「ほっ」と。キャンペーン

東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

1月22日(木)子ども教室「墨&色流し」

1月15日(木)に予定していた平日の子ども教室を、1週間後の22日(木)に変更させていただき開催しました。そのため来られなくなった子がいて、申訳ありませんでした。

天気もいまいちで、この日は我が家の長女を入れて5人の参加。
その中の1人は、18日(日)にも参加してくれた男の子で、「またやりたい! 今度は虹色のをやりたい!」というリクエストがありました。

前回は「墨流し」の後、「墨+1色(赤または青)」でやってもらったのですが、今回は、せっかくの少人数ということで、好きな色を好きなだけ選んでもらい、紙の枚数も制限せず、とことん「墨流し&色流し」をやってもらいました。


子どもたちは言われた通りにするだけでなく、いろいろ試してみて、自分なりの方法を編み出していくんだなぁと感じました。大胆で迫力ある作品や、繊細な色&模様の「墨&色流し」ができましたよ!

c0162965_12235419.jpg
c0162965_12244591.jpg
c0162965_12302157.jpg
c0162965_12303814.jpg
c0162965_12311352.jpg
c0162965_12312426.jpg
↑残った色インクで、和紙染めも作りました。オマケです。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-01-28 12:32 | こどもアトリエ

2009年2月の子ども教室予定

※誠に勝手ながら、2月より子ども絵画造形教室の開催日を、毎月第1土曜日ではなく、第1日曜日に変更させていただきたいと思います(その月によっては、さらに変わることもあるので、毎回、日時のご確認をお願いします)。
なお、平日の開催日は、今まで通り毎月第3木曜日15:00からです。

****************************

2月8日(日)13:00〜…空いてまーす!

2月8日(日)14:30〜…空いてまーす!

2月19日(木)15:00〜…空いてまーす!

■持物/エプロンまたは、汚れてもいい服装。お手拭きタオル。

****************************


さて、2月の子ども絵画造形教室は、「クリームえのぐで絵を描こう!」というテーマで行いたいと思います。

クリームえのぐって何?? と思われるでしょうが、それは当日までのヒ・ミ・ツ。
名前のとおり、クリームみたいな絵の具です。
この触感、子どもは大好きだと思います。なんていう私も、子どものように大好きです。

以下、我が家で実験したときの写真です。教室では、写真と同じことをやるとは限りませんが、クリーム絵の具を使って、デカルコマニー(合わせ絵)や、フォークなどの道具を使ったり、手に直接絵の具をつけて絵を描いたり…を考えています。


c0162965_14115952.jpg
c0162965_14121369.jpg
c0162965_14122986.jpg
c0162965_14124530.jpg
c0162965_1413934.jpg
c0162965_14132031.jpg
c0162965_14135699.jpg
c0162965_14143147.jpg
c0162965_141554.jpg
c0162965_14151852.jpg
c0162965_14152915.jpg
c0162965_14171436.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-01-27 14:19 | こどもアトリエ

「武蔵野団地祭」の展示が終わりました!

1月25日(日)、武蔵野団地集会所で「武蔵野団地祭」が行われ、アトリエことことの展示も無事に終了しました。

昨年末から今月まで、ずっとバタバタ忙しく、なかなか準備が進まなかったのですが、
前日は夫に作品を模造紙につける作業などを手伝ってもらい、何とか間に合いました。

集会所の壁や窓ガラスなどを使って、好きなように展示をしていいとのことでしたので、絵手紙教室の作品、昨年9月からの子ども教室の作品や、教室での写真などを展示させていただきました。

考えてみれば「アトリエことこと」を始めて、まだ半年なんて、自分では信じられません。
アトリエを始めた当初は、それこそ寝ても冷めても頭の中は「ことこと」のことばかり。そろそろ寝て体を休めないと! と思っても、頭が冴えて眠れない日も多く、体重は2キロ減りました。

さすがに今はそんなことはありませんが、密度の濃い日々だっただけに、もう2、3年は経っている感覚です。
今回の展示は、この半年を振り返り整理する上で、よい機会となりました。

次のステップに繋がりますように。


c0162965_12525074.jpg

↑子どもたちが夢中になっている様子、生き生きした表情の写真を見ると、「やってよかったなぁ」と思います。
c0162965_125353.jpg

↑今回、参加してくれた子どもたちの作品ではなく(全て返却していたため)、我が家で作った参考作品を飾りました。このブログに載せた写真も飾りましたよ。
c0162965_12531651.jpg

↑絵手紙は、生徒さんから作品をお借りして飾らせていただきました。
c0162965_12541262.jpg

↑玄関に飾りました。
c0162965_12583973.jpg

↑実用書道講座の展示です。
c0162965_12533581.jpg

↑フラワーアレンジメント講座のリースの作品。どれも素敵でしたよ。
c0162965_1254092.jpg

↑当日は、フラワーアレンジメントの体験コーナー(300円)もありました。
c0162965_1254090.jpg

↑私の好きな絵本作家まついのりこさんの紙芝居もありました。
c0162965_125457.jpg

↑武蔵野団地祭のラストは、女性コーラスによる合唱でした。私は1曲だけピアノ伴奏させていただきました(本当は2曲の予定でしたが)。練習不足&緊張&寒さで指が動かない(!?)のせいで、思いっきり足手まといだったような……。でも楽しかったです。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-01-27 13:46 | 日記

展示をやります!

明日になってしまいましたが、1月25日(日)に武蔵野団地集会所で、アトリエことことの展示をやらせていただきます。

「武蔵野団地祭」と題し10時から15時まで、この地域に住んでいらっしゃる方の親睦会として行われます。

アトリエことことの展示の他、実用書道の展示、血圧・骨密度測定、折り紙講習会、紙芝居、フラワーアレンジメント講習会、女性コーラスの合唱など、日頃、この集会所で活動されている人々の模様師があり、昼時には、おにぎりやお菓子も配られるようです(団地以外のお子さんにも、お菓子はいただけるようですよ!)。

アトリエことことでは絵手紙教室で描いた作品と、子ども絵画造形教室での作品、教室風景の写真などを飾らせていただきます。

お近くの方は、チラッと見に来ていただけると嬉しいです。

アトリエことこと ささきひでみ
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-01-24 08:13 | 日記

2009年1月の子ども教室「墨流し&色流し」

以前のブログにも少し書きましたが、年初めの子ども教室では「版画カレンダー」を作りたい! と漠然と思っていました。版画といえばカレンダー! カレンダーといえば版画!(??) と、何の根拠もないのですが、なぜかカレンダーには版画がよく似合うと個人的には思っています。
年末の教室で翌年のカレンダーを作るのがベストなのでしょうが、前回12月の教室では、クリスマスシーズンに合わせて「ステンドグラス風の透かし絵」をどうしても作りたかったので、1月にしようと思いました。

ところが実際に試作してみて大変なことが分かり、今回は断念することに。小学校の図工(美術?)の授業でさえ、随分と時間をかけて版を作り、刷りの作業を行うようなので、幼稚園生メインのアトリエことことの子ども教室では、もっと念入りに下準備をして、計画的に行わなければだめだと認識しました。
c0162965_7363054.jpg

↑でも、せっかくカレンダー(半年分)を作ったので、写真をのせます。


さて前振りが長くなりましたが、1月18日(日)に開催した今年初めての子ども教室では「墨流し&色流し」を行いました。これも、私が子ども教室でずっとやりたいと温めておいたものです。

10時〜、11時〜どちらも子ども11名+保護者の方が参加してくださいました。日曜日ということもあり、お父さん3人の姿も。今回は特にチラシを作って配らなかったのですが、以前参加してくれた子が新しいお友達を連れてきてくれて、参加者が増えて嬉しいです。

1人1つずつバットを配り、中に水を入れて墨を流します。うまく墨が広がるか、水をこぼしたりしないか等ドキドキでしたが、小さいお子さんは保護者の方とペアになり行ったので、親子で楽しんでいただけたようで良かったです。

c0162965_739262.jpg

↑墨流し&色流しの簡単な説明をしています。
c0162965_7391183.jpg

↑子どもたちに集まってもらい、実際に私が墨流しの方法をやって見せました。墨と交互に油脂を水の上にのせていきます。本来は松ヤニを使うのですが、今回は皆さんに自前の油(髪の毛や顔の油)を割り箸につけて使っていただくことに。

c0162965_7433770.jpg

c0162965_7434667.jpg

c0162965_7435549.jpg

↑年輪のように墨の輪が広がったら、爪楊枝でそっとかき混ぜてマーブル模様を作ります。
c0162965_7435780.jpg

↑墨流しのあとは、墨+赤または青のインク1色を使いました。

c0162965_7452567.jpg

↑ストローで息をそっと吹きかけたり、うちわなどで扇いで一度しかできない模様を作ります。
c0162965_745424.jpg

↑子どもたちの肌はサラサラしているらしく、あまり油が取れないということが今回の教室で分かりました! 大人の鼻やお父さんの頭の油で行うと、墨の広がりが良かったです!
c0162965_815022.jpg

↑和紙に水の表面の模様を写し取ったら、紙を破かないようにそっと引き上げます。
c0162965_8152167.jpg

c0162965_8154914.jpg

↑墨1色でもキレイですよ〜!
c0162965_816992.jpg

c0162965_8162048.jpg

↑みんな慣れてきて、割り箸と綿棒を上手に使い分けています。
c0162965_8164363.jpg

c0162965_8171018.jpg

↑和紙をのせるときは、空気が入らないように気をつけて!
c0162965_8172886.jpg

c0162965_8174316.jpg

c0162965_8175839.jpg

↑和紙の一部分だけに写し取っても面白いね。
c0162965_818209.jpg

c0162965_8183274.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-01-21 08:17 | こどもアトリエ

2009年1月の絵手紙教室

1月15日(木)に、今年初めての絵手紙教室を行いました。
先月に続き、1月25日(日)の武蔵野団地祭で展示するための作品づくりです。


c0162965_16542386.jpg

↑干し柿です。もともとの色、形がちょっと地味なので、難しいモチーフだったかもしれません。ヘタの部分を下にして置いたこともあり、描いた本人も「干し柿に見えな〜い!」と苦戦していましたが、とても丁寧に筆を重ねて、微妙な色、質感まで表現できたと思います。
c0162965_16541521.jpg

↑右は、ご自身が大好きだという水仙の花。この方は、いつも構図に迷いがありません。また、意識されているか分かりませんが、モチーフのデフォルメ(対象を変形させて表現すること)の仕方もお上手です。左は、ご自宅のお庭にあるという、南天です。お正月らしいですね。
c0162965_16545377.jpg

↑2枚ともリンゴに挑戦してくださいました。1枚目が左の作品です。「どう描いていいか分からない〜! 構図も線も色の付け方も!」と弱気でしたので、2枚目では、まず筆にたっぷりと墨を含ませて、細かいことは気にせず大胆&一気にリンゴの輪郭を描いてもらいました。「リンゴのきもちおしえて」という謙虚な言葉に好感が持てます。
c0162965_16545619.jpg

↑この方は、とても謙虚な上に丁寧で真面目です。よく見て、葉っぱを一枚一枚順番に塗るという感じです。よく見るのはとてもいいことなのですが、絵手紙を描くときは、そんなに畏まらず、もっと勢いをつけてもいいかなと思いました。「最初は顔彩を薄めにして、紙の白を残しつつ全体的に色を大胆においてから、濃い色にしていってください」とアドバイスさせていただきました。この時点ではまだ途中なので、ご自宅で完成させてくださるそうです。
c0162965_16553310.jpg

↑左は、手焼き風のコーヒーカップです。構図がうまくいかなかったようで、3枚同じものに挑戦してくださいました。写真は3枚目の作品です。最初、色を付けるとき、墨で描いた線の中を均一に塗りつぶすような感じだったのですが、それだと、上から違う色をのせても効果が出にくくなります。最後の作品は、白を残しつつ慎重に色をのせたので、にじみが生かされて美しいですね。右は、ご自宅で描いてきてくださった里芋です。独特の毛(?)を丁寧に描かれています。
c0162965_16554941.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-01-20 17:48 | ★絵手紙活動

2009年1月 絵手紙ギャラリー

昨年末、近所の農家で買った「京イモ」と「八頭(やつがしら)」を描いてみました。
どちらも立派で大きかったので、ハガキを2枚つなげることに。
また、年の瀬で忙しいこともあり、墨を摺らずにダーマトグラフ(太くて柔らかい鉛筆のようなもの)の黒で線をひき、水彩色鉛筆で色づけしました。
とりあえず絵のみ急いで描いて、言葉は後から筆で書いたので、ちょっとバランスがおかしいような。。。まぁ、仕方ありませんね。

その後、京イモと八頭は、お節料理になる予定でしたが、時間短縮のため圧力鍋を使ったら大失敗! せっかくのお芋たちがとろとろになってしまい、泣く泣く、よく分からないコロッケ風のおかずとなりました。

そのことを、絵手紙教室に来てくださっている方々にお話したら、「あら〜! 圧力鍋はだめよ、もったいない!」とのこと。京イモや八頭の形をキレイに残すには、蒸したり、別に茹でるなどするそうです。また、私は煮しめにしようと思っていたけど、お雑煮に入れると美味しいと教わりました。
その他、皺のよらない黒豆の簡単な煮方など、さすが主婦の大先輩方ならではで、皆さん、それぞれのやり方、お正月の迎え方があるようで感心しました。

c0162965_14312647.jpg

↑この京イモは、見た目も味も上品でしたよ!(トロトロでしたが)
c0162965_14304081.jpg

八頭は、「頭(かしら)になる」ため、縁起がいいそうです。
c0162965_1432422.jpg

↑この芽キャベツは、前回の教室に参加してくださった方が、「珍しいのでぜひ絵手紙に描いてください!」といって、プレゼントしてくださいました。ありがとうございました。滅多に芽キャベツは食べませんし、まして茎と葉がついた状態のものは初めてお目にかかりました。長女ももちろん初めてで、「これキャベツの赤ちゃん?」といっていました。シチューにしていただきましたよ。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-01-20 14:34 | ★絵手紙ギャラリー

2009年1月の子ども教室の予定

住所がわかる方には年賀状を出させていただき、そこで1月の教室案内に触れていたのですが、1月の日程は下記の通りです。通常と異なりますのでご注意ください。

****************************

1月22日(木)15:00〜……空いてまーす!

※ ↑勝手ながら15日(木)から、22日(木)に変更させていただきます。


1月18日(日)10:00〜……定員になりました!

1月18日(日)11:15〜……定員になりました!

****************************

さて、肝心の内容ですが、ご案内では「紙版画」でカレンダーを作る予定でした。
しかし試作を行った結果、1時間という短い時間で行うのは無理そうなので、紙版画は春休みや夏休みなど、2回続けて行えるときにしようと思います。

そこで、2月に予定していた「墨流し&色流し」を行います。
こちらも面白いですよ! 水に墨や絵の具をたらして紙で吸い取るので、「版画」といえないこともないかな。
試作するとき、娘が「うわ〜! やらせて〜!」と喜んでいました。

c0162965_7302598.jpg

↑紙版画で作りました。私は一応、大学で版画専攻だったので、版画は是非やりたいと思っています。

c0162965_7303759.jpg

c0162965_7401981.jpg

↑これらも紙版画。版を作るだけでも、それなりに時間がかかるので、1時間で摺まで行うのはやはり難しいですね。今の教室は幼稚園生が多いので、子どもたちの集中力が持ちません(笑)



c0162965_7375449.jpg

c0162965_7381049.jpg

c0162965_7384017.jpg

c0162965_739575.jpg

↑これらが、墨流し、色流しです。
どんな模様ができるか、その時々で違うのも魅力です。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-01-07 07:41 | こどもアトリエ

新年のご挨拶

c0162965_710314.jpg


2009年、明けましておめでとうございます!

今年も健康第一に、皆さんと「アトリエことこと」を楽しんでいけますように!
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-01-07 07:10 | 日記