東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

2010年 08月 12日 ( 1 )

藍の煮出し染めウール100%

c0162965_66238.jpg

押し入れの奥にしまい込んでいた白くて長〜いマフラーを、藍染めしてみました。

これは結婚前に、夫からクリスマスプレゼントでもらったものです。真っ白だったため次第に薄汚れた色になってしまい、また子どもが産まれてからは長くてかさ張るので全く使っていませんでした。

しかしウール100%でふわふわ。
もったいないので、今回藍の煮出し染めの実験(?)で日の目を見ることに! 

結果は大成功でしたよ〜! 

同じ藍の生葉を使った染め方ですが、葉の青汁ジュースに直接浸けるのではありません。
まず、おひたしのように葉を沸騰した湯でグラグラ煮て酵素の活動を抑え、色素のみ取り出します。そこに、生の青汁ジュースを少し加えて酵素の働きを復活させ、ゆっくりじっくり浸し染めしていきます。

シルクは軽いのでスカーフ1枚40グラム程度ですが、このウール100%のマフラーは230グラム程ありました。藍の葉は、染める布の倍は必要です。ミキサーで青汁ジュースを作って布でこすという作業を5分で終わらせ、すぐに布を浸すのは難しいのですが、煮出し染めなら焦らずゆっくり作業をすすめられます。

c0162965_643384.jpg

↑山盛りの藍を刈り取りました。

c0162965_644015.jpg

↑↓葉と茎とに分けている最中、小さな青虫を発見!

c0162965_644893.jpg


c0162965_645636.jpg

↑沸騰した湯で10分くらいグラグラ煮ます。

c0162965_651027.jpg

↑布でこして絞るとこんなに小さくなりました。匂いはほうれん草のおひたしを煮すぎた感じ(そのままですね)。

c0162965_65219.jpg

↑煮出した液です。このままでは染まりません。

c0162965_652875.jpg

↑↓葉の10%の葉を使って生の青汁ジュース(酵素液)を作ります。これは冷蔵庫で数日保存可能。
c0162965_653522.jpg


c0162965_654212.jpg

↑ぬるま湯に洗剤を少し入れて、染める布を浸しておきます。

c0162965_654954.jpg

↑煮出した液が40℃以下になったら、先ほどの酵素液を加えて、いよいよ染色開始!

c0162965_655723.jpg

↑ドキドキ。白いウールが徐々にグリーンに。液の中で布をよく動かします。

c0162965_66843.jpg

↑子どもたちもお手伝い。

c0162965_664182.jpg

↑30分くらい浸したら、軽く脱水してしばらく干します。

c0162965_663189.jpg

↑その後水洗いして、再び外で風とお日様にあてながら干して完成!
c0162965_642553.jpg

[PR]
by atelier-kotokoto | 2010-08-12 06:40 | 藍成長日記&藍染め