東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2012藍染め

今年も何回か藍の生葉染めをしました。

1回目は自宅で藍の間引きをかねて。2回目は、オリンピックを見ながら夜1人で。3回目は、夏休み親子藍染めのワークショップというかたちで行いました。

c0162965_2350338.jpg


夏の暑〜い日差しを遮り、かつ風通しよく、見た目も涼しい布(ブルー系)を窓辺に吊るしたいな〜と思っていて、「そうだ!」と思いつきました。というか、何で今まで気付かなかったのだろう。今まで藍で染めたシルクスカーフが何枚かあったので、それらを引っぱりだし、窓辺につけました。

薄くて軽い布なので、風を通しながら日差しもある程度シャットアウトできるし、何より見た目も青系ということで涼しく気に入っています。


c0162965_092425.jpg

c0162965_09267.jpg


↑また、長女が学校で企画している藍染め教室に参加していて、そこで染めた布も飾っています。こちらは生葉染めではなく、藍の葉を乾燥させた「すくも」を原料に、さらに発酵させて染料を作ってあります。これはプロの仕事なので、真似できません。。。
生葉染めより濃い藍色で、紺色に近い色もでます。しかも、シルクだけでなく、綿などの素材も染められます。すごいな〜


c0162965_23501292.jpg


↑夏休み親子藍染め教室では、朝一で刈った藍の葉を皆で取る作業から始めました。その葉っぱに水を加えてミキサーでガー!ガー! すると、藍の青汁ジュースができるので、それをネット+布で素早くこし、そこに布を投入。ムラにならないよう、また空気に触れないよう、よくまぜながら20〜30分ほど。絞って干して空気に当ててから水洗いし、また干して完成!

c0162965_23502531.jpg


↑子どもたちは、待っている間に、藍の葉で叩き染めも行いました。こちらは綿素材でもOK。木槌や金槌が人数分なかったので、石でとんとん叩きました。

叩いた布は、家に帰ってから水と石けんで洗うと、青色に変化します。

夏休みのいい想い出になりました。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2012-08-13 00:19 | 藍成長日記&藍染め

2012らっきょう梅みそ仕込み

c0162965_7541162.jpg


今年もいくつかの保存食を仕込みました。
5月の中旬は、らっきょう漬けです。泥付きらっきょうを洗う作業が大変なのですが、今年は「わたしが あらうから つくって!」という娘に後押しされて、2〜3キロの泥付きらっきょうを甘酢に漬けました。

次に6月中旬頃、梅を漬けました。昨年は、ご近所の方に庭の梅の実を分けていただいたのですが、今年は残念ながら不作。ということで、気張って無農薬の南高梅を3キロ購入しました。実が大きく、ほんのり黄〜赤に色づいて、香りがとてもよかったです。

以前、暖かいところに塩漬けした梅を置いておいたら、表面にびっしりカビがはえた苦い経験があるので、今年は慎重に涼しい場所に置き、梅雨が明けてしばらくした7月後半頃、ギラギラする太陽に丸3日間あて、天日干ししました。以前は5キロ漬けていたので、3キロってやはりちょっと少ないような…。でも大切に食べます!


その直後、今年2月に仕込んだ味噌(米麹)の天地返しをしました。昨年、麦麹で味噌を作りましたが、ポリバケツで仕込んだからか、表面に緑のカビがついてしまい、匂いも少々カビ臭くなってしまいました。なので今年は壷を使って仕込み、空気が入らないようビニール袋に塩を入れた重しをしっかりのせて寝かせ、なるべく風通しのよい場所に置きました。

ドキドキしながら新聞紙のフタをあけると、よい香り! カビは全くなくホッと一安心。味はまろやかで食べやすく美味しかったです〜♥ きゅうりに味噌をつけて一本食べてしまうくらい。
あと半年くらいしたら、もっと美味しくなるんだろうな〜 今から楽しみです。


c0162965_7542754.jpg

↑そしてこちらは、な、なんと、”ペンギンなす”です。近所の農家から買ったのですが、そのときは全く気付かず、料理しようとしたとき「あれ? このナス、なんか変…」。目の部分は包丁でくり抜きましたが、くちばしも、手の部分もあります。スーパーにはなかなか売っていない野菜に出会えると嬉しくなります。面白いですね!
[PR]
by atelier-kotokoto | 2012-08-11 08:29 | 日記

2012夏休み親子絵手紙開催しました!

c0162965_13213999.jpg

7月に、初めての親子絵手紙を開催しました。
今まで、お年寄りの方向け、子育て中のママ向けには開催してきましたが、親子で絵手紙を描こう!というのは初めてです。

我が家の子どもは、2人とも女の子なので、改めて男の子の迫力に圧倒され新鮮でした!!
ずーっと騒ぎながら動き回っていて、少しもじっとしていない(しかも動作や声が大きく激しい/笑)。個人差はあるでしょうが、やはり男の子と女の子って違うんですね〜

最初に1つだけ子どもたちと約束することにしました。
「上手にかこうと思わなくていいので、とにかく丁寧に、心をこめて、誰かのことを思って描いてください!」と。

そしたら、子どもはやっぱりすごいです! 素晴らしい作品がたくさんできました。ついつい力んでしまう大人と違い、自然体で次々と描いてくれました。子どもは、人間の本能の塊だと感じます。身体を動かして遊ぶのも大好きならば、絵を描いたり、何か作ったりするのも大好きなんですよね。成長するにつれ、他の人と比べて、「私は◯◯が苦手…」という意識が生まれてきてしまいますが。

c0162965_13213730.jpg



モチーフは、夏の野菜や果物、サザエの貝殻やヒトデ、その他、自分で描きたいものを持ってきてくれた子もいました。最後は、モチーフに使ったスイカを少しずつですが、いただきました。

c0162965_13214976.jpg



次回は8月です。Tシャツや布バッグに、専用の絵具またはクレヨンを使って描くことを企画しています。午後開催なので、くれぐれも熱中症に気をつけてお越し下さいね!
[PR]
by atelier-kotokoto | 2012-08-02 13:36 | ★絵手紙活動

2012初夏のパン

c0162965_12425738.jpg


今年は、夏休み親子パン工房のメニューに取り入れるべく、ハーブ酵母を使って、葉っぱの形をしたリーフパンを何度も焼いています。ハーブは、ミント、バジル、シソ、ローズマリー、コモンセージ、タイム、ボリジ、フェンネル…etc。何でも何種類でもOK! 発酵力も強く、爽やかな香りが夏バテ防止に効きそうです。

小さな葉っぱでもいいのですが、あえて天板一枚を使って、大きなモンステラをイメージして焼いてみました。顔より大きなパンに、子どもたちのテンションも上がります。カリッと焼いておつまみっぽくしても美味しいです。

c0162965_12431215.jpg


ヨーグルト酵母を使ったカンパーニュは、ふわっふわでとても食べやすく焼けました。小麦粉と水だけで作る自然発酵種でカンパーニュを焼くと、少し重めのずっしりしたパンになる傾向があります。薄切りにしても食べごたえがあり、それも好きなのですが、軽いふわふわのカンパーニュもいいですね。

その他、久しぶりにホシノ丹沢酵母で焼いたパンや、イチゴ酵母の残りでミニ食パンなども焼きました。


今年の夏も、やはり暑いですが、日常的に食べる分だけは焼いていこうと思います。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2012-08-02 13:19 | 酵母パンアルバム

2012年6月、7月の曙光園

c0162965_12162180.jpg

昨年から毎月1回、障がい者支援施設「曙光園」で、美術の講師をさせていただきています。

自転車に荷物を積んで通っていますが、ラッキーなことに今まで一度も雨に降られたことがありませんでした。しかし、6月は梅雨の時期。。。午前中は雨模様だったので、交通手段に悩みました(我が家に車はありますが、私は免許を持ってないのです!)が、それほどひどい雨にはならなそうだったので、カッパを来て、荷物はビニール袋でしっかり守り、いつものように自転車で行くことにしました。自転車で40分近い距離です。幸い、午後には雨は止んでくれました。パチパチパチ

c0162965_12163267.jpg

話はそれましたが、6月と7月は、2012年後半のカレンダーを作りました。以前やったマンダラ塗り絵の応用です。 色鉛筆、クレヨン、マーカーなど、各自使いやすい画材を使って じっくり集中して丁寧に色を塗ることが出来ました。 細かい図案も、色の組み合わせを考えていらっしゃるのが印象的でした。

塗り絵をする際、片手が麻痺して思うように動かない利用者さんからは、厚紙などを定規代わりにすると、色がはみ出なくていいと教えていただきました。次回に活かしたいと思います!

自分が今のところ幸いにも健康なので、障害のある方の身になって考えているつもりでも、できていないことが多々あります。なので、ここでの活動はとても勉強になり、感謝しています!


c0162965_12251561.jpg


また7月の美術の日は、染料で和紙の折り染めも行い、灯ろうとうちわを作りました。灯ろうは、8月4日の『灯りまつり』に曙光園として出品させていただきます。

そのときの写真は、後日アップするのでお楽しみ〜♪
[PR]
by atelier-kotokoto | 2012-08-02 12:42 | ★絵画造形活動

6、7月の絵手紙アトリエ

c0162965_11532358.jpg

更新が遅くなり、すみません! 
6月の絵手紙アトリエでは、紫陽花をモチーフに「ちぎり絵」を行いました。

ご存知のように、紫陽花は色や形が豊富で見飽きないですよね。種類が同じでも、土によって色が変化したりもします。

そこで今回は、モチーフの紫陽花そのままを形にするというより、自分の想像力も使いながら、紫陽花を表現していただくことにしました。

まず、手すき和紙を台紙に貼り、和紙の色紙などを使用し、手で少しずつちぎりながらの作業です。時間が足りなかった方には、翌月までの宿題ということで、ご自宅で完成させてもらいました。

どの方も丁寧に仕上げてこられて、見ごたえがありました。「子どもの頃以来、工作のようなことはしていなかったから楽しかったわ」とおっしゃっていただき、嬉しかったです。



c0162965_11533357.jpg


7月は、今年後半のカレンダーを作りました。デザインの関係上、ハガキは横位置で指定させていただきましたが、絵手紙のハガキは季節により、差し替えられるようになっています。

暑さがふっとぶような、元気な夏野菜が描けたと思います。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2012-08-02 12:13 | ★絵手紙活動