「ほっ」と。キャンペーン

東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

外で積み木遊びをしてみよう!

近所の小さな雑木林で、積み木遊びをしました。
次女と一緒に木の切り株に積み木を並べてみたら、ユニークな顔のできあがり!
c0162965_12541388.jpg

これは、長女が通う小学校の放課後子ども教室の1つ「楽描くらぶ」での活動(遊び)でおこなったものです。私は今年度から、この「楽描くらぶ」に毎週指導者として入らせていただいています。1〜6年生の子どもたちと、絵を描いたり工作したり、いろいろなことを体験するのは楽しいです。学校の施設や道具を使わせていただけるので、以前やっていたような子どもアトリエを企画開催するのに比べ、スケールの大きさが違うし、勉強になります。

c0162965_12542382.jpg

↑写真左上は、長女の作品です。右上は私。
使った道具は、積み木だけでなく、段ボール、洗濯バサミ、ペットボトルのフタ、中身を乾かしたひょうたん…etc。いろいろ持っていきました。気持ちのよい秋空の中、子どもたちはグループで作ったり、1人で作ったり、各自イキイキと活動していました。その様子を写真でお伝えできないのが、とっても残念です。
途中、大きなカブトムシの幼虫を見つけたり、仲良しラブラブのバッタを見つけたり。そういう体験を、子どもたちにはいっぱいしてほしいと思います。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2012-10-29 13:19 | ★絵画造形活動

2012年秋の絵手紙ギャラリー

久しぶりに絵手紙ギャラリーの更新です。
今年前半は日々の生活に追われ、じっくりゆっくり絵手紙を描く余裕がありませんでした。
時間の余裕がない=心の余裕がない。そんな風になるのは、やっぱりイヤだ!
そもそも絵手紙を教える資格もない…と反省し、秋からは少し心を入れ替えて、絵手紙を描くことにしました。
c0162965_121531.jpg

↑「バターナッツ」というカボチャは、絵手紙に描いたあと、パン工房の試食時にお出しするパンプキンポタージュになりました。また、「フィレンチェ」というイタリア種のナスや、「シカクマメ(四角豆)」や真っ赤な「パプリカ」など珍しい野菜は、9月に家族で小淵沢に旅行した際に買って来たもの。いろんな野菜に出会えると嬉しいです。食べる楽しみもあるのですが、ついつい「これは絵手紙のモチーフになるな…」なんて考えてしまいます。

レンコンやさつま芋などの根菜も大好きで、特に最近は干し野菜にしています。味も凝縮されるし、たくさん食べられるし、お日様が半分調理してくれているので、ストックしておくと忙しい日に役立ちます。

ザクロの実は、お隣のお庭からいただきました。とても立派なザクロの木だったのですが、立派すぎて手入れが大変ということで、ばっさりと枝などを切られていました。仕方ないけど、残念です。

c0162965_12143771.jpg

↑秋のお彼岸の日に、家族でお墓参りをすることにしていましたが、あいにくの雨で日程変更することに。そこで、お墓に持っていくはずだったお花と、次女と作った3色おはぎ(粒あん、黒ごま、きなこ)を絵手紙に描きました。娘が、私が絵手紙を描いている横から、「もう食べていい? 早くママ絵手紙かいちゃってよ〜」とお箸を持ちながら催促されました(笑)

c0162965_12144993.jpg

↑「七福神」という名前の多肉植物を買いました。最近は多肉植物にハマって育てる女性のことを「多肉女子」というそうですね。長女が「私も絵手紙かく!」といって、描きました(写真右)。明らかに、私のより断然いい作品で、「ムムムやるな…」とうなりました。しかも長女はどこかが気に入らなかったらしく、同じ構図の絵を2枚描いていました。こだわるなぁ。
ちなみに花のつぼみがついていたので、どんな花か楽しみにしていたら少しずつ膨らんで、後日オレンジ系の小さくて可愛い花が裂きましたよ!

c0162965_1215588.jpg

↑↓とうとう念願かなって、いが付きの栗をいただくことができました。枝と葉っぱ付きです! ありがとうございます! 栗の実だけでも可愛いのですが、いが栗だと貫禄が違います。絵手紙の生徒さん方も、「わぁ〜すごい! 描きたいけど難しそう!」といいながら、割り箸や爪楊枝も動員して、それぞれ素敵ないが栗を絵手紙に描いてくださいました。
c0162965_12151147.jpg


c0162965_12152437.jpg

↑萩山駅前にオープンしたハンドメイドのお店「くらりす」さんで、先日、絵手紙教室を開催させていただいたときに描いた絵手紙です。説明しながら描きました。少人数で、美味しいお茶をいただきながら、おしゃべりしつつ、楽しい時間を過ごすことができました。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2012-10-29 12:43 | ★絵手紙ギャラリー

秋色カーテン〜日々のあれこれ

日々のあれこれ〜その1 「秋色カーテン」

和室の窓辺に、秋色のカーテンをつけてみました。
カーテンといっても、以前、草木染めした布を暖簾風につなぎ合わせ、窓辺に垂らしただけです。
c0162965_1442894.jpg

和室なので障子がついていますが、部屋の換気をするときなど、外から見えないよう目隠しの布があると便利なのです。また夏は、日差しよけや見た目の涼しさを兼ねて、藍染めした青系の布を垂らしていました。
秋は、飴色の雰囲気にしたいなと思い、玉ねぎ染めをしようと思いましたが、何年か前に染めた布がたくさん引き出しから出てきたので、それを使うことに。玉ねぎ染めだけでなく、花びら染め、たんぽぽ染め、藍の茎染め、コーヒー染め、紅茶染めなど、いろいろな布をつなぎ合わせたので、パッチワークのように面白くなったと思います。


ーーーーーーーーーーーーー
日々のあれこれ〜その2 「いろいろみぃつけた!」

珍しい赤オクラが手に入ったので、サラダにしようと輪切りにしていたら「あれれ、このオクラ何かちがう…」

じーっと観察して気付きました。そうです、五角形でなく6〜9角形だったのです!

子どもたちと野菜スタンプをすると、「オクラはお星さまみたいだね〜」といったりしますが、この赤オクラは、まるでレースのお花のようで美しいと感じました。

c0162965_1444389.jpg

↑写真上右…上の方が赤オクラ、下は普通の緑のオクラの輪切りです。形の違い分かりますよね。

↑写真下右…娘がおやつに葡萄を食べている最中、「ママ〜みて! ウサギがいるよ!」というので見にいきました。すると、なるほど。確かにリンゴウサギならぬ、葡萄ウサギがいるではありませんか。娘が写真に撮るまで食べないというので、パチリとしました。

↑写真下中…これは夏に見つけた双子のミニトマトです。赤いので「ダルマトマト」と名付けました。

↑写真下左…花瓶に入っているドライフラワーは、ヨウシュヤマゴボウの実を取ったあとの房で作りました。巨峰でも何でも、葡萄系の房はドライにすると面白いオブジェになります。


ーーーーーーーーーーーーー
日々のあれこれ〜その3 「巨大なパンをいただきました!」

c0162965_1444021.jpg

ご近所の方から「これ、あなたが好きそうだなと思って。家内にパン屋さんで買って来てもらったの。食べて」っといって、パンの入った大きな袋をいただきました。びっくりです!

袋を開いてさらにびっくりしました! だって、大きな大きなパンが1つどーんと出てきたものですから。巨大なツォップに「ひょえ〜!!」っと大感激。我が家の家庭用ガスオーブンには、到底入らない大きさです。思わず娘たちに持たせて写真を撮りました。

切り分けて一部は冷凍し、翌朝から数日間、家族でいただきました。
どんなパンかというと、ハード系のシンプルな材料で、ほのかに塩味のするパンなのですが、意外にも中(クラム)はフワフワして軽く、それでいて噛みごたえのある耳(クラスト)で、野菜サンドにしたら最高に美味しかったです! ありがとうございました。

あんなパンが自分でも焼けたらなぁと思います。
どこのパン屋さんか確認しなくては!


ーーーーーーーーーーーーー
日々のあれこれ〜その4 「黄金色の誘惑…」

c0162965_1133558.jpg


秋の手作りおやつといえば…。そう、やっぱり焼き芋です!
さつま芋をホイルに包み、無水鍋でじっくり40〜50分火にかけるだけで、とっておきのスイーツができちゃいます。できたてのアツアツをふーふーしながら家族で食べていると、心も身体もホクホクとろ〜り甘くて温かくなります。ちょっと高級な安納芋と普通のさつま芋を食べ比べましたが、どちらもニヤニヤしてしまう美味しさでした〜! 寒い日の週末の午後、まったりしながら、こんなおやつを食べていると、しみじみしあわせだなぁ…と思います。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2012-10-28 15:13 | 藍成長日記&藍染め

2012年秋はカボチャ小豆ロールパン他

c0162965_971030.jpg

2012年秋の手作りパン工房は、バナナ酵母を使った「カボチャ小豆パン」と、自然発酵種を使った「基本のプチパン2種」を作ることにしました。

10月といえばハロウィン。ハロウィンといえばカボチャですよね。カボチャと相性のいい組み合わせは…? と考えて、カボチャと小豆の煮物=いとこ煮を思い出し、今年はマッシュしたカボチャを生地に練り込み、小豆あんとカボチャを角切りにして甘く煮たものをくるくる巻いて切ったパンを作ることに。

仕上げにカボチャの種をのせて焼いたあと、ハチミツシロップを塗って完成。ふんわりしたパン生地に優しい甘さのカボチャと小豆あんがマッチして、大人にも子どもにも好評でしたよ〜! 



c0162965_974620.jpg


また、小麦粉と水から作った自然発酵種を元に、お食事時にぴったりなプチパンを2種類作りました。1つはプレーンな生地で丸いプチパンを。もう1つは、黒ごま生地&さつま芋の組み合わせです。さつま芋を甘く煮たものではなく、あえて生のさつま芋を巻き込み、ほっくりした素朴な味にしてみました。

お持ち帰り生地は、自然発酵種による黒ごまの生地です。黒ごま&チーズまたはソーセージなどを中に入れて焼いても美味しいですよね!

c0162965_975947.jpg


今月も1〜3歳くらいまでのちびっ子ちゃんたちが、何人か参加してくれています。ママと一緒にパンをこねこねする姿や、お待ちかねの試食タイムで、焼きたてパンをパクつく姿に癒されてま〜す♪

また今月は、オニオンスープ、長ネギのポタージュ、カボチャのポタージュなどのスープと、豆乳プリンに黒密&きなこをかけたデザートをお出ししています。

c0162965_974574.jpg


カボチャのポタージュに使ったカボチャは、バターナッツという大きなピーナッツ型をした品種で作りました。これは9月に小淵沢にプチ旅行した時に買ってきたもので、ねっとりとした濃くと甘みがあり、鮮やかなオレンジ色が美しいカボチャでした。また作りたいけど、近所では見かけません。残念。

11月の初めまでは、上記のようなメニューを予定しています。11月中旬から12月は、クリスマスをちょっぴり意識して、ツオップ(あみパン)などを計画中です。


パン工房は、毎月4回程度(週1くらいのペースで)開催していければいいなと思っています。

参加お申込される方は、まずはメールでお問い合わせくださいね。3〜5名のグループでお申込していただければ、日程は決まりやすいですし、個人でお申込の場合は他の方とご都合の合う日に開催させていただきます。


アトリエことこと
akotokoto@gmail.com
[PR]
by atelier-kotokoto | 2012-10-26 09:41 | ★天然酵母パン工房