東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ある日の午前中しごと

この日は次女の3才の誕生日。
天気はあいにくの曇り&雨。長女が風邪気味だったこともあり、一日中家で過ごしました。

私は朝から台所しごと。

c0162965_814322.jpg


まず、前夜にホシノ天然酵母で仕込んでおいた粉750g分のパンを焼きつつ、冷凍しておいた夏みかん・いよかん・はっさくの皮を使ってマーマレードジャム作り。ついでに、次女リクエストのバースデーケーキ(チョコバナナケーキ)を焼き、午前中は大忙しでした。

それらと平行して、朝食&夫の弁当&トコロテン作りを行い、頭も体もフル回転。
午後は娘たちと、手紙を書いたりしてゆっくり過ごしました。


話はそれますが、私はほぼ1年中トコロテンを食べています。買うと高いので手作りで。三杯酢も作り置きしています。冬は冷たいのは嫌なので、ぬるいくらいに温めて野菜などと一緒にサラダ感覚で食べても美味しいですよ〜。




c0162965_81426100.jpg

↑粉750g分を一度に手ごねし(かなり大変でしたが2回に分けるのも面倒くさいので)、その半分を使ってミニカンパーニュを作りました。

↓残り半分は無水鍋で天火焼き。材料は国産小麦、塩、酵母のみのシンプルな食事パンですが、焼き方が違うだけで、見た目も食感も違ってきます。
c0162965_8143597.jpg



c0162965_81443100.jpg

↑マーマレードジャムは、みかんの内袋&種を水でしっかり煮てペクチン液を作って入れましたが、イマイチとろみが弱いようです。市販されているような固さにするのは難しいですね。果汁は市販の100%オレンジジュースにしたからかな?
でも多めに作ったので、煮沸消毒したビンに入れて加熱殺菌もしておきました。
こうすれば1、2年はもつし、誰かにプレゼントしやすいです。

c0162965_8145167.jpg

↑次女に「誕生日のケーキ何がいい?」と聞いたら「チョコとぉ、バナナ!」と答えたので、今回は国産小麦のホットケーキミックスを使って、手軽に作りました。
バースデーケーキといえば生クリームとイチゴのイメージですが、次女はなぜかイチゴが嫌い(一時的なものでしょうけど)です。
パウンドケーキのようなしっかりしたケーキで、食べるときにゆるく泡立てた生クリームを添えていただきました。

↓ちなみに下の写真は、2月のバレンタインデーのときに作ったチョコレートケーキです。こちらはしっかり卵を泡立て、粉を振るってスポンジケーキ風。そうしたら気合いを入れすぎたのか(?)型からモクモクと溢れ出し、このような状態に。
c0162965_8293616.jpg



またまた話はそれますが、最近我が家では、マーガリンとホイップクリームは使わないことにしています(以前は何も知らず普通に使っていたのですが)。油のことを少し勉強するようになって、考えを変えました。

健康のことを考えると、ちょっと高価ですが、マーガリン→バター、植物性脂肪のホイップクリーム→乳脂肪の生クリームにした方がいいと思っています。


小麦粉にしても、ホストハーベスト(残留農薬)の面で国産麦と外国麦の違いは大きいので、私は迷わず国産麦を買うようにしています。


当然ですが、私たちの体は毎日食べるものでできています。
そう考えると、なるべく農薬の使っていないもので、添加物の少ないものを食べたいですよね。
でもそういう食品て、調味料1つとっても高価です。

だったら自分で作ればいい!

そう考え、私は最近、よく使うポン酢、麺つゆや煮物で使う万能醤油は、手作りしています。
以前は、難しそうだし、面倒くさそうだし、自分で作るなんて考えもしませんでしたが、やってみると意外と簡単で美味しく、安上がりです。


日頃、口にする「食」のこと。皆さんも一度見直されてみては、と思います。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2010-03-28 08:50 | 日記

2010年2月の子ども教室『コロコロ転がし絵』

************************
ビー玉、スーパーボール、綿棒コマ、野菜…
遊びの延長で何でもコロコロ転がして絵を描こう!
************************


2月の子ども教室は”何でもコロコロ転がして絵を描こう!”というテーマで行いました。絵といっても遊びの延長で描く絵なので、小さい子でも楽しんでできます。

子供たちに転がしたら面白そうなものを持ってきてもらうと、ビー玉、スーパーボールの他に、ジャガ芋や人参などの野菜、松ぼっくり、ミニカーまで集まりましたよ。 A4トレイに画用紙を入れて、1人ずつ絵具(ポスターカラー)をつけたビー玉などを転がしました。

また、厚紙で作った綿棒コマに絵具をつけ、画用紙の上でクルクル回すとどんな模様ができるかな? ということもしました。綿棒コマは元気よく回って、生き物が動き回ったような模様ができてびっくり!
 
ミニカーの車輪を絵具につけて画用紙の上を走らせた子の作品は、スピーディな直線が、いろいろな色と混じり合って美しかったです。

みんな同じ絵具の色を使ったのですが、画用紙の色によって見え方が違ってくるのも興味深かったです。
 
最後は、残った絵具を洗面器に集めて、段ボールの中でダイナミックに転がし絵をしました。2、3人でチームになり、コロコロごろごろ面白い音をたてて、素敵な作品ができました


c0162965_1545236.jpg
  
c0162965_1545318.jpg
↑綿棒コマは意外とよく回るんです!
c0162965_15454328.jpg
↑↓絵具をつけたミニカーを走らせると……だんだん素敵な色に染まってきましたよ〜!
c0162965_1545516.jpg
 
c0162965_1546275.jpg
↑真剣に長い時間スーパーボールを転がしていたSくん。
c0162965_15461831.jpg
↑段ボールの中で絵具のついたボールを沢山転がしましたよ!
c0162965_15463064.jpg
 
c0162965_1546457.jpg
 
c0162965_15465923.jpg
↑↓段ボールで転がしてできた大きなロール紙や和紙の作品。
c0162965_1547935.jpg
 
c0162965_15472240.jpg
 
c0162965_15473732.jpg
 
c0162965_15475793.jpg

c0162965_1550105.jpg
↑絵具をつけた綿棒コマをクルクル回してできた絵です。
c0162965_15501928.jpg
↑画用紙の色が違うと、印象がガラッと変わりますね。



************
紙芝居と手作りおやつの
『お楽しみの時間』も定着
************


今年から毎回の教室のメインテーマの他に、季節の行事を意識した簡単な工作も行っています。2月の教室では、3月3日の桃の節句を前に、千代紙でお雛様を作りました。
  
雛祭りの起源は古く、中国に端を発するそうです。それが日本に伝わり、平安時代には紙で作った人形(ひとがた)で体をなでて身の汚れを移し、川や海に流して厄払いをしていたとか。

また最初は女の子の誕生とは直接関係なかったものの、江戸中期頃から女の子の初節句を祝うものとなったようです。雛祭りの時期は、明治に旧暦から新暦に変わりましたが、新暦ではまだまだ寒いので、1ヶ月遅れの桃の季節に行う地方もあるそうですよ。


さて、折り紙で雛人形を作った後は、お楽しみの時間として今回も自家製酵母パン(手作りオレンジピール入り!)を試食してもらいながら、紙芝居を読みました。紙芝居は、今月のテーマにちなみ『おだんごころころ』にしました。

教室は2時間確保していますが、内容を盛りだくさんに詰め込み過ぎたかな、と少々反省。しかし、子供たちが喜んでくれるので、しばらくはこの構成で続けようと思っています。


c0162965_15482051.jpg
↑↓千代紙で作ったひな人形。ズラッと並ぶと壮観です。
c0162965_15485738.jpg

c0162965_169353.jpg
↑手作りのオレンジピールとレーズンが入った自家製酵母パンの試食です。 
c0162965_15491016.jpg
↑制作が終わってホッと一息ついたところで、パンを食べながら紙芝居を見ています。
c0162965_15484246.jpg
↑写真上が日曜日教室で、↓下が平日教室。みんなで記念撮影!
c0162965_15484997.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2010-03-02 16:12 | こどもアトリエ

玉ねぎの皮&藍の種についてのお願い

アトリエことことでは、自然の植物等を使って染色を楽しみたいと思っています。
昨年はツツジやバラで花びら染めをしたり、秋には紅茶染めをしました。

今年は玉ねぎの皮染めの他に、藍染めにも挑戦したいと考えています。


そこでお願いが2つあります。


1……「玉ねぎの皮をください」

料理の際、玉ねぎの皮を捨ててしまうご家庭があったら、いつでもいいので教室に持ってきてくださると助かります!


2……「藍の種を育てませんか?」

藍の生葉染め、藍の叩き染めをするために、一緒に藍の種を育てませんか? 藍の生葉はお店では売っていないので、自分で育てるしかないのです ! 我が家には畑や大きな庭はないので、プランターで挑戦しようと思っています。

ご自宅にお庭や畑がある方はぜひ! マンションなどのベランダでも、日がある程度あたれば藍の種を育てることができます。

種まきは3月後半か4月頃からスタート。種はプレゼントしますし、育て方のプリントもお渡しするので、希望者はご連絡ください。

ぜひ、親子で藍の種を育てるところから一緒に楽しみましょう! ちゃんと育ってきたら葉を摘み取って、教室で藍染めをする予定です。

興味のある方はご協力ください!! 
[PR]
by atelier-kotokoto | 2010-03-01 17:09 | ★お知らせ/アトリエ日程★

2010年3月の子ども教室の日時変更&内容について

2010年3月の子ども教室の日時変更&内容について、お知らせします。


■内容/春休み特別企画『組み紙でランチマット作り&天然酵母パンを食べよう!』

c0162965_1653019.jpg

色紙を細長く切り、編み込むようにして作る「組み紙」を応用してランチマットを作ります。その間に教室で鍋焼きパンを焼いて、お茶と一緒にできたてを皆さんといただこうと思います。

c0162965_1653669.jpg

組み紙は、布やフェルト地で応用しても可愛いです。ランチマットとして使用すると汚れやすいので、お人形などを飾ってもいいですね。(↑上の写真のねずみは作りません)

c0162965_1662956.jpg

今回はあくまでも工作がメインですが、「自家製酵母って何? どうやってできるの?」といったことも、子供たちやお母さんたちに分かりやすくご説明します。自然の力ってすごいなぁと思いますよ!!

その他、紙芝居やお話の時間も考えています。

■日時/3月14日(日)10:00〜
    3月29日(月)10:00〜 ※←日時変更しました!

■参加費/1人900円 ※人数が限られますので、お早めにお申込ください。

■持物/ハサミ、チャコペンシル(あれば)、定規をご持参ください。
ハサミは紙の他に、布(フェルト)を切るので、よく切れるものをお願いします。
フェルトを切るとき、お子さんが小さくて難しい場合は、大人の方に切っていただきますので、大人用の裁ちバサミと子ども用のハサミと2種類あってもいいでしょう。
また簡単なソーイングセットもあるといいと思います。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2010-03-01 16:26 | ★お知らせ/アトリエ日程★

フェルト花瓶&片口陶器&キャンドル

ここ数ヶ月の間に、教室とは別に制作した3作品をご紹介します。

★フェルト花瓶★

c0162965_1531180.jpg
↑お雛様とお内裏様をイメージして作ったフェルトの花瓶です。ビンは、娘のお宮参りと七五三の時にいただいたお神酒のビンを使いました。大きさが手頃で可愛らしく、ぴったりでしたよ〜! 

作り方は、着色してある羊毛をビンに巻き付け、ビンが見えなくなるくらいになったら、石鹸水を振りかけてビニール袋を手にはめてこすります。すると羊毛が縮み、しっかりと絡み合ってフェルトに変身! 水ですすいで乾かしたあと、市販のフェルトをフ花や葉の形に切り、ボンドでつけます。そのまま飾ってもいいですし、外側はフェルトですが内側はビンなので、水を入れて花瓶として使用できます。2月の教室のとき、折り紙で作ったお雛様と一緒に受付に飾っておきました。気づいたかな?

c0162965_1531913.jpg

c0162965_1532545.jpg



★片口陶器★

c0162965_1533791.jpg
↑昨年12月、吉祥寺にある武蔵野美術学園の冬期オープンセミナーに参加し、作らせていただいた陶器です。「マイ茶碗を作ろう!」というテーマだったようですが、難しいので片口にし、お花の模様をつけてみました(お花は パパ、ママ、娘たちになっています)。電気窯を使い1275℃で焼成してあるそうです。昔から人は陶器を作り使ってきたんですよね。すごいなぁと思います。食器として使うのもいいけど、お花を飾るのもいいですね。
c0162965_153456.jpg

c0162965_1535120.jpg

c0162965_1535739.jpg



★キャンドル★

c0162965_154492.jpg
↑昨年12月の教室で使ったロウが少し残っていたので、かき集めてペットボトルなどに流し込んで作ったキャンドルです。教室ではディップキャンドルを作りましたが、流し込むタイプのキャンドルも単純だけど面白いなと思いました。

c0162965_1541029.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2010-03-01 15:51 | ★絵画造形活動