東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2009年4月16日(木)子ども教室「モビール」

4月16日(木)の子ども教室では、初めてのお友達や飛び入り参加してくれたお友達もいて、賑やかでした。

平日は15:00から開催していましたが、4月から小学校の終わる時間が遅くなったため、今後は幼児クラスと小学生クラスに分け、小学生クラスは15:30くらいからにしたいと考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、4月のテーマは「風を感じて ゆらゆらモビール」ということで、幼稚園生は保護者の方に少しサポートしてもらい、モビール作りに挑戦しました。

そもそもモビールとは、どんな意味かご存知ですか?

糸で吊られ、ゆらゆらと風で動くモビールは、フランス語で「動き」「動機」という意味です。

風で動くものとしては、他に風車、水車、風見鶏などが挙げられますが、モビールは何らかの機能や実用のためのものではなく、彫刻の新分野として創案された芸術作品です。
「彫刻は静止しているもの」という固定観念を覆すものでした。

20世紀初頭に、フランスの芸術家マルセル・デシュシャンがその名を提案し、アメリカの彫刻家アレクサンダー・カルダーの作品で一躍有名に。

現在、室内の装飾としてインテリアショップ等でも売っていたり、赤ちゃんの視覚的刺激となる玩具として使われるなど、美術界だけでなく世間一般にも普及しています。



……と、少しうんちくを語ってしまいました。
12日(日)の教室も、今回の教室も、このような説明をする暇がなかったので。
モビールが彫刻作品だったなんて、驚きですよね!


つまりモビールの特徴は、作品に動きを与えることで、空間と時間を表現できることにあると思います。
機械仕掛けではなく、空気の流れに応じて動くって、考えてみればごく自然なことですが、改めてゆらゆら揺れるモビールを眺めてみると、目に見えない風を視覚でも感じられて面白いです。

子どもたちには、「ゆらゆらゆれて おもしろい!」とか「きれいだな〜l」とか、感じてもらえれば十分ですが。

今回参加してくれた子たちは、早速家に飾ってくれたみたいで、嬉しく思いました。

芸術って、直接、生活の役に立つものではないかもしれませんが、毎日を楽しい気分にさせてくれるものであってほしいと思います。敷居の高いものとしてでなく、日々の生活を彩り豊かにしてくれるもの。そういうメッセージが、ことことに来てくれる子たちに、なんとな〜く伝わっていければいいなと思います。

c0162965_1027765.jpg
↑作品が完成したら、窓辺に吊るして皆で鑑賞会です。
c0162965_10271779.jpg
↑「風があったらいいのになぁ。風がないとせっかくのモビールがゆれないね」
c0162965_10272639.jpg
↑というわけで、うちわで思いっきり扇いだよ!「見てみて〜 モビールうごいたよ!」
c0162965_10273681.jpg
↑今回初参加のお友達も一緒に記念撮影でーす!
c0162965_10275029.jpg
↑クレヨンで絵を描いて、華やかです。
c0162965_1028725.jpg

c0162965_10282584.jpg
↑↓色紙をお魚の形に切っても面白いね。スイスイ泳いでいるみたい。
c0162965_10285133.jpg

c0162965_1029378.jpg
↑チョウチョの形に切った参考作品も作りました。風が吹くとひらひら飛んでるみたいです。


もうすぐ赤ちゃんが生まれる男の子は、「ぼく あかちゃんに モビール つくってあげるんだ!」と張り切ってました。生まれたら、きっと「これ おにいちゃんが つくってあげたんだよ〜」とかいうんだろうなぁ。楽しみです。



[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-04-24 11:09 | こどもアトリエ

モビール作品

モビールを私が最初に作ったのは、長女がお腹にいた頃でした。冬だったので温かい雰囲気がでるよう、フェルトで人形パーツをたくさん作りました。またアクセントととして、いろいろな色に染めてある羊毛を丸めて小さいボールを作り、それらを夫が竹ひごでバランスをとりながらモビールの形に仕上げてくれました。

仕事は妊娠8ヶ月に入る頃に辞め(一応産前産後休暇ということでしたが)、暇だったので、天気のいい日は2〜3時間散歩したり、その他は手仕事をして過ごしていた気がします。初めての赤ちゃんを迎えるということで、張り切っていました。

それらが、この↓モビールです。次女の時にも使い、現在は玄関に飾っています。
今回、4月の教室で参加者の皆さんに見ていただけて嬉しいな。
c0162965_6291875.jpg

c0162965_6272597.jpg

c0162965_637490.jpg

c0162965_6385413.jpg

c0162965_639911.jpg


あと、これら↓の切り紙モビールは、4月の教室の参考作品にするため作りました。切り紙は、折り紙を三角や四角に何度か折ってハサミで適当に切ります。開いたときにどんな形になっているか楽しみなので、あまり本を参考にせず、適当にハサミを動かしていました。だんだんコツやパターンが分かってくるのが面白く、気づいたらすごい数になっていました。

夫によると、「こんなにジャラジャラとパーツをぶら下げたら、モビールじゃないよ」と言われましたが、それはそれでOKということで。。。

セロファンを使って、光を透けるようにしたところもあります。

c0162965_6392521.jpg

c0162965_638021.jpg

c0162965_63945100.jpg

c0162965_6401736.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-04-24 07:06 | ★絵画造形活動

我が家は花盛り!

春になって、急にあちこちで色とりどりの花が咲きましたね!
我が家の近所は、素敵なガーデニングをされているお宅が多く、いつも惚れ惚れしています。
そういう素敵なお庭を見ていると、「私もやりたい!」と思ってプランターや苗を衝動買いし、植物を植えてみるのですが、長続きしません。美しい状態で保つには、害虫を退治したり、栄養をあげたり、雑草を抜いたり、日頃の努力が必要なんですよね。。。

というわけで、今年は苗の衝動買いはせず、今ある花や植物を大事にし、あとは切り花を楽しむことにしました。

衝動買いはしないといいながら、「絵手紙を描くから」「絵手紙教室でモチーフにするから」「おばあちゃんにプレゼントするから」という理由をつけて、先日、近所の摘み取り農園で1000円分くらい花を買ってしまいました。うーーん、贅沢だ。。。

たくさんの種類を摘み取ったのですが、結局、絵手紙を描く暇はなく、絵手紙教室でも使わず、もったいないので、写真をブログの日記に載せたいと思います。

c0162965_133221100.jpg
↑数えたら7種類の花がありました。
c0162965_13323852.jpg
↑手前の花は、撫子(なでしこ)です。
c0162965_13311374.jpg
↑おやつを食べる子どもたち。
c0162965_13312633.jpg
↑立派なルピナスでしょう!! 直径3センチ以上もある茎は空洞で、ハサミで切るのが申訳なかったです。後日、先っぽの方まで咲きましたよ。
c0162965_13313923.jpg
↑これは矢車草。青紫っぽい色も大好きです。
c0162965_13314827.jpg
↑ピンクのすみれ草と、ストロベリーキャンドルです。その他、ポピー、観賞用の麦もありました。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-04-21 13:50 | 日記

2009年4月絵手紙教室

4月の絵手紙教室は、「墨流し」の技法を取り入れることにしました。
子ども教室では何回も開催していますが、大人の教室では初めての試みです。

水と油が反発する性質を利用して、水面にできる墨の模様を紙に写し取るところを実践してみたところ、皆さん想像以上に驚いてくださり、とても賑やかな教室になりました。

「わぁ〜 面白いわねぇ! 何十年ぶりかしら? なんか学校で授業受けているみたいで楽しいわ!」といってくださる方がいれば、いつもは「私、絵が下手なんです」という方も、この日は積極的に墨流しを実践してくださったりと、初めての経験を楽しんでくださったようです。

和紙だけでなく、ハガキにも墨を写し取りましたが、こちらはハガキが水の中にドボンと入ってしまったり、色インクがうまく水に広がらなかったりして、少し難しかったようです。

でも絵手紙と同じく上手い下手はない世界ですし、紙が乾いてから絵や文字を描けば、また違った作品になるので、ぜひ、今後の絵手紙に取り入れていただきたいと思います。

c0162965_12584158.jpg
c0162965_12571425.jpg
c0162965_12585664.jpg
c0162965_1259473.jpg
c0162965_12573936.jpg
c0162965_12574942.jpg
c0162965_12593369.jpg
c0162965_1259425.jpg
c0162965_12582268.jpg
c0162965_130391.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-04-21 13:31 | ★絵手紙活動

手すき和紙をちょっと豪華に☆

自分で作った牛乳パックの手すき和紙に絵を描くときは、いつもより少し気合いが入ってしまいます。
普通のハガキより厚くて風合いがあり、サイズも大きいので、ちょっとした作品になります。
今回は、金色の紙を貼ったり、ラメのりも使ってみました。

c0162965_10573084.jpg

c0162965_10574462.jpg

↑部分的に金色の紙とラメのりを貼ったのですが、わかるかな?
c0162965_1057534.jpg

↑夫の両親は深大寺の近くに住んでいて、毎年だるま市がくるとプレゼントしてくださいます。今年は夫が厄年ということもあり、いつもより奮発して金色のだるまを買ってくれました。そこで、だるまを描いてみることに。
c0162965_1058519.jpg

↑金色の紙を手でちぎって貼る作業はちょっと大変だけど、絵の具では表現しにくいので、面白かったです。手前の文字は「福」と描いてあります。
c0162965_10582851.jpg

リサイクル紙を使った手すき和紙は、グレーっぽいのと、顔彩では色がのりにくいので、アクリルやポスターカラーを使って描いてみました。↑↓
c0162965_10583857.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-04-21 12:04 | 手すき和紙づくり

2009年4月の絵手紙ギャラリー

突然ですが、私は新聞が好きです。といっても、全体をパラパラめくりながら、その時々の自分のアンテナにひっかかる記事を探している感じです。その結果、以前は文化、生活、健康面ばかりを読んでいましたが、最近は政治、経済、スポーツ、短歌/俳句などにまで、興味がわくようになってきました。

そして、「これは!」と思う記事は、ノートにスクラップしたり、手帳に好きな言葉を写したりしています。
そこで、最近私の中でひっかかった言葉を、墨流しをしたハガキに書いてみました。

c0162965_10585943.jpg

「半分アーティストだけど、半分は職人」というのは、私の好きな銅版画家の山本容子さんの言葉。私の憧れでもあります。
c0162965_10591354.jpg

「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく」というのは、井上ひさしさんの言葉。今の私にぴったりの言葉! アトリエことことで参加者一人一人に、私は何をどう伝えたらいいか、表現されていると感じます。こうありたい。

c0162965_111068.jpg

「人間の能力の差はそれほど大きくないはず。集中の度合いと集中している時間を掛け合わせたものが、能力の違いになる…」とは、明治大学教授の斎藤孝さんの言葉。ということは、私にももっと可能性がある〜!?

c0162965_1111137.jpg

「真剣と深刻はちがう。『ゆるゆると真剣に』がぼくのテーマ」とは、落語家の柳家花緑さんの言葉。私としては真剣にやっているだけなんだけど、夫によると「深刻な顔になっている」ことが多いらしい。ゆるゆると真剣にやっていきたいなぁ。

c0162965_1101589.jpg

「時の流れを感じよう」は、誰の言葉でもないけど、たまたまできた墨流しの模様が川の流れのように見えたので、そう書いてみました。せわしなく動いているときより、何もせずゆっくりしている時の方が、時の流れを感じます。たまには息抜きも必要ということを、自分に向けて。

c0162965_1103435.jpg

近所の花摘み農園で、子どもたちとポピーの花を摘んだので描いてみました。
c0162965_1104751.jpg



絵でしか表現できないこと、写真でしか残せないこと、いろいろあると思いますが、「言葉」じゃないと表現できないこと、伝わらないこともあるよなぁと思います。

私が創作活動をする上で、「言葉」は大きな力になっています。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-04-21 11:39 | ★絵手紙ギャラリー

2009年4月12日(日)子ども教室「モビール」

4月の子ども教室では「風に感じて ゆらゆらモビール」というテーマで開催しました。

春風の気持ちいい季節なので、「風を感じること」をキーワードに内容を考えており、最初はモビールではなく、紙ひもを組み合わせて作る風車や、手で飛ばすヘリコプター、牛乳パックで作るフリスビーなどを試作。しかし、どれもイマイチ。。。

そこで夫に相談したら「モビールがいいよ」ということで、今回は夫の企画です。

夫は私と同じ武蔵野美術大学出身ですが、私は油絵科卒で夫はデザイン科卒。
私は絵を描いたりする平面の分野が得意で、夫は工作したりする立体系が得意なんです。
アトリエことことでは、絵画に限らず、いろいろなことに挑戦したいと思っているので、とても助かっています。

夫にヒントをもらい、いくつも参考作品を作っていたらモビールが10作品も出来てしました。
子どもに「うちは どうして こんなに モビールが ぶらさがってるの?」と言われてしました。

当日は、以前フェルトで作った赤ちゃん用モビールをはじめ、黒い紙に様々な色の切り紙を両面に貼ってつなげたもの、写真を貼ったもの、魚や葉っぱの形に切ったものなど、たくさんのモビールを教室に吊るし、参加者をお出迎えしました。

教室は1時間しかないなので、正方形に切った大中小の色紙にパンチで穴をあけ、クリップでつなげてストローでバランスを取るという方法で、とにかく完成させることを目標に行いました。

シンプルなデザインのモビールですが、完成した子はクレヨンや色鉛筆で色紙に絵を描いたり、色紙を切って貼ったりと、それぞれオリジナルの素敵なモビールができましたよ。

最後に子どもたちの作品も、教室に飾って皆で眺めました。
春風にゆらゆら揺れるモビールを見て、とても癒された教室でした。

c0162965_12445224.jpg

↑丸いモビールも可愛いです。
c0162965_12463677.jpg

↑今回の教室は、パパさんの参加が多く大活躍でした!
c0162965_12464771.jpg

↑ちょうどいい場所に穴をあける作業は少し難しかったかな?
c0162965_12452217.jpg

↑クリップでつなげたパーツを糸で吊るします。
c0162965_12453242.jpg

↑この日一番に完成しました〜! パパと「はい、ポーズ!」 
c0162965_12471720.jpg

↑リンゴの形のパンチで穴をあけるのも素敵ですね。
c0162965_1246877.jpg

↑「わたしもできたよ〜!」
c0162965_12475052.jpg

↑みんな時間内に完成しました。
c0162965_12475912.jpg

↑10時の回の子どもたちで記念撮影です!
c0162965_12463793.jpg

↑11時の回は、小学生も多かったです。
c0162965_12482095.jpg

↑さすが、小6の女の子はスイスイ作っていました。
c0162965_12482835.jpg

↑基本の形の完成でーす! 
c0162965_1247621.jpg

↑基本の形ができた人から、それぞれ好きなようにお絵描きが始まりました。
c0162965_1248489.jpg

c0162965_12472568.jpg

c0162965_12491286.jpg

↑久しぶりに参加してくれた子もいましたよ!
c0162965_12492697.jpg

c0162965_1248279.jpg

↑前半にエネルギーを使ってしまい、後半は疲れちゃったけど、「ボクもできたよ〜!」
c0162965_12494949.jpg

↑お母さんに手伝ってもらいながら糸を吊るしてバランスをみてます。
c0162965_12482580.jpg

↑「わたしは ながーい モビール つくっちゃった〜」
c0162965_1248402.jpg

↑11時の回の子どもたちと記念撮影!
c0162965_12484969.jpg

↑「いろんなモビールがあるね〜!」と 喜んでくれて嬉しいです。
c0162965_12503432.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-04-20 12:51 | こどもアトリエ

春休み臨時教室「墨&色流し」

2009年4月3日(金)に、春休みの臨時教室として「墨流し&色流し」を行いました。

今年1月の教室で行った内容ですが、この時に参加できなかった方が「ぜひ、やりたい!」ということで開催することに。アトリエことこと初参加の子や、「もう一度やりたい!」という子どもたちもいて、事前の申込では15人の参加予定でした。

墨流しは1人1つずつバットを用意します。
この日は、リトル・ママという情報サイトの取材の方が来てくださることもあり、過去の作品を展示してみたりと、はりきって準備していたのですが、前日に2人、当日は急に6人もキャンセルが出て、結局は7人の参加となりました。

春休みということで、急に家族の予定が入ったり、親子でインフルエンザになってしまったりと、理由はそれぞれ。多くの方々に気軽に参加していただきたいことから、会員制や月謝制ではなく毎回自由参加という形で行っていますが、申込人数と実際の参加人数が大幅に狂うと、今後活動していく上で正直厳しい。。。仕方ない場合もあると思いますが、申込をキャンセルする場合(今のところキャンセル料はいただいてません)は、やはり遅くても前日までにはご連絡をいただきたいと思います。

ーーーーーーーーー
まぁ、それはさておき、墨流しが初めての子も、2回目の子も、それぞれ楽しんでくれたようで良かったです! 

最初私がやり方を実践して見せるとき、子どもたちから「わぁ〜キレイ!」「すごい!」という歓声があがります。驚いたり顔がほころんだり、表情のくるくる変わる様子がとても可愛らしく、それを見るのが私の楽しみになっています。
子どもに負けず、保護者の方も喜んでくださるので嬉しいです。

小さい子はお母さんに手伝ってもらいながら、それぞれ美しいマーブル模様を和紙に写し取っていましたよ。

乾いたら、ノート、空き箱、空き缶などに貼って活用してくださいね!

c0162965_11768.jpg

そーっと爪楊枝で水面を交ぜます。うちわで扇いだりストローで吹いたりしても面白い模様ができます。
c0162965_1171897.jpg

初めてでも上手にできました!
c0162965_11113741.jpg

2回目参加。今回はピンクと墨で作りました〜
c0162965_1191238.jpg

c0162965_1174989.jpg

c0162965_118868.jpg

小さい子もスジがいい〜!!
c0162965_1195626.jpg

墨流しの参考作品
c0162965_1183310.jpg

私は絵手紙を入れる箱に墨流しの和紙を貼っています。
c0162965_11101511.jpg

アトリエことことで使っているノートにも貼ってます。
c0162965_118588.jpg

牛乳パックで作った手すき和紙の絵手紙も、少しですが展示しました。
c0162965_11104267.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-04-20 11:49 | こどもアトリエ

4月の子ども教室テーマ


***********************
    4月子ども絵画造形教室

   「風を感じて ゆらゆらモビール」

***********************

桜も満開になってきました。皆さんはお花見に行きましたか?

今月は「風を感じる」というテーマで、教室を開催したいと思います。

春風って、とても気持ちいいですよね。

モビールを作って自宅の窓辺に吊るし、ゆらゆら揺れるモビールを楽しみませんか?

c0162965_18333717.jpg


↑このモビールは参考作品です。他にもいろいろなモビール作品を飾るので、ぜひ見に来てください。どんなモビール作るかは当日のお楽しみ!

※ハサミをご持参ください!
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-04-05 18:47 | こどもアトリエ