「ほっ」と。キャンペーン

東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

柿酵母パン他

パン作りは夏に向きません。
特に今年のような猛暑では、酵母や生地がすぐにブクブク発酵しちゃうし、何よりオーブンを使う気にはなれませんでした。

でも、秋に入り少しずつパン作りを再開。そこで、無農薬の柿を皮ごと切って発酵エキスを作り、パンを作ってみることにしました。柿は初挑戦です。

結果はといえば……。
c0162965_11134421.jpg


発酵エキスは、柿の糖度が少なかったのか、シュワシュワ〜とはなりませんでした。レーズンの発酵エキスを加えれば多少違ったのでしょうけど、それも切らしていたし、今回はちょっとイマイチな柿の発酵エキスのまま、生地をこねることに。


でもやはり、経験から膨らみそうな生地ではないと判断し、いつもなら入れないバターと砂糖を加え、さらにレーズンの発酵エキスでおこした酵母を適当にちぎって加えてみました。

すると、一次発酵はバッチリ! ここまでくれば成功したも同じ(!?)です。

二次発酵して焼いてみたら、思った以上に膨れました。生地が裂けたので、もっとクープ(切り目)をしっかり入れればよかったかな、と思いました。

味は、柿の味はせず、ちょっと甘くて子どもたちのおやつにぴったりでした。

c0162965_1114717.jpg

↑これがエキスを使ったあとの柿。ビネガーの酸っぱい味なので、料理で使うこともできると思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「酒粕酵母パン」
c0162965_11162861.jpg

c0162965_11205217.jpg



寒くなると、やはり酒粕酵母パンでしょう! 冷凍しておいた酒粕で発酵エキスを作り(約4、5日)、それを丸1日かけて前種法で発酵させ、それから強力粉、米粉、塩(多め)、酒粕、水を加えてこねます。最後は菜種油(あれば玄米油)も加えて一次発酵へ。

夜にこねる作業をして、翌朝焼きました。

まだ食べてないけど、酒粕のいい香りがします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「レーズン酵母パン他」
c0162965_11211980.jpg


↑成形の方法にバリエーションがないので、酒粕酵母パンと同じ形ですが、こちらはレーズン酵母で作ったパンです。中にはレーズンとクルミと手作りのオレンジピールが入っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ピザ」
c0162965_11225573.jpg


↑ピザは、酵母が古くなってきて、使い切ってしまいたいときなどに、生地だけ作りおきしておきます。発酵も気を使わなくていいし、本当に適当です。オーブンも使わず、フライパンで生地を焼いておきます。冷凍しておけば、すぐにピザを作れるから便利ですよ。

先日は、チーズもなかったので、この生地をトースターで焼き直してみました。すると風船のように膨らみ、半分に切るとピタパンのように口がぱっくり開きました。そこで野菜やハムなどを挟んでサンドイッチに。ちょっと新鮮でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「玄米クリームグラタン」
c0162965_11272854.jpg


↑見ての通り、こちらはパンではありません。私は玄米が大好きで、最近は体の調子がイマイチだと思うと、玄米クリームをよく作ります。
玄米を続けていると、体調が整う気がします。おすすめ!


作り方は、玄米を弱火で20分くらいかけてじっくりフライパンで炒り、玄米がキツネ色に香ばしくなったら、たっぷりの水と塩少々を加えて、圧力鍋で約40分炊きます。それをさらにミキサーにかけて出来上がり! ミキサーにかけないで、そのままお粥で食べても最高に美味しく、玄米があまり好きでない子どもたちもお気に入りのおやつです。
その玄米クリームを薄めてスープで飲んでも美味しいですよ。


今回は、玄米クリームを使ったグラタンを作ってみました。このグラタンには、ゴボウで作ったポタージュも入っています。あと豆乳。

アレルギーの問題もあるし、あまり子どもたちに乳製品をとらせたくないので、なるべく普段からホワイトソースは使いません。でも家族みんな、乳製品が好きなので、チーズやバターも取りすぎない程度に食べています。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2010-12-09 11:37 | 酵母パンアルバム

ウェルカムボード作成

11月に妹の結婚式がありました。
そこで私がウェルカムボードと、式次第&席次表などのデザインを制作することに。

ウェルカムボードは、何度か友人の結婚式などで作りましたが、いずれも新郎新婦のリアルな似顔絵でした。今回も似顔絵にしようかと思いつつ、最近はアトリエことことで影絵を扱っていたこともあり、切り絵(影絵)を工夫して、少し変わったウェルカムボードに挑むことにしました。

それがこちらです。↓
c0162965_1232223.jpg


キャラクターで参考にさせていただいたのは、私の大大大好きな東君平さんの切り絵です。君平さんは、絵本や童話作家でもあり、詩人でもあり…素朴で純粋で小粋で、とても魅力的な方。というわけで、新郎新婦の愛猫を真ん中に、二人に猫の着ぐるみを着させたデザインにしました。

切り絵の後ろには半透明のトランスパレント紙を貼り、照明を後ろから当てることに。夫が額の後ろにお手製のライトボックスを設置してくれて完成です!

当日は、このように↓飾ってもらいましたよ〜♪

c0162965_12275292.jpg


↓式次第(右)と席次表(左)も、ウェルカムボードのキャラクターを使ってデザインしました。席次表を開くと、表紙と裏表紙でリンゴの木が繋がっていて、新郎新婦と愛猫のプロフィールがかいてあります。

c0162965_12322241.jpg


↓こちらは、妹と妹の友人(自宅でパン教室を開いているプロ!)が共同制作したパンのウェルカムボードだそうです。なんだか温かい気持ちになりますよね。周囲に飾ってある花は、切り絵のウェルカムボードに飾るつもりで作ったものを使ってくれました。

c0162965_12323541.jpg


↓このケーキはオマケ写真。披露宴のお食事のデザートに出てきたのですが、とても大きなイチゴがぎっしりで、とても美味しかったです。
c0162965_12324328.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2010-12-01 13:08 | ★絵画造形活動