「ほっ」と。キャンペーン

東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

紅茶を染めて飲んで食べて丸ごと味わおう!

c0162965_13491696.jpg


10月の子ども教室は「布のエコバッグを紅茶で秋色に染める」をテーマに行いました。

せっかく紅茶を使うなら、染めるだけでなく、香りを感じ、飲んで食べて丸ごと味わってしまおう! と思い、今回は特別にティータイムを設けることに。
そこで前日に、娘たちと紅茶クッキーを焼いて準備しました。

c0162965_13495148.jpg

c0162965_1350298.jpg


このクッキーには、1つ秘密があります。

木綿を染める時は、下準備として布を呉汁(一晩水に浸した大豆を絞った汁)に浸けておきますが、その時にできたおからを混ぜてみたのです。
そのためかソフトな仕上がりのクッキーになりました。

紅茶は、2グラムのティーパックを約50袋使いました。
安い紅茶ですが、煮出しているといい香りが教室中に漂いリッチな気持ちになります。

c0162965_1350445.jpg

c0162965_1351775.jpg


染色液ができたら、絞り染めの模様を施した布バッグを入れて10分煮染め。
その間にミョウバンと鉄の媒染液の違い等を説明し、どちらか選んでもらいました。
30分ほど媒染した後は、水洗いして再び10分煮染めし、水洗いして完成! 

c0162965_13513648.jpg

c0162965_13514394.jpg


c0162965_13522371.jpg

c0162965_13523024.jpg
↑2種類の媒染液に染めた布を浸しています。左がミョウバン媒染、右が鉄媒染。

約2時間、盛りだくさんの教室となりました。



布を浸している間は、ヨウシュヤマゴボウで色水遊びをしたり、温かい紅茶やクッキーをいただきながら、紙芝居を読んで過ごしました。


c0162965_13525819.jpg
↑野ブドウのようなヨウシュヤマゴボウの実。本当は水を入れずにつぶしてザルでこして、絵の具代わりにして絵を描こうと思ったのですが、足りなかったので色水遊びをしました。酢を入れると鮮やかな赤に、重曹を入れると青紫に色が変わります! ぜひ試してみてくださいね。
c0162965_13531778.jpg

c0162965_13532890.jpg
↑完成です! ミョウバン媒染と鉄媒染の色の違いが分かるかな? 焦げ茶の方が鉄媒染です。

c0162965_13563063.jpg
↑今回の教室では、以前作ったハロウィン・モビールも飾りました。

c0162965_1533785.jpg
↑スタンプカードにスタンプを押しました! プレゼントは今から考えています。ちなみに私は、この日の教室で玉ねぎ染めした洋服を着ていました。この娘が着ているTシャツは紅茶染め。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-10-29 13:57 | こどもアトリエ

2009年10月の絵手紙教室

10月の絵手紙教室は、9月に続き今月末の武蔵野団地祭の展示に向けて描きました。


c0162965_13292126.jpg

モチーフは、ザクロ、柿、カボチャ、リンゴを用意しました。
ザクロは、お隣のお庭からいただきました。一年おきに実がなるらしく、二年越しのザクロの実です。有り難く頂戴し、絵手紙を描いた後は生徒さんと味見しました。ザクロは健康にもいいんですよね〜

c0162965_13171677.jpg

c0162965_13172371.jpg
↑柿は、生徒さんのお宅のお庭で穫れたものです。もちろん無農薬! とても甘かったです。
c0162965_13173578.jpg

c0162965_13174694.jpg
↑いただきもののぶどうをモチーフに持ってきてくださった生徒さんもいらっしゃいました。礼状を絵手紙で出すのもいいですよね。
c0162965_1318071.jpg

c0162965_1333248.jpg
↑次女は生徒さんと一緒に大人しく絵を描いていましたが、目を話した隙に、クレヨンで自分の顔を塗りたくり、この後お化けのようになっていました……。

c0162965_1318173.jpg
↑先月、入会してくださった生徒さんが、ご自宅で絵手紙の練習をしてきてくださいました。「油絵が好きだからか、絵手紙でも色を塗りすぎてしまうの」とおっしゃっていましたが、丁寧によく見て描かれていてとても好感が持てると思いました。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-10-22 13:46 | ★絵手紙活動

茜染め

母の還暦祝いに、シルクのスカーフを茜で染めました。

c0162965_1351769.jpg

還暦といえば、やはり赤色ですよね。

古来から赤は魔よけをあらわし、また還暦を迎えてもう一度、赤子に還るという意味もあるそうです。還暦は、第二の人生の誕生という意味なんですね。

私が子どもの頃、赤い頭巾と赤いちゃんちゃんこを着た祖母の写真を見た記憶があります。
一昔前の還暦祝いといえば、赤い頭巾と赤いちゃんちゃんこが定番だったのでしょうが、今はちょっと非現実的ですよね。楽しい記念写真は撮れそうですけど。

それに最近の60代の方は若くて、お年寄り扱いできないと感じます。
私の母も、孫がいるので「おばあちゃん」ではありますが、まだまだ若い!
還暦を迎えて、いよいよこれから人生の花を咲かせてほしいと思います。

そこで、普段使えて少し派手なくらいの、赤いスカーフをプレゼントすることに決めました。。

化学染料なら手っ取り早く、真っ赤に染められますが、やはり草木染めをしたい!

今年の春、赤いバラとツツジで花びら染めをしたときは、染料液は濃い紅色でしたが、水洗いして干すと色が薄くなってピンク色になってしまいました。
これはこれで好きな色なのですが、真っ赤ではありません。

真っ赤に染まるものはないかなと探すうち、茜にたどり着きました。

茜染めは、茜草の根を使います。「根が赤い=あかね」なんですね。

また「茜」という字は、草冠に「西」と書きます。
茜色は夕焼け色に似ているので、「西」がつくそうです。


草木染め用に売られている「茜」を見つけて、飛びついて買いました。

c0162965_13383924.jpg
↑これが乾燥した状態の茜です。

c0162965_13392650.jpg

c0162965_13393554.jpg
↑濃く染まってほしかったので、布量より多く茜を入れて30〜40分煮出しました。何だか甘い香りがします。

c0162965_1341529.jpg
↑布で濾して一番液を取ります。
c0162965_1342290.jpg
↑色はかなり濃いです。
c0162965_1343278.jpg
↑再び水を入れて30分ほど煮出して二番液を取ります。

c0162965_13441470.jpg
↑ドキドキしながらシルクを入れて浸します。

c0162965_13451344.jpg
90〜100度で30分ほど、混ぜながら煮ます。
c0162965_13452225.jpg
↑しっかり色づきましたが、赤というより朱っぽいオレンジ色(レンガ色?)のような気が……。大丈夫かなと少し不安になりました。

c0162965_13481234.jpg

c0162965_13481974.jpg
↑しかし水洗いして、ミョウバン媒染液にしばらく浸けておくと、あら不思議! 赤に変わりました〜! パチパチパチ
ちょっとした感動です。
c0162965_1352991.jpg
↑これは試し染め。紫色に見えるのは、鉄媒染したものです。
c0162965_1703674.jpg
↑10月は義父の誕生日があったので、プレゼントにイヴ・サンローランの白いミニタオルも茜で染めてみました。
c0162965_13521917.jpg
↑↓メートルで買った生地の残りだったので、1m×80センチ位のちょっと半端な大きさのシルクスカーフになってしまいましたが、首に巻いたり、ショールとして使うこともできそうです。
c0162965_13522763.jpg

c0162965_13523750.jpg
↑端切れで、くるみボタンを作り、娘たちの髪飾りも作りました。


研究の意味も込めて、スカーフを染めた後の染料液で、もう一度染められないかと欲を出し、布バッグ等を染めてみました。
c0162965_623587.jpg
↑↓しかしご覧の通り、茜の色素はすっかりシルクに吸い取られたようで、薄いピンク色にしか染まりませんでした。写真上に右端の布バッグは、花びら染めでイマイチだったものを染め直したものです。ちょっとくすんだ色になってます。
c0162965_6232087.jpg
↑白Tシャツのお腹部分を切って染めました。これは首巻きくらいになるかな?

くちなし染めをしたときは、一度染めた後の染料液でも、大人のTシャツ1枚くらいは、しっかり黄色に染まりましたが、茜はだめなようです。でも、ピンク色も好きだからいいか。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-10-21 13:50 | 草木キッチン染め

くちなし染め

「くちなし染め」に挑戦してみました。
c0162965_13231358.jpg


「くちなし」は、栗きんとんの色づけに使われたりする鮮やかな黄色が特徴です。

c0162965_1215756.jpg

以前スーパーの食品売り場で安くなっていたので、染色用に買い置きしていました。
袋に入っていると分かりませんが、クチナシはできるだけ赤みがある実を選ぶといいでしょう。

クチナシは木綿によく染まるそうです。
下処理として、木綿の布を中性洗剤の入ったお湯(60度位)に浸けて洗い干しておくだけでもいいそうですが、私は一応豆乳でタンパク処理をしてから染めました。

乾燥したクチナシは布と同量が基本ですが、よく染まるということで、クチナシ30グラムに対し布50グラムで染めてみることに。


c0162965_12172766.jpg

1/まず水1.5リットルにクチナシ30グラムを入れて15分間煮出します。いい香りがしてきます。

c0162965_1224160.jpg

2/ザルに漉し布をのせて一番液を取ります。色はこのような明るい黄色。

3/煎じた実をよく揉んでつぶすと、濃い色が抽出できます。熱いのでゴム手袋をして絞り、再び水1.5リットルを加えて15分煮出し、二番液を取ります。

c0162965_1246430.jpg

c0162965_1246133.jpg

c0162965_12462573.jpg


c0162965_1333094.jpg

4/一番液と二番液を合わせると、このような濃い色になりました。

5/50〜60度の染料液に布を15分間浸します。ムラにならなよう、時々よく混ぜます。

6/布を軽く絞り、媒染液に15分間浸します。ミョウバン媒染液と、鉄媒染液を用意し、色の違いを媒染液による色の違いを調べることに。
7/媒染後、布をよく水洗いし、再び染料液(70度)に浸します。

8/よく水洗いして陰干しして出来上がり!


c0162965_13215273.jpg
↑微妙なので分かりにくいと思いますが、黄色がミョウバン媒染、少し緑がかった黄色が鉄媒染です。
c0162965_13226100.jpg
↑↓白いハンカチも染めました。お花がかわいいでしょ?
c0162965_13221551.jpg

c0162965_13223297.jpg
↑捨てようと思っていた着古した白いTシャツを染めました。
c0162965_13224329.jpg
↑一度染めた後の染料液で、夫のTシャツを染めてみました。さすがクチナシ! 少し薄い黄色になったかな? と思いますが、しっかり染まりましたよ。カレーのスパイスなどで使われるターメリックも、よく染まりやすいそうです。
c0162965_12165413.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-10-20 13:21 | 草木キッチン染め

2009年9、10月の絵手紙ギャラリー

絵手紙を描く時のモチーフは、季節の果物や野菜になりやすいです。
先日、新鮮なカツオを丸ごと近所のご家庭からいただいたので、魚をモチーフに絵手紙を描きたいと思ったのですが、早くお刺身として食べたくて描けませんでした。くすん

とはいえ私にとって「食」は、最も身近で関心のあることなのは確かです。

昨年のこの時期も同じものを描いたなぁ…なんて思うこともしばしばありますが、毎回違う状況や気持ちで描いているので、同じ作品にはなりません。そこがまた絵手紙の面白いところです。


c0162965_10533396.jpg

c0162965_1053427.jpg

c0162965_10535073.jpg
↑なかなか気に入ったものが描けないときなど、1つのモチーフを何枚も続けて描きます。以前住んでいた家の庭に、カボチャの種をバラまいておいたら、カボチャが3個くらい収穫できたなぁ…なんてことを描きながら懐かしく思い出しました。
c0162965_1053577.jpg

c0162965_1054553.jpg

c0162965_10541470.jpg
↑お隣の家の庭に、立派なザクロの木があり、見事な実をつけました。お願いして少しいただき、絵手紙のモチーフとして使わせていただくことに。見た目はゴツゴツ野性的ですが、中身は宝石のように透き通ってキラキラ光る実が詰まっています。このギャップが魅力ですね〜
c0162965_10542742.jpg

c0162965_10543431.jpg

c0162965_10544283.jpg
↑果物の中で一番好きなものは? と夫に質問したら「梨かなぁ」との答え。先日同じ質問をしたら違う答えでした。。。
c0162965_10544941.jpg
↑さつま芋は、そのまま蒸したり、輪切りにしてバターでソテーしたりして、軽食やおやつ代わりによく食べます。男性より女性の方が好きな人が多いのは、なぜだろう??
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-10-20 11:24 | ★絵手紙ギャラリー

鉄媒染液作りと紅茶染め

c0162965_76202.jpg


芸術の秋、創作の秋……ということで、布を秋らしい色に染めたいなぁと思い、10月の子ども教室では、エコバッグの紅茶染めを行うことにしました。

その試作では、「鉄媒染液」を作ることから始めました。
媒染剤は、以前作った「ミョウバン媒染液」しかなかったので。

「媒染剤」は、色止め効果の他、種類によって染めた色を様々に変化させる効果があるため、染めた布を、「鉄媒染液」に浸すか、「ミョウバン媒染液」に浸すかで、最終的な染め上がりの色が違ってきます。

「鉄媒染液」の作り方は、まず、鉄くぎ、お湯、塩をバケツなどに入れて混ぜ、1日おいてから、鉄くぎを取り出し空気にさらして、全体が錆びるまで置いておきます。
錆びた鉄くぎと、酢(食用酢または木酢液)をペットボトルにに入れ、よく振って2〜3日置きます。その後、ネットで鉄くぎを漉し、水を加えてできあがり!
錆びた鉄と酢のすっぱい匂いが少々キツイ感じですが、効果がありそうです(笑)

c0162965_9482247.jpg
錆びた鉄くぎの色で、薄い黄色になりました。
c0162965_9483455.jpg


我が家には幸い(?)よく錆びた鉄くぎが沢山あったので、それほど手間はかかりませんでした。
一度作ると半永久的に保存できるらしいので、最初は少々面倒くさくても、作っておくと便利です。

c0162965_761148.jpg

染めた布は全て綿なので、事前に豆乳でタンパク処理してあります。
微妙な色の違いが分かりますか? 少し薄い茶系の色が「ミョウバン媒染」で、濃い方が「鉄媒染」ですが、思ったほど大きな違いはありませんでした。
c0162965_763690.jpg

c0162965_764524.jpg
布バッグの他に、娘のTシャツも染めてみました。
c0162965_77112.jpg

c0162965_771422.jpg

c0162965_772087.jpg



次は「くちなし染め」と「茜染め」に挑戦する予定です。
染めたらブログにアップしますね〜!
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-10-13 09:52 | 草木キッチン染め

子ども教室「和紙染め&キャンドルグラス作り」

10月2日(金)に、和紙の折り染めの臨時教室を行いました。

今回からスタンプカードを用意しました! 好きな色のスタンプカードに、好きな色の紐をつけて、スタンプが8個たまったらプレゼントをあげちゃいます! 9月に行った「アトリエことこと」1周年記念イベントに参加してくれた子には、2回分のスタンプを押しました。
c0162965_23211570.jpg


さて和紙染めですが、7月の教室で行った時は、染めた和紙でうちわを作ったり、牛乳パックの小物入れを作りました。

今回は10月ということで、秋の夜長をほのかな灯りで楽しんでいただきたいと思い、染めた和紙を使ってキャンドルグラスも作ることに。


まずは和紙の折り染めから。四角折り、三角折りの2種類の折り方を説明し、それぞれ好きな色で染めていきます。和紙を丸めて筆で色をつける、くしゃくしゃ染め(むら染め)も行いました。

c0162965_23201610.jpg

c0162965_23202321.jpg

c0162965_23203169.jpg

c0162965_23203829.jpg

c0162965_23204791.jpg

c0162965_23205470.jpg

c0162965_2321633.jpg


次はどんな折り方、色にしようかな? 開いたらどんな模様になっているかな? と、初体験の子、2回目の子、そして大人も、和紙染めをやっている時の表情は、とてもワクワクして嬉しそうです。

一通り和紙染めを行ったあと、一家庭に1つずつガラス瓶を配りました。
空き瓶に染めた和紙をちぎって貼り、中にティーキャンドルを入れて完成!

c0162965_2319539.jpg

c0162965_232043.jpg


キャンドルに火をつけ、電気を消して鑑賞しましたよ!
「わぁ〜!! キレイ!!」という声が一斉にあがりました。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-10-05 23:26 | こどもアトリエ

1周年記念イベント開催しました!

2008年の夏に絵画造形教室『アトリエことこと』がスタートし、おかげさまで丸1年が経ちました。
そこで9月の子ども教室は、感謝の気持ちを込めて、手作りのミニ・コンサート”みんなで♪音こと♪”を無料で開催させていただきました。

c0162965_10431221.jpg


みんなで歌を唄ったり、手作り楽器を演奏したりする参加型のコンサートです。
音楽は、絵を描くこと、何か作ることと同じく、人生を豊かにしてくれるものだと思います。

いつも参加してくれる子どもたち、保護者の方、そして地域の方々にも楽しんでいただけたようで良かったなぁと思います。

c0162965_10331629.jpg

↑今回、参加してくれた子どもたちには、1周年記念の手作り缶バッチをプレゼントしました! 
以前、紙版画で作った顔がマスコットキャラクターです。


プログラムの最初は、 テナーサックスとユーフォニアムという珍しい楽器による、大ヒット映画「崖の上のポニョ」の演奏です。いつも参加してくれる女の子のご両親が、楽器の説明を交えながら、迫力ある生音を聴かせてくれました。
テナーサックスのソロで、ユーミンの「中央フリーウェイ」の演奏も素敵でしたよ!
c0162965_10341523.jpg

c0162965_10342762.jpg


次に8月の教室で行った手作り楽器を紹介し、童謡「うみ」を唄いました。
c0162965_10345187.jpg

波の音は、豆類をザルや卵パックに入れた楽器で演出。
c0162965_1038629.jpg

「おもちゃのチャチャチャ」の合奏は、ぶつけ本番だったので少々不安でしたが、子どもたちに舞台に出てもらい、ギター伴奏に合わせて上手くいきました!


その後、金平糖を配ってキャンディ・タイム(休憩)をとり、後半のおはなしの時間へと続きます。


おはなしの時間では、私の母がちょっぴり怖〜い「とりつこうか ひっつこうか」というはなしを語り、大型絵本「ぐりとぐら」も読んでくれました。

c0162965_10382524.jpg

♪ぼくらのなまえはぐりとぐら…のところは、ギター伴奏に合わせてみんなで唄いましたよ。
c0162965_10391990.jpg

「ぐりとぐら」のうたのメロディは、複数あるようですが、以外と知らない子が多かったようです。
おなじみの人気絵本ですが、新鮮に聴いてもらえました。

その後、まついのりこさん作の「おおきくおおきくおおきくなあれ」という紙芝居でも、子どもたちは大きなかけ声を出して盛り上げてくれました。
c0162965_1038583.jpg


プログラム最後は、谷川俊太郎さんの詩に、私の父が曲をつけた「おならうた」をみんなで唄ったあと、「ギターでじょんがら」という曲も披露。
c0162965_10414615.jpg

約1時間半、 盛りだくさんのイベントでした。


 『アトリエことこと』がこの1年間、活動してこられたのは、集会所を貸してくださる団地の方々のおかげです。

また、いつも厳しい助言をしながら協力してくれる夫、子守りをしてくれる両親の存在も欠かせません。

そして何より、参加してくださる地域の皆さんのおかげです。

今後は更に充実した教室にできるよう、私自身、楽しみながら活動していきたいと思います。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-10-02 10:43 | こどもアトリエ

2009年9月の絵手紙教室

天 高 く ”人” 肥 え る 

    〜秋の誘惑〜


9月の絵手紙教室は2名お休みでしたが、新しく同じ団地の女性1名を迎え、来月31日(土)の団地祭の展示に向けて、絵手紙を描きました。

今回はまず、基本をおさらいすることから始めました。

筆/墨/紙の種類、筆の持ち方、彩色方法等はいろいろあります。
1つの方法にこだわらず、その時々の気分で描き方を変えるなど、失敗してもいいので沢山描いていただきたいとお話しました。

さて今回、私が用意したモチーフは、さつま芋と梨です。

秋って悩ましい季節ですよね。
食べ物がおいしくなって、ついつい食べ過ぎてしまいます。

さつま芋を前に、生徒さんの絵手紙には、

「食欲の秋来る 太り過ぎに注意」

「天高く”人”肥える」←本当は”馬”ですが、馬に失礼なので”人”にしたそうです。

「アナタはきらい 私を誘惑するから」

などの言葉が並び、みんな同じようなことを想像するものだと笑い合いました。


その他、りんどう、白い彼岸花を持参された生徒さんもいて、秋の風情を感じる教室でした。


c0162965_9195975.jpg
 
c0162965_9203487.jpg

お仲間が増えたこともあり、教室が始まってしばらくは、おしゃべりに花が咲きました。でも、いざ絵手紙を描き始めると皆さん真剣です。
c0162965_9233561.jpg

モチーフは、さつま芋の方が梨より人気がありました。やはり女性は芋好き?
c0162965_925566.jpg

c0162965_9251186.jpg

c0162965_9253444.jpg

今まで実家の母に子守りをお願いしていましたが、最近は教室に次女を連れて行くようにしています。わきまえているのか(?)おとなしく絵を描いたりするうちに、いつも寝てしまいます。来春、幼稚園に入ったら絵手紙教室には連れて来られないので、こんな日々もいいかなと思います。
c0162965_928690.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2009-10-02 09:33 | ★絵手紙活動