「ほっ」と。キャンペーン

東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

つきぬけろ!!!

c0162965_123781.jpg

↑立派な竹の子をスーパーで見つけて、絵手紙に描きました。
食べるには大きすぎて美味しくないのでは??と思ってしまうほどのサイズでしたが、とりあえず絵手紙にするのが目的だったので購入。旬が短いので貴重なモチーフです。
普通のハガキでは、この迫力は出せないと思い、急きょリサイクル用に取っておいた牛乳パックで簡易手透き風和紙を作り、描くことにしました。


迷いなく上へ上へとぐんぐん勢いよくのびるイメージの竹の子を見ていたら、ここ最近の私は、思い切り自分のエネルギーを外に出せてなかったような気がしてきました。よって、「つきぬけろ!!」の言葉には、我慢したり遠慮したり、周囲とのバランスばかり考えずに、とにかくとことん自分の信じる道を貫きたい!!という気持ちが込められています。


c0162965_12371736.jpg

↑竹の子に続き、百合の花も描きました。
クラクラするほどの香りを放つ百合。こちらも堂々と咲き誇っていて、最近の私に欠けていた何かを感じました。
年齢なんて関係ない!! ツボミのまま枯れたりしおれたりしないよう、自分の花をしっかり咲かせたいと思いながら描きました。



ちなみにこの簡単和紙の作り方は、牛乳パックを開いてビニール面同士を合わせ、アイロンかけするだけです。熱でビニール同士がくっつき、牛乳パックのパイル面が表面になるのです。
牛乳パックの種類等にもよりますが、墨や顔彩の吸収があまりよくないため、画仙紙に描き慣れている人には扱いにくいかもしれません。でも、それをねじ伏せるように竹ペンをつかってぐりぐり傷をつけるようにして線を描いたり、色も優しくにじませるというより、濃いめの絵の具を大胆にのせるようにすれば描けます。ほとんど力技な分、力強さや迫力は出るので面白いですよ。


c0162965_12382561.jpg

↑こちらも今が旬の新玉ねぎ。
新玉ねぎ、新人参、新ジャガイモ、新キャベツ (春キャベツ)、新ごぼう、新ショウガ…などなど、新がつく野菜って瑞々しく大好きです。


c0162965_12384491.jpg

↑こちらは家族に描いた絵手紙です。
3月は次女の誕生日と、実家の両親の結婚記念日。自分自身に向けて描くのもいいけど、誰かを想って描くのもいいものです。

c0162965_12385776.jpg


c0162965_1239929.jpg


c0162965_12395962.jpg

最近、ときどき自分がどの道に進めばいいのか分からなくなる時があります。
絵を描いたり、工作したり、パンやお菓子を作ったり、発酵食や薬膳などの食に興味を持ってみたり…
仕事として、美術の道へ進むべきか、食の道へ進むべきか考えてしまうことがあります。

広く浅くだと、結局どれも中途半端で何も極められないよ、とか
好奇心旺盛なのはいいけど、その分飽きっぽいよね。何か1つに絞ったら?? という声が聞こえてきそうです。

でも、いくら考えても今の私にはまだ分からない。どれも好きだし、どれも大切。
このブログも、パンの写真が出てきたり、絵手紙が出て来たり、子どもや大人との美術活動のことが出てきたり、家族が出てきたり、ゴチャゴチャです。でもそれが今の私。


ピアノを弾いたり、歌をうたったり、踊ったり(今までいろいろなダンスにハマったなぁ…)、ピラティスや筋トレで自分の体と向き合ってみたり、縄跳びにハマろうとしてみたり。これら完全に趣味と割り切れるものに関しては問題ないのですが。


自分の将来の夢が分からないなんて、学校の1/2成人式がきっかけで、将来の夢を考え中の10歳の娘とほぼ同じレベルです。もしかしたら、将来は今考えていることと全く別の道に進んでいるかもしれない。でも、

ケセラセラ〜♪ なるようになるわ〜♪

とにかく全力で寄り道しようと思っています。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2015-04-24 14:09 | ★絵手紙ギャラリー

シフォンケーキとアーモンドミルク

c0162965_1729306.jpg

3月後半は次女の誕生日。今年は修了式と同日だったので、ギリギリ学校のクラス皆に「おめでとう!」と言ってもらえたそうです。

バースデーケーキは、娘に「いつもの大きなチーズケーキを作って!」と言われていましたが、毎回チーズケーキなのも飽きてしまうので、今回はシフォンケーキ作りに挑戦。シフォン型を買うか検討中なので、紙の型で焼きました。あまりキレイにお花は咲かなかった(それほど膨らまなかった…)けど、子どもたちは各自、お皿に生クリームとフルーツでデコレーションし「美味しい!」と言ってくれました。ホッ

c0162965_17294396.jpg

↑こちらは、最近話題のアーモンドミルクを手作りしたときものです。生アーモンドを水につけておき、ミキサーでガーガー!!してこします。こして絞ったカスは、オーブンで低温焼きしてアーモンドプードルにし、クッキーなどの焼き菓子で使っています。

気になるアーモンドミルクのお味はというと、想像していたよりあっさりしていて飲みやすい!
体に良さそうなので、また作ってみようかな。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2015-04-08 17:37 | 日記

イースターエッグカード作り

c0162965_97095.jpg

毎月、美術講師をさせていただいている高齢者向け住宅と障がい者施設で、3月はイースターにちなんだカードを作りました(絵手紙など、絵を描きたい方は絵も描いています)。

卵形の画用紙に、カラーペンで絵をかき、色画用紙に貼ります。割りピンを使って、卵が割れて中からひよこが飛び出すようにしました。

この日、初めて参加された方は、「自分がこの年になって、童心にかえり工作を楽しめるとは思っていなかった。とても新鮮だったわ」とおっしゃってくださいました。

c0162965_961488.jpg



↑こちらは、長女が作ったカード。私の大学時代の友達がめでたく妊娠し、6月に出産ということで、赤ちゃんに会えるのを楽しみに渡しました。

新しい命が誕生するって、それだけでワクワク満たされた気持ちになりますね。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2015-04-08 17:28 | ★絵画造形活動

バゲット、カンパーニュ、山食のローテーション

最近バゲットばかり焼いていたので、久しぶりに山食を焼きました。紫芋の粉を入れたので美しいピンク色。釜伸びして、フワッ&サクッとした軽い触感が新鮮でした。
c0162965_18172540.jpg

↑我が家ではバゲットなどのハード系パンが一番人気ですが、たまに食パンを食べるとホッとします。

c0162965_1817825.jpg

↑↓食パン生地を多めに仕込み、同じ生地でシュガーバガーやシンプルな丸パン(塩丸くんではありません)も焼いたりします。自然発酵種は50%(中種法ですね)で、砂糖とバターが5%ずつのレシピ。たまにスキムミルクも少々入れたりします。

c0162965_18194311.jpg


c0162965_18174468.jpg

↑こちらは、パウンド型で焼いたミニ食パン。最近のお気に入りは、ココナッツオイルとハチミツ。花粉症に効くというユーカリの花のハチミツで、寒くなくても濁ってクリームのような感触です。

c0162965_18175735.jpg

↑こちらは、ライ麦、全粒粉、コーンミール、ふすま、グラハムなど、色々な雑穀を入れたカンパーニュ。前夜に仕込み、冷暗所に置いておくはずが、温かい場所に置きっぱなしで寝てしまい、翌朝悲しいかな過発酵に。季節が春になり、油断できません。
次の中種にまわそうかとも思いましたが、大量に仕込んでしまったので、そのまま2次発酵して焼いて食べることに。サンドイッチなどにすれば、多少風味が落ちていてもそんなに分からない。。。?

c0162965_1818745.jpg

↑このバゲットは、先ほどの過発酵してしまったカンパーニュ生地の一部を中種として使ってみました。バゲットの時の小麦粉は、リスドルやタイプERが多いのですが、今回はフランス粉に。

吸水率が違い、少し戸惑いましたが、見た目は今まで焼いた中でかなり上位の出来になり満足。やっと自分なりのコツがつかめてきたような気がします。

自然発酵種を入れる割合を研究しようと、最初20%から始め、30%へ。そして35%くらいまで増やしてみましたが、あまり入れすぎない方がバゲットらしいかも。と最近思い始めています。

パン作り楽しいです。
日常、我が家で食べるパンは、バゲット・カンパーニュ・食パンのローテーションです。基本その3種類が焼ければ飽きません。粉や水分の種類を変えたり、副材料を加えたり、材料の割合をかえれば、いろいろ応用できるので、やはりこの3種類はマスターしたいもの。

早くパン工房を再開して、パン作りの面白さを皆さんと共有したいな〜と考えつつ、やることがたくさんあって、未だに予定が立てられない状況です。

ごめんなさい!!


あまり期待せず、気長に待っていてくださいね。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2015-04-07 18:35 | 酵母パンアルバム