「ほっ」と。キャンペーン

東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

1ヶ月半で粉14キロ消費!

ここ1ヶ月半ほど、自家製酵母パンを焼く日々が続いています。

我が家は基本的にお米中心の食生活なため、パンは週末朝のお楽しみ的な存在だったのですが、5月と6月のチャリティ・イベントで自家製酵母パンを販売したのをきっかけに、パンを焼く機会がグンと増えました。

c0162965_18203053.jpg

↑今年も近所の方から梅をいただきました。梅干しにしようと、しばらく追熟させていたのですが、忙しさで体調を崩し失敗。ほとんどジャムにしてしまいました。

写真手前から、クランベリーとチョコチップの丸パン。その奥が枝豆のリュスティック、左が失敗気味のフランスパンです。写真右に見えるのは次女の手…!


しかも、5月、6月はパン作りにはもってこいの季節! 酵母もイキイキ! 
「私ってこんなにパン作りが上手だったかしら?」と勘違いするほど、失敗なくパンが焼けるものですから、自分の中にある自家製酵母パン作りのスイッチが、オンになってしまいました。

c0162965_18254511.jpg

↑ヨーグルト酵母と、↓ヨーグルト酵母パン。
c0162965_1821748.jpg

↓娘たちが試食で食べてくれています。もちもちフワフワで大人気のパン
c0162965_18213445.jpgc0162965_18215554.jpg

また、パンを食べてくださった方から、「美味しい!」「どうやって作るの?」「教えてほしい」などど言われ、その気になってパン教室をひらくことに。


今までは、「この果物を酵母にしてパンを焼いたら、どんなになるかな…」という好奇心を満たすため実験的に作っていたのですが、近ごろは実際の教室を想定しての試作を重ねています。

c0162965_18223860.jpg

↑青梅酵母と、↓青梅酵母のカンパーニュ。今年初挑戦でしたが、ばっちりでした。青梅の爽やな風味を活かすためシンプルに。
c0162965_182257100.jpg


自家製酵母パンを、限られた時間内に作るにはどうしたらいいか。自宅で行うためオーブンは一台しかないし、何人まで参加可能か。新たに必要な道具は何か。参加者は何を求め、私は何を提供できるのか……など考えるべきこと、準備するべきことは山ほどあります。

c0162965_18233864.jpgc0162965_18232359.jpg
↑バナナ酵母とゴールドキウイ酵母。これも今年は成功! バナナ酵母パン↓の膨らみもバッチリでした。
c0162965_18235291.jpg


家族以外の人に食べてもらう、さらにお金をいただいて教えるとなると、今までのようにお気楽でいられないのは確かです。いい意味での「テキトー」さを発揮するためには、ある程度の緊張感が必要ですし、とにかく数をこなして自信をつけなければなりません。

そんなこんなで、週2日、一度にだいたい3種類のパン(粉にして1.5キロほど)を焼いていたら、1ヶ月半ほどで14キロも粉を消費していました。

c0162965_18241674.jpg

↑今まで、酵母を毎回使い切っていたのですが、頻繁にパンを焼くようになったので、日々繋いでいく方法もはじめました。ヤマトイモのように強烈に元気な酵母です(だんだん衰えてきましたが)。
c0162965_18244682.jpg

↑↓水ではなく、トマトジュースで生地をこねたパンです。チーズ入りでイタリアンな感じ。
c0162965_18243475.jpg

c0162965_18461629.jpg

↑プルーンとクリームチーズ入りの丸パン。たまには、このようなパンも喜ばれます。

「そんなに食べてるの?」と聞かれますが、いつもお世話になっているご近所の方に差し上げたり、友人に「2ヶ月遅れの誕生日プレゼント!」といって無理矢理渡したり、「母の日」「父の日」に何もしてなかったことを思い出し、両親に食べてもらうなどして消費していました。

c0162965_18251068.jpg

↑夏みかん酵母で作った、夏みかんピール入りの全粒粉パン。これは、かなり繰り返し作りました。
c0162965_18252279.jpg

↑トマトとハーブのフォカッチャ。平べったいので、冷凍保存にいいですよ。

焼いたパンが冷凍庫に入りきれなくなり、平日の朝もパン食になったり、お弁当がサンドイッチになることも。夫や子どもはパン好きなので喜んでいますが、ここ数日、35℃を越す猛暑日になる日もあり、「パン作りに最適な時期は過ぎたな〜」というのが実感です。

なので、7月のパン教室を終えたら、9月まではお休み。夏休みの間に、秋以降のパン教室の内容を練るのが楽しみです。

c0162965_1828951.jpg

↑長女が、学校で梅ジャム作りをした日に、お土産で3粒だけ熟れた梅を持って帰ってきてくれました。どうしようか悩んだ末、黄梅酵母にすることに。ちゃんと発酵しましたよ!
c0162965_18282365.jpg

↑お弁当にピタパンサンド。
c0162965_18283730.jpg

↑鍋焼きのお花パン。ちぎりパンともいいます。黒ごま白ごまたっぷり。直径24センチの鍋なので、なかなか迫力ありますよ〜
[PR]
by atelier-kotokoto | 2011-06-30 18:51 | 酵母パンアルバム

出張こどもアトリエ『花びら染め』

6月中旬、川崎市にある2カ所の保育園に、出張講師で行ってきました。
10時スタートだったので、朝9:30には保育園に着いていなくてはなりません。
母に子どもたちを預け、久しぶりに朝7:45頃、1人で家を出ました。

都心とは逆方向の電車に乗ったので、それほど混んではいませんでしたが、毎日毎日、出勤されている方々は大変だなぁ…と思いました。夫にも改めて感謝。お疲れさまです! 

今回の出張講師は、川崎市多摩区・高津区・宮前区を中心とした保育園で活動中の、
絵画造形教室「アトリエ ジムズ」のスタッフさんが、『つつじ染め』の特別講師として私を呼んでくださり実現しました。


c0162965_1473456.jpg

↑この写真は、完成して皆の作品を机に並べたところです。濃いピンクに染まり、絞り模様もちゃんとキレイに出ました。今回は、沢山のツツジの花びらを、事前に園や園の子どもたちが協力して集めてくださっていました。ありがとうございました!

c0162965_148625.jpg

↑作り方は、まず、フードプロセッサーに、赤やピンクのツツジやバラの花びらと、酢水を入れてスイッチオン! これで花びらジュースを作ります。

c0162965_1482288.jpg

↑↓花びらジュースをネットに入れて、ギューットしぼると染液の出来上がり〜!

c0162965_1483636.jpg



c0162965_149064.jpg

↑そして園長先生の作った長〜い長〜い布から、染液に浸けました。一瞬で濃いピンクに染まりましたよ〜。子どもたちからは「うわぁ〜!!!」と歓声が。


c0162965_1491716.jpg

↑実験で和紙も染めてみました。魔法の粉を入れた部分は、紫緑色に変わっています。

c0162965_1493335.jpg

↑↓子どもたちの布を染めている間、私が以前染めた草木染めの布をあれこれ見てもらいました。花びら染めの他にも、藍染め、茜染め、くちなし染め、コーヒー染め、紅茶染めなど、いろいろあります。

c0162965_1494720.jpg


c0162965_1410370.jpg

↑30分ほど布を浸けたら、水洗いして、輪ゴムを外せば、花びら染め作品の完成です。日陰で干します。

絵画造形教室「アトリエ ジムズ」のブログでは、もっと詳しく『ツツジ染め』の様子を紹介してくれていますので、よろしければご覧ください。ここのスタッフさんは、私の大学時代のサークルの後輩(1人は油絵科の後輩でもありますが)で、彼女たちも2児の母です。久しぶりに会って、お互いに励まされました。

そして、新しい出会いにも感謝です。2回目に伺った保育園で、私は玉ねぎ染めしたTシャツを着ていったのですが、それを子どもたちに説明したら、それ以降、「たまねぎせんせーい!」と呼んでくれました。可愛いかったです〜♪
[PR]
by atelier-kotokoto | 2011-06-29 15:44 | こどもアトリエ

2011夏休み「こどもアトリエ」

ここ数日、真夏のような暑さですが、皆様いかがお過ごしですか?

先日のことです。以前、よくアトリエに参加してくれていた男の子に久しぶり会ったとき、「さいきん、ことことないね! もうやんないの?」と言われてしまいました(苦笑)

3.11の大震災以来、いろいろあって「こどもアトリエ」を開催できていなかったのですが、夏休み最初の日曜日に行います! 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■日時…2011年7月24日(日)10:00〜12:00(受付9:45)

■場所…御幸地域センター2階 集会室(※今回は畳の部屋ではありません!)

■内容…テーマは『手作り風鈴で夏を涼もう!』

昨年のこの時期は、『藍の生葉染め』をしました。今年は震災の影響で、藍の種をまくのが遅くなり、まだ成長していません。そこで、今年の夏休みこどもアトリエでは、『風鈴』を作ります! 

どんな素材でどんな音色がするのかな〜 ステキな風鈴を作りましょう〜♪ 

c0162965_2320442.jpg

↑写真はイメージです。


その他、風鈴とは別に、オマケのお楽しみ工作も考えています!


■参加費…子ども1人 800円

■お申込…akotokoto@jcom.home.ne.jp ※なるべく1週間前までにご連絡ください。

■持ち物…クレヨン、色マジック、絵具用の筆があれば数本。汚れてもいい服装、またはエプロンお手拭きタオル。

※クレヨン、色マジック、筆は、こちらでもご用意していますが、足りないと思いますので、ご家庭にある方は、ご持参いただけると助かります。

■その他…今回も「おはなしの時間」がありますよ〜 夏なので、ちょっと怖い話で涼しくなれるかも!?


お待ちしております!
[PR]
by atelier-kotokoto | 2011-06-25 15:35 | ★お知らせ/アトリエ日程★

天然酵母パン教室日程

はじめての天然酵母パン教室、開催予定日は下記の通りです。予定なので、変更する場合ああります。申込人数が満たない場合は開催しません。

準備がありますので、なるべく開催日より2日前までにはお申込ください。

また、真夏にパン作りはキツイので、8月はお休みし、9月からまたスタートします。

その他、詳しくは「★天然酵母パン教室のお知らせ」をご覧下さい。

ーーーーーーー

■開催予定日


7/5(火)…終了しました。ありがとうございました〜!

7/7(木)…終了しました。ありがとうございました〜!

7/12(火)…終了しました。ありがとうございました〜!

7/14(木)…終了しました。ありがとうございました〜!

ーーーーーーー

※基本的に先着順ですので、満員になってしまった場合はご了承ください。

※お1人でお申込の場合は、参加可能な日程を複数書いていただけると、日程&人数が調整しやすいです。

※5〜6人のグループでお申込されたい場合は、ご相談ください。パンのメニューによっては可能です。その場合、開始時間を30分早くしていただくか、終了時間が30分遅くなります。

お待ちしております!
[PR]
by atelier-kotokoto | 2011-06-24 10:03 | ★お知らせ/アトリエ日程★

天然酵母パン工房オープン!

アトリエことこと
天然酵母パン工房


気軽に天然酵母パンを作ってみませんか? 
一軒家の小さな工房(普通のキッチン)で始めた
アットホームな雰囲気のパン工房です。


c0162965_18173850.jpg
c0162965_18153835.jpg


■ご挨拶


私が天然酵母パンで最初に衝撃を受けたのは、「桜の花びら酵母で作る桜あんぱん」があるという情報を耳にした時でした。「桜→パン」って、意外すぎて何が何だかよく分かりませんでしたが、とにかくドキドキワクワクして、すごく面白そう! 食べてみたい! と強く思ったことを覚えています。

それから、天然酵母パンについて自分なりに調べ始めました。
天然酵母って何? ドライイーストなどを使わずに、パンって膨らむの?
しかも、果物や野菜を使って自分で酵母から作れるってほんと???

そんな、たくさんのハテナ(?)を解きあかすべく、実験の日々が始まりました。しかし、自分でパンを作ってみても、どれが失敗でどれが成功かもよくわかりません。それでも、酵母は生きてる! ということを感じましたし、どんなパンもそれなりに美味しく食べられるから不思議です。

しばらくして2人目の子どもを授かり、一時パン作りは休止しましたが、また気持ちの余裕も出てきて、パン作りを再スタートすることに。天然酵母パン作りはやるほどに奥が深く、毎回新しい発見があります。自家製酵母は、シュワシュワー プシュ〜ッ モクモク フツフツ …etc 色々な音を出し、元気一杯だったり、疲れてそうだったり、まるで、子どものよう。そこが、天然酵母パン作りは、難しい、面倒いと思われる原因なのでしょう。

だからこそ私は、材料も道具もシンプルに、日本人が毎日お米を炊くような感覚で、酵母パンを気軽に焼けたらいいなぁ…。そして、酵母に振り回されるのではなく、酵母のある生活を楽しみながら、パンを作って食べる喜びや美味しさを、この教室を通して身近な人たちにお伝えできたらなぁ…と思っています。

アトリエことこと ささきひでみ


■ 基本内容



1回3〜5人のクラス。お子様連れOK!

小麦粉と水だけで作った自然発酵種をベースに、季節の果物や野菜、ヨーグルトなどから起こした自家製酵母も使って、毎回1〜2種類のパンを焼きます(あらかじめ1次発酵までの作業はすませた生地を使用)。

その他、材料を計量して生地をこねる作業も行います。こねた生地はお持ち帰りいただき、ご自宅で1次発酵〜焼成して、ご家族と焼きたてパンをお召し上がりください! 

また、教室で焼いたパンは味見して残りはお土産に。ティータイムには、ご試食用のパンを召し上がっていただけます。

※参加人数や、参加メンバーのアレルギーの有無などによって、使用する酵母やパンのメニューは毎回変わります。


■日時

平日10:00〜13:00 その都度、ブログやメールで開催可能日をお知らせします。春休み、夏休み、冬休みの親子パン工房も今後企画していく予定です。



※参加人数や季節などにより所要時間は多少変わります。
※ 昼過ぎるので、お子様連れの場合は特に、おにぎりなど簡単な昼食をお持ちください。

■料金

基本¥2500(材料費込)



c0162965_1820580.jpg

c0162965_9533322.jpg
c0162965_95347.jpgc0162965_9534726.jpg

■持物

エプロン、手ふきタオル、筆記用具、1.3〜1.5Lくらいのタッパー(持ち帰りの生地を入れるため)。持ち帰り用の袋。


■ お申込&お問い合わせ


下記メールアドレスまで、ご希望の日程と、お申込人数&ご連絡先をお知らせください。定員になり次第、閉め切らせていただきます。
※ 参加される方は、アレルギーの有無をお伝えください。お子様の年齢やアレルギーに関してもお願いします。
※その他、分からないことがありましたら、お気軽にご連絡ください。

akotokoto@jcom.home.ne.jp


■場所

東京都小平市鈴木町1丁目の自宅(新小金井街道沿いのコープとうきょうの近く)です。詳しくはお問い合わせください。

※終車スペース確保のため、車でお越しの場合は事前にご連絡ください。


■その他


◯キャンセルされる場合は、前日18:00までにご連絡ください。
それ以降は、キャンセル料として ¥500 頂戴いたします。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2011-06-23 18:22 | ★天然酵母パン工房

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」を上映!

「アトリエことこと」では沢山の方々のご協力があって、3.11の東日本大震災のチャリティ・イベントを5月と6月に行うことができました。ありがとうございました!

今回は、映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の、ボランティアによる自主上映会のお知らせをさせていただきます。


内容は、今の日本のエネルギー(つまり原発)の反対運動と、スウェーデンの自然エネルギーに焦点をあてています。

原発に頼らない、未来の安全なエネルギーとは何かを考えるきっかけになると思うので、ぜひ多くの方に、この機会を利用して観ていただきたいです。

毎日バタバタ忙しいと、都心まで行って映画を観るって、なかなかできないですよね。子供が小さければなおのこと。

会場は、「小金井市商工会2F」で、午前中の回に限り、ベビーシッターもついています。ベビーシッターでは、私もボランティアとして参加する予定なので、子どもたちと何か作ったりして、楽しく過ごしたいと思っています!

詳しくは、下記フライヤーとHPをご覧下さい。

映画のHP :http://888earth.net/index.html
上映会のHP :http://tgal.jimdo.com/

映画の予告編も見られます。


ご家族、ご友人を誘っていただき、少しでも多くの方にこの映画を観ていただけますように!


c0162965_5445688.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2011-06-22 06:50 | ★お知らせ/アトリエ日程★

ママことこと「玉ねぎ染め&バラ染め」

6月7日(火)午前中、久しぶりに自宅で「ママことこと」を開催しました。今回は急だったため、ブログでお知らせせずに行いいました。

集まったメンバー5人は、皆さんお子さん連れです。しかも、5ヶ月、8ヶ月、11ヶ月という赤ちゃんが3人、他の子も1歳過ぎたくらいで、とても懐かしいほっこりした気持ちになりました。

内容は、シルクのバラ染め体験と、布バッグの玉ねぎ染めです。

バラは、今年もご近所の方に分けていただき、冷蔵庫で保存していました。観賞用に少し切り分けてくださった花を飾るのも、嬉しいことです。

c0162965_14172745.jpg

c0162965_14173822.jpg

c0162965_14174815.jpg

↑↓生の花びらと冷凍花びらをミキサーにかけて、絞り模様をつけた布を浸します。
c0162965_1418164.jpg

c0162965_14192434.jpg

↑↓キレイなピンクに染まりました〜!
c0162965_14193731.jpg

c0162965_14194875.jpg



玉ねぎ染めする布バッグはこちらで用意しましたが、染液を多めに作り、他に染めたい布があれば持ってきてもらって一緒に染めました。
c0162965_14201564.jpg

c0162965_14202954.jpg

c0162965_14205375.jpg

↑布を浸している間は、お茶とおやつタイム。黒ごまを摺ってバニラアイスと混ぜましたが、染色をやりながらだったので、トロトロに溶けてしまいました〜。。。
c0162965_1421939.jpg

↑今回の玉ねぎ染めとバラ染めの作品です。草木染めが初めての方や、幼稚園以来の方など、いろいろですが、これをきっかけにご家庭でも、子どもたちと台所で染色を楽しんでいただけたらと思います。




子どもが小さければ小さいほど、子ども中心の生活になり、ママさんたちは毎日子どもと向き合って一生懸命に生活されています。そんなママさんたちから、後日何通かメールをいただきました。
一部、ご紹介させていただきますね。


「今日は素敵な体験と楽しい時間をありがとうございました〜(^0^)/そして、新しい出会いもありがとうございます♪」

「今日はとても楽しかったです。何かを手作りする感覚を久しぶりに味わって(デキはさておき…しかも自分はたいした作業をしていませんが)すごく良い気持ちでした。これからは少しずつ、何かを作る時間を持ちたいと思いました」

「日常が本当に楽しくなりました。会うたびに元気をもらって帰ることができます。染物はとても楽しくて、染めた布かばんに刺繍したらおもしろいかな〜とか想像が膨らみます」


ーーーーーーー

私も子育て中の身(これからが本番!?)ですが、他のママさんたちと同じ感動や体験を味わえるって、本当に幸せなことだと感じています。私が逆に元気とパワーをいただいています。

一度の人生、おもしろがって生きていきたいです!
[PR]
by atelier-kotokoto | 2011-06-15 15:39 | ママことこと

2011チャリティご報告!

5/21(土)、5/27(金)、6/2(木)におこなったチャリティ活動の結果(寄付金)報告です! 

な、なーんと、総額 ¥84,286 を、セーブ・ザ・チルドレンに寄付させていただきました。

私が「アトリエことこと」として参加したのは、5/21(土)と6/2(木)のイベントですが、5/27(金)は他のママさんが所属するサークルでフリーマーケットを開催し、その売り上げも加えさせていただいています。

c0162965_1228073.jpg

↑そろそろセーブ・ザ・チルドレンから領収証が送られてくる頃とは思いますが、とりあえず郵便局で振り込んだので、その受領証をのせておきますね。

ーーーーーーーーーーー
では、まず5月21(土)から簡単にリポート!

チャリティ当日は朝から大忙しで、会場の様子などをちゃんと写真撮影できなかったのが残念ですが、この日は天気に恵まれ大勢の方々にお越し頂きました。会場は、一橋学園駅1分のところにある「手作り雑貨のお店 はこギャラリー」です。

c0162965_1251950.jpg

c0162965_1253488.jpg

↑細い路地を入るとお店(古民家)の看板があり、外には洋服、玩具、本などのフリーマーケット(売り上げは義援金)の商品が並べられています。子どもが遊べるスペースや、ちょっと一息できるスペースもありましたよ〜!

c0162965_125369.jpg

↑店内の入り口(玄関)には、入場料ボックスを置かせていただきました。

c0162965_1243288.jpg

↑↓「お菓子教室ショコラ」をしているママさんの手作りのお菓子や、私の自家製酵母パンの他にも、たくさんの美味しいお菓子やベーグルを作って来てくださったママさんもいて、所狭しと商品が並べられました。どのようにパッケージして並べたらいいか、値段設定についてなど、初めて自分の作ったお菓子やパンを販売したので、本当に勉強になりました!
c0162965_1244839.jpg



c0162965_1281361.jpg

↑そしてこの日、私は影絵芝居で1日3回(午前、昼、午後)上演しました。年齢に関係なくお1人様300円以上のチケット代でしたが、60枚のチケットが売り切れて足りなくなってしまいました〜!
影絵なので光を遮断した部屋で行ったため、暑い中、皆さん汗をふきふき見てくださり感謝です。
まだまだ未熟な影絵だったとは思いますが、本当にありがとうございました。
c0162965_1282487.jpg

↑影絵芝居「おだんごぱん」という作品に合わせて、お菓子教室ショコラのママさんが作ってくれた「おだんごぱんクッキー」も美味しくて好評でした〜! 
影絵の前に、簡単な手遊びと日本の昔話「三枚のお札」を語ってくれたヨモギさんにも、お礼を申し上げます!



ーーーーーーーーーーー
次は6/2(木)のチャリティ・ショップのリポートです。こちらは、お菓子教室ショコラをしているお宅が会場でした。例年より2週間ちかく早い梅雨入りで、あいにくの雨でしたが、10時オープンの前からお客様が次々といらっしゃってくれました! もうそれだけで感激です!

c0162965_1284923.jpg

↑↓お菓子やパンは、あっという間に売り切れてしまいました。パンが売れ残ったら、食べたがっていた我が子のお土産にしよう、などと思っていましたが、全く足りず、後から来てくださった方に申し訳ないほどでした。ロールケーキのはじっこを味見させてもらいましたが、美味しかった〜! またちゃんと食べたいです!
c0162965_13243863.jpg

手作りの小物やリースも沢山用意してあったのですが、それらもほぼ完売。私も欲しかったけど、買えませんでした。


c0162965_129876.jpg

↑私がおこなったワークショップも、おしゃべりしながら楽しいひと時を過ごすことができました。お友達がお友達を連れて来てくださったり、ネットで調べて参加してくださった方など、新しい出会いも多くて嬉しかったです。
トランスパレント紙を使った星作りの他に、子どものらくがきを持ってきてくださった方は、楽描カードも作りました。もうすぐ父の日なのでパパにプレゼントしたり、おじいちゃんおばあちゃんに送ったり、家族の記念にしたり…。いい思い出になりますように!
c0162965_13304779.jpg

c0162965_1331247.jpg


c0162965_1292255.jpg

↑元花屋店員のママさんによるフラワーアレンジメントのワークショップの写真は、残念ながら撮れなかったのですが、こちらもとても好評だったようです。この写真のように、大きくて楽しいリースも沢山販売されていました。制作お疲れさまでした〜! 

ーーーーーーーーーーーーーーー

今回、このようなチャリティ活動を行うことができて、本当に心から感謝しています。振り返ると、失敗点、反省点も沢山あります。今の自分の生活で、改善すべき点も山のように見えてきました。
それら全て含めて、今回のチャリティは、私=「アトリエことこと」にとって、大きな転機となりました。

感謝したいこと、勉強になったことは沢山ありすぎて書けないので、省略させていただきます。でもこの経験を自分の心と体に焼き付けて、今後の活動で、感謝の気持ちや学んだことなどを、表現し活かしていかねばと思っています。


日々の生活を、もっと楽しく彩り豊かに!
[PR]
by atelier-kotokoto | 2011-06-15 14:02 | ★お知らせ/アトリエ日程★

2011年4月、5月絵手紙ギャラリー


c0162965_61566.jpg

↑5月の絵手紙教室のモチーフを探していたとき、竹の子を見つけました。竹の子って、あっという間にグングン伸びるので、よく子どもの成長に例えられます。でも私が小さい頃を思い出しても、そして我が子を見ても、グングン素直にまっすぐ成長するとは正直思えなかったので、絵手紙に添える言葉は変えてみました。「ゆっくり のびのび 大きくなあれ!」という願いを込めて。

この竹の子、旬はとっくに過ぎていたので固そうでしたが、生徒さんに「圧力鍋で煮れば、すぐ柔らかくなるわよ! 炊き込みご飯にして子どもたちに食べさせてあげたら」と教えていただき、早速、その日の夜に試しました。
美味しかったですよ〜!


c0162965_623284.jpg

↑これは家庭用しいたけの栽培キットで育った肉厚のしいたけです。あえて墨1色で描いてみました。ちなみにこれはバター炒めにして頂きましたが、美味しかったですよ〜

c0162965_621172.jpg

↑カラーを描く時の角度など、意外と難しいですね…

c0162965_624997.jpg

↑北海道へ引っ越しした義母から引き継いだバラ。放ったらかしにしていたら、危うく枯れるところでした。一時はもうだめだと諦めましたが、気を取り直して、毎日のように「元気ですか〜?」と声をかけてたら、なんとか咲いてくれました。やっぱり植物も人間と同じですね。



c0162965_64986.jpg

↑娘たちと絵手紙を描いて送りました。1人は、長女の入学祝いをくださったおじさまへ。上のチューリップの花は私が描き、言葉は小学校1年生の国語の教科書の最初に掲載されている、中川李枝子さんの「はる」という詩を引用させていただき、娘がかきました。

・・・・・・・・・・・

『はる』 なかがわ りえこ

はるの はな
さいた
あさの ひかり
きらきら

おはよう
おはよう
みんな ともだち
いちねんせい

・・・・・・・・・・・

↑最後の「いちねんせい」というところを、まちがえて「いちいち」と書いてしまいましたが、まぁこれもよし!


c0162965_6295823.jpg

↑裏には、引き出しに眠っていた岸田劉生の20円切手などを組み合わせて、120円分の切手を貼って送りました。



c0162965_604877.jpg

↑北海道の祖父母には、長女が夏みかんの絵手紙を送りました。


c0162965_611415.jpg

↑私が家で絵手紙を描いていると、娘たちも描きたがります。そして「えてがみっておもしろいね」と書いてくれました。嬉しい。

c0162965_612975.jpg

↑上が長女、↓下が次女の絵です。墨を使わず、顔鮮だけで描いていました。色が瑞々しくキラキラしていて、子どもにはかなわないなぁと感じました。
c0162965_613996.jpg



今は「大人の絵手紙アトリエ」しか定期的に開催していませんが、地域の子どもたちと一緒に絵手紙を描く機会を作りたいと思っています。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2011-06-10 06:38 | ★絵手紙ギャラリー

2011年4月、5月絵手紙アトリエ

5/21と6/2のチャリティ・イベントが、無事終了しました。ありがとうございました! 
近々、義援金をセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに寄付させていただきます。なかなかブログを更新できないのですが、詳しくは後日アップします。


さて、近ごろは数ヶ月があっという間に過ぎていきます。

ということで、4月と5月の絵手紙教室の様子をまとめてお伝えします!
※3月の絵手紙は、大震災のためお休みしました。

ーーーーーーーーーー
4月の絵手紙アトリエ


4月は花が中心のモチーフでした。墨の色見本を作ってから、チューリップ、バラ、カラーなどを描いていきました。

春の花って、可憐で優しい色でいいですね〜チューリップもバラも薄いピンクにしました。

c0162965_2325650.jpg

c0162965_23254064.jpg

c0162965_2327051.jpg

↑これは自宅で育ったしいたけ。家庭用の栽培キットで出来たものですが、立派な絵手紙のモチーフになりました!



ーーーーーーーーーー
5月の絵手紙アトリエ


ここ数ヶ月、墨色にポイントを絞って描いてきたので、5月は紙にこだわって描いてみることにしました。同じ墨色でも紙が変われば、にじみや発色が違います。ぜひ自分に合った(またはモチーフの印象にあった)描き心地のよい画仙紙を見つけていただきたいと思います。



c0162965_2372148.jpg

c0162965_2392024.jpg

c0162965_23104278.jpg

c0162965_23103100.jpg

↑墨のにじみ具合を試した見本です。たっぷり墨をつけて、そっと上から紙に落とすと、じわじわ〜と墨の花が咲きます。これは娘たちと一緒に行いました。面白いので、生徒さんにも遊び感覚で試していただきたいです!

c0162965_23112083.jpg

↑↓生徒さんのお庭に咲いたいろいろな種類の花も加わり、華やかな教室となりました。
c0162965_23113680.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2011-06-09 23:44 | ★絵手紙活動