「ほっ」と。キャンペーン

東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2015年2月の絵手紙

c0162965_16264373.jpg

↑上の写真のお人形は、絵手紙教室の生徒さんのお姉さん(80歳)がリハビリを兼ねて制作されたものです。「お嬢さんたちに1つずつどうぞ」といってプレゼントしてくださったので、娘たちが絵手紙でお礼状をだしました。

c0162965_16475456.jpg

↑2月は、我が家のネコヤナギの枝をモチーフに絵手紙を描きました。よくにじむ画仙紙を使うと、花のフワフワの触感や墨の濃淡のグラデーションは表現しやすくなりますが、思った以上ににじんでしまう、など苦労する方も多かったようです。でも皆さん研究熱心に取り組んでくださいました。


c0162965_1627844.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2015-03-19 16:50 | ★絵手紙活動

ステキなお城

c0162965_15364714.jpg

長女が図工の時間に描いたパステル画です。

私も久しぶりにパステルで絵を描きたくなりました。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2015-03-19 15:38

美味しい楽しいデコ弁作り♪

先日、娘の通う小学校でデコ弁作りをしてきました。
c0162965_1521261.jpg

↑デコ弁の企画を立ててから、我が家では練習を兼ねて夕食にデコ弁が登場するようになりました。材料をテーブルに用意して、手巻き寿司のように各自好きなおかずやご飯を弁当に詰めていただきます。親も意外と楽ですし、子どもたちにも好評です。

私は娘たちの通う小学校で、楽描くらぶ(←“らくがきくらぶ”と読みます)の指導をさせていただいています。放課後子ども教室の1つで、絵を描いたり工作したりする、いわゆる図工クラブのようなものですが、年度末のお楽しみとして、家庭科室で楽しく調理する企画があります。これまで、多種類の市販のお菓子と、いろいろな色に着色した生クリームを使って、自由にお菓子の家などを作ったりしていました。


学校でお菓子を食べられる、それだけで子どもたちは大喜びですが、お菓子でなく普通の食事の延長でも、子どもたちは楽しめるのではないか?と思い、今年は趣向を変えてみることに。

c0162965_15221090.jpg

↑材料は、白飯、焼き海苔、スライスチーズ、ミートボール、塩昆布、桜でんぶ、魚ソーセージ、人参・ブロッコリーを蒸したもの、ウサギりんご。
企画を考えた当初は、家庭科室で事前に白ご飯だけでなく、人参ご飯、青菜ご飯など色付きご飯を炊くことも考えましたが、人数が多く(低学年、高学年合わせて60名)準備が大変なので、今回はほっともっとのご飯をまとめて購入することに。弁当箱もついてくるし、助かりました。

c0162965_15233847.jpg


c0162965_15234940.jpg


c0162965_15235738.jpg


c0162965_1524799.jpg


c0162965_15241792.jpg



2回に分けて実施しましたが、低学年の日はちょうど短縮4時間授業で、子どもたちは給食のカレーを食べてきたばかり。お腹一杯で食べられるかな?と思いきや、「今日はカレーのおかわりをガマンしてきたよ」という声も。男の子も女の子も、はりきってエプロン、三角巾をしめ、楽しそうに作ってくれました。お人形や動物をイメージして作る子、海苔弁風にする子、今流行のおにぎらすにする子も。
「食べたいけど、家に帰ってお母さんに見せたい! 一緒に食べたい!」という子が多く、素直で可愛いなぁと思いました。




彩りを考えて、シュウマイやさつま芋など好みのおかずや野菜を一緒に蒸せば準備も楽ですし、揚げ物をした残りを少しとっておいたり、ゆで卵の作りおきがあると便利ですね。

我が家もお弁当のバリエーションを増やしたいと思います。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2015-03-19 15:25

たくさん焼いて食べてもらう喜び

c0162965_17215595.jpg

相変わらず同じようなパンをよく焼いています。オーバル型のカンパーニュ、バゲット、クッペなど。カンパーニュは丸形で焼く時は、生地量750gくらいにすることが多いですが、今回は約600g。


c0162965_17222592.jpg

クープの入れ方によって、見栄えが違いますよね。なのでいろいろお試し中。

c0162965_17225031.jpg

このクッペは、バゲット1本と同じ量です。成形を変えると、味や食感も違う気がするから不思議です。

c0162965_1723111.jpg

バゲットはクープも開きまぁまぁ。と思いきや、帯が切れたり、ちょっと焦げてしまいました。

c0162965_17231381.jpg

これは別の日のバゲット。一度に4本も焼けないので、冷蔵庫で待機させていたからか、焼成時に爆発。ガーン! 


c0162965_17241129.jpg

↑こちらはクッキー3種類。黒ごま、酒粕チーズ(チーズは入っていません)、ココナッツ。バターを使わないレシピなので、作りやすいです。

なぜクッキーを沢山焼いたかといえば、先日、娘の小学校のPTA元会長としての仕事納めがあったから。小学校のコミュニティスクール学校経営協議会委員としての任期を無事終えられたお礼に、お世話になった先生方、地域の方に少しずつですがプレゼントするためです。

それに見た目はイマイチなパンも、いろいろお世話になっている方々にプレゼントすると、喜んでもらえるのがありがたいですね。


さて、この2年間、長かったような、あっという間だったような…。学校のこと、地域のこと、いろいろ学ばせていただき、素敵な方々と出会い、お話しし一緒に活動できたことに、改めて感謝の気持ちで一杯です。

この経験を今後の自分の活動にも生かしていきたいし、また学校や地域で何か貢献できることがあればしたいなぁと自然に思えるようになりました。




これからが楽しみです!!
[PR]
by atelier-kotokoto | 2015-03-11 17:42

陶芸作品

c0162965_16543536.jpg

娘たちの通う小学校では、3年生から陶芸教室に参加することができます。今年、長女は初めて挑戦しました。この写真は、1年間で作った作品です。奥の花瓶も。3学期は親も参加できるので、私の作品もあります(手前の青白の魚)。

c0162965_16552941.jpg

↑1回1キロの土を使い、何を作ってもOK。小物を複数作る子や、大物をでん!と1つ作る子など様々で面白かったです。娘と私は、葉っぱや魚のイメージで細長い皿が多くなりました。上の魚は娘の作品。模様はレースを押してつけてあります。

c0162965_16555198.jpg

↑素焼きをして釉薬をかける時、迷いに迷った結果、選べなくて3〜4種類の釉をかけてしまった、なんとも決まり悪い作品。。。やはり2色くらいにおさえるべきですね。いつもは迷わないのだけどなぁ〜

c0162965_1656222.jpg

↑こちらは娘の初めての作品。紫陽花の葉っぱがきれいに出て、色も私好み。

c0162965_16572748.jpg

↑このマグカップも娘の作品。取ってをつけるのに苦労していました。かなり分厚いので飲みにくいかな?と思いきや、口当たりはソフトで重厚な感じが意外と良く、珈琲タイムが楽しみになりました。


私が中学時代に作った陶器の花瓶は、今でも実家で使ってくれています。これら作品も大切に日々の食卓に登場させたいなと思います。どれも一点ものなので、収納に困るのですが…
[PR]
by atelier-kotokoto | 2015-03-11 17:18 | 日記

ゆらゆらおひな様

c0162965_8585819.jpg

↑介護サービス付き高齢者住宅でのカルチャー講座で、ゆらゆら揺れる紙のおひな様を作りました。それぞれの表情が可愛らしいです。

c0162965_8591411.jpg

↑完成した作品を撮影した後、ふと人形を後ろから見たら、どれも前を向いていて(当り前ですが)、それも「何だか面白いね!」といって皆さんと笑いました。
おまけで折り紙の簡単おひな様も作りましたよ!

c0162965_85928100.jpg

↑こちらは、1月に制作した羊の置物(厚紙と木製ピンチ、綿など身近な素材を使いました)です。作っているときは一人一匹ですが、できあがって集めると羊の群れに。楽しいです。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2015-03-07 09:08

2015年2月 曙光園の美術の日

毎月、小平市の障がい者支援施設「曙光園」で美術の講師をさせていただいています。
1月は施設でインフルエンザが流行したため中止となり、2月が今年初の美術の活動日となりました。
c0162965_22221217.jpg

今回は、春を少し感じてもらえたらと思い、グリーンリースを作りました。

c0162965_222234100.jpg

最近、曙光園では様々な制作に取り組んでいる人が多いです。じっくり時間をかけて、少しずつ作品を仕上げていて素晴らしいと思いました。

c0162965_22225437.jpg

帰り道、玉川上水の風景です。冬から春に移り変わるのを感じました。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2015-03-05 22:36 | ★絵画造形活動