
c0162965_725918.jpg
c0162965_73832.jpg
c0162965_731869.jpg
c0162965_732784.jpg
c0162965_734775.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2008-12-21 07:05 | こどもアトリエ

12月の絵手紙教室

12月の絵手紙教室は、新年を迎えるための準備として、箸袋やお年玉袋に絵を描くことを予定していましたが、急きょ変更させていただきました。
というのも、年明けの1月25日(日)に、いつも教室を開催している武蔵野団地集会所にて、絵手紙の展示をさせていただくことになったからです。
そのような理由で12月と1月の教室は、展示を意識した絵手紙の制作となります。

1人何点展示できるか、まだ具体的には決まっていませんが、この機会にご自宅でも沢山描いていただき、その中から選りすぐれたらなぁと考えています。

c0162965_16552986.jpg

今回は、この武蔵野団地で実用書道の講師をされていたSさんも参加してくださいました! ありがとうございます。

c0162965_16553911.jpg

皆さん、真剣に描いています。この日の生徒さんたちの作品をご紹介します。

c0162965_16555544.jpg

↑左は、来年の干支である牛の絵を見て描いたものです。墨の濃淡だけで上手く表現されていますね。右は、香りの王様、本ゆず。ゆずの少しゴツゴツした質感や色が似てきました。

c0162965_1656731.jpg

↑左の落ち葉は、丸い種がいくつも付いていて、葉の形はスプーンのようなくぼみがあり独特です。あまり目立たないけれど自然の智慧を感じます。つまようじを使い、薄く繊細な葉の模様を描きました。右のみかんは、色のにじみがとても美しいです。

c0162965_16561819.jpg

↑ハガキ2枚をくっつけて、大きな赤いカブのような大根をど真ん中にどーんと入れました。迫力が伝わってきていいですね。

c0162965_16562798.jpg

↑女性コーラスを指導されている方の作品です。蝋燭を持って歌う天使の置物を描きました。クリスマスシーズンにぴったりですね!

c0162965_16563615.jpg

↑上の「ハレルヤ」を描いたのと同じ方の作品です。ご自宅で描いてきてくださいました。色を塗るときの、紙の白の残し方がキレイです。

c0162965_16564740.jpg

↑ジューシーで甘いデコポンを、色鮮やかに描きました。他の方もそうですが、柑橘類を描くとき、皮の点々をどう描いたらいいか考えてしまうようですが、まずはモチーフの形、質感、香り、重量感などを、いろいろな角度から見て全体像をよく感じることが大切だと思います。そして、墨で形をしっかりとること。細かい皮の点々は、少しの表現で十分です。

c0162965_16565694.jpg

↑なんと、この橙色した柑橘類はスダチだそうです! お庭でできたものをそのままにしておいたら、緑色から色づいたそうですよ。柔らかい葉の色とのコントラスト美しいですね。下は、シンプルな金色の輪=和で、世界の平和を祈るデザインになっています。

c0162965_1657764.jpg

↑今回、初参加の方の作品です。クリスマスオーナメントの木でできた天使を描いてくださいました。ハガキの斜めにモチーフを入れたところがいいですね。形のバランスもよく、文字もさすがに美しいです!

c0162965_1657213.jpg

↑自主的に白紙のぽち袋を持参して描いてくださいました。橙色のスダチを描いた方の作品です。お孫さんたちも喜びますね!

c0162965_16573074.jpg

↑当たり前ですが、一人一人に個性があって、並べると楽しいです。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2008-12-20 17:10 | ★絵手紙活動

12月の絵手紙ギャラリー

この時期になると、毎年のように義母から鬼ゆずをいただきます。
直径20センチはある、大きくてゴツゴツしたゆずで、見るたびに「ぎょっ!」とします。
鬼ゆずの木を見たことがありますが、木の幹や枝が気の毒になるくらい、いくつもの実が重たそうについていました。

c0162965_21475656.jpg

「おにゆずは、おにがたべるから、おにゆずなんだよね〜」と娘が言っていました。
このゆずは、マーマレードのように砂糖煮にしていただいています。皮が厚く、わたがふかふかお布団のようで、苦みも少なく食べやすいです。

c0162965_21482042.jpg

c0162965_21483271.jpg

c0162965_21484384.jpg

近所の、よく行く農家で買った赤かぶです。野菜の品評会(?)で3位になったという立派で大きな赤かぶでした。品評会は、味ではなく、色、形、大きさなどで評価されるらしいです。甘酢漬けにして食べましたが、美味しかったですよ〜

c0162965_21485319.jpg

ご近所の方に、お庭で育てたラディッシュをいただきました。同じ赤かぶでも、先ほどの赤かぶとは印象が全く違います。

c0162965_2149479.jpg

このサツマイモはスーパーで見つけて、イモ虫のような形にひかれ買いました。煮るか、焼くか、蒸して食べるか。。。どれも好きですが、結局1センチくらいの輪切りにしてフライパンで蒸し焼きにして食べました。

c0162965_21491848.jpg

この芋は、たまに行く農家で見つけました。土にまみれて、せいぜい大きな里芋にしか思えないのですが、1個100円(さらに大きいのは1個300円!)で「芋の女王 紅イモ」と堂々と書かれており、よく見るとお尻が赤紫色で普通じゃない品格を感じました。紅イモといっても、サツマイモではありません。

c0162965_21493148.jpg

ヤーコンという野菜をご存知ですか? 最近人気(?)らしく、近所のいくつかの農家で作られているようです。見た目は汚れたサツマイモなのですが、中は白っぽい色で、瑞々しく、生で食べると梨のようなシャキシャキとした食感と味がします。酢水にさらさないと色が変色するところなど、レンコンにも似ています。栄養価も高く、奇跡の野菜といわれているようです。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2008-12-19 22:34 | ★絵手紙ギャラリー

小平市なおび幼稚園で保護者向け講習会を開催

12月10日(水)の午前中、長女の通う小平市のなおび幼稚園で、保護者向けの講習会をさせていただきました。

内容は、12月の子ども教室と同じ「ステンドグラス風の透かし絵」ですが、保護者向けということで、内容をいろいろ考えました。
窓辺に飾って美しいこと、簡単に作れること、教室ではやっていないこと、子どもより大人向けであること、あれこれ検討した結果、折り紙で星を作ることにしました。
折り紙は、紙を正確に同じ大きさに切って、きちんと折ることが美しくつくることのポイントになります。

また、残った紙を使って、ご自宅でお子さんたちと自由に創作していただきたいと思い、「こんなのもできますよ〜」と参考作品をいくつかご紹介させていただきました。


前日の大雨が嘘のように晴れ、12月とは思えないほどポカポカ陽気の中、おしゃべりしながら和気藹々とした雰囲気で行うことができました。

皆さん、好きな色の組み合わせで星を作り、同じ折り方でも、バリエーションが広がることを実感しました。

参加していただいたお母さん方、役員の方々、ありがとうございました!!

c0162965_6593342.jpg

実は前日、幼稚園から帰宅した長女が突然、原因不明のジンマシンに! 初めてだったので私もびっくり! 大雨の中タクシーを呼んで、準夜間病院へ行ってきました。何とか治まり、講習会も無事に終わってホッとしました。
c0162965_70010.jpg

参考作品は窓に貼らず、紐に吊るさせていただくことにしました。
c0162965_701852.jpg

小さいお子さん連れのお母さんも、数人参加してくださいました。という私も、次女を連れていましたが、役員の方々が優しく相手してくださったので助かりました。
c0162965_705844.jpg

緑と青の星を作ったお母さんは、お子さんが男の子です。
c0162965_71990.jpg

赤と緑の星は、クリスマスらしいですね。
c0162965_711811.jpg

c0162965_712855.jpg

赤と黄の他、赤と白で作った星もありました。
c0162965_714748.jpg

前日、役員さんたちと練習で作った星です。パーツを16個作ってはり合わせます。アレンジで、穴のあいた星を作ることもできます。
c0162965_72067.jpg

次女が園庭で遊ぶ園児たちを羨ましそうに眺めています。再来年まで待てない!?
c0162965_723369.jpg

「じっくり折り紙するなんて久しぶり〜。楽しいね」などと話ながら作りました。
c0162965_12482628.jpg

↑今回の保護者向け講習会用に考えていた透かし絵です。丸いしっかりとした枠に、トランスパレントペーパーをいろいろな形に切って貼ってあります。難しそうに見えるかもしれませんが、好きな色、デザインで感覚的に(アバウトでも)作れちゃいます。これはまた、何かの機会に皆さんで作りたいなぁと考えています。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2008-12-11 14:26 | 日記

12月の子ども教室「透かし絵」

12月6日(土)の子ども絵画造形教室では、10時からと11時15分からの回を合わせて、子ども14人+保護者の方の参加がありました。
最近子どもたちの間で、嘔吐&下痢が流行っていたらしく、お休みした子もいました。
という私も、この数日前に寒気がするほど気持ち悪くなったのですが、教室開催日には復活! 疲れがたまると風邪などひきやすいので、気をつけなければと思いました。


さて、今月の内容は、半透明の紙で作る「ステンドグラス風の透かし絵」です。

参加してくれる子どもたちは、幼稚園生から小学生低学年までが多く、今回はハサミなどを使うので、ちょっと難しいかなと思いましたが、それぞれ素敵な作品を作ってくれました。

手でちぎったり、丸や三角など好きな形を適当に貼り重ねるだけでも、光に透かして美しいのですが、あえて皆で「花」という共通のテーマを設けることにしました。

まず、10色の紙の中から好きな色を3枚選んでもらい、切り紙で小さな花を作り、そのまわりに花びらを切って貼っていきます。基本は皆同じなのですが、色の選択、切り紙や花びらの形に個性があり、またそれらの貼り方の違いによって、様々な花ができました。

最後は、教室の窓辺に皆の作品を貼って鑑賞しました。
お互いがお互いの「花」を引き立て合って、とても美しかったですよ〜!!

今回は、制作過程を楽しむのはもちろんですが、作品を形にして完成させることを一つの目標にしました。
帰宅して早速、窓辺に飾ってくれた子たちも多く、よかったと思います。




c0162965_785854.jpg
c0162965_7101497.jpg
c0162965_7102893.jpg
c0162965_711210.jpg
c0162965_7111137.jpg
c0162965_7112386.jpg
c0162965_7113730.jpg
c0162965_7114767.jpg
c0162965_7115618.jpg
c0162965_7122325.jpg
c0162965_7123573.jpg
c0162965_713285.jpg
c0162965_714766.jpg
c0162965_7145765.jpg
c0162965_7151512.jpg
c0162965_7154443.jpg
c0162965_716676.jpg
c0162965_7162958.jpg
c0162965_716487.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2008-12-11 07:17 | こどもアトリエ