東京都小平市 絵画造形「アトリエことこと」

akotokoto.exblog.jp
ブログトップ

2014年 09月 03日 ( 1 )

家族の作品あれこれ♪

★ウェルカムひょうたんマラカス♪
c0162965_1314372.jpg


↑この写真は、ひょうたんに絵を描き中に小豆を入れて作ったマラカスです。玄関に飾っているので「ウェルカムひょうたんマラカス♪」と呼んでいます。

ウクレレを持っているのが夫(長女がパパの顔のみ描きました)。赤ずきんが私。長女は自分で自分のひょうたんを全て描き、次女はすぐに「うまくかけな〜い!」と挫折したので、私が続きを担当しました。アクリル絵の具で描いて、最後にニスを塗り、小豆を入れて、グルーガンで蓋をして完成です!

我ながらよく出来たと思い、玄関に置いてお客様に見ていただこうとアピールすることに。
「これ、ひょうたんですか? 手作り?」と言っていただくと嬉しくて、あれこれ説明しています。でも何のコメントもいただけない場合は、自分から「これ、ひょうたんなの〜! しかもマラカスで音が鳴るよ〜!」とついつい言ってしまいます。我慢ができない私です。


★アイオラフ♪
c0162965_13163383.jpg


↑『アナと雪の女王』を映画館で観て以来、しばらくアナブームだった我が家。中でも、やはりオラフは娘たちに人気で、家にあるIKEAの黒板にオラフを描いた力作(パパと子どもたちの共作だけどね)をなかなか消させてはくれませんでした。「消すなら写真に撮ってぜったいにママのブログにのせてよね」という約束から数ヶ月…。今回、やっとやっと載せたよ〜

ちなみに、オラフの右の写真は、長女が学校の図工の時間に作った「にじ色のへび」。その下のリース(左)は、キウイのツルをねじって巻いて、ルリタマアザミのドライフラワーをくっつけてみました。右の黄色いリースも、麦わら草などの花をドライフラワーにして作った手作りリースです。フレッシュな時の輝きはだんだん薄れてくるけど、捨てるのが勿体なくて、なるべく飾るようにしています。

さらに下段左の写真は、海で拾った小石に絵を描いたもの。以前、このブログに載せたかもしれないけど、石に絵を描くのも大好きなので、描きやすそうな石を見つけるとワクワクしちゃいます。

下段右の写真は、父の日に子どもたちからのサプライズ。誕生日パーティなど、ことあるごとに、娘たちは部屋の飾り付けに精を出しています。


★日常から生まれるものたち♪
c0162965_13321752.jpg


↑この左上の写真は、次女が段ボールで作ったお面です。
次女は段ボールを見ると、必ず「その段ボールすてないで〜!なにか作るから!」というほど、創作意欲がわいてくるそうです。この日は、頭にかぶるお面をサササーッと作ってくれました。といっても、目の部分をくりぬかなかったため、被った瞬間「あ”っ…暗い……」。


上段右の写真は、以前、クリスマスの時期に作ったパンのミニチュア。パン教室らしいかなと思い、部屋に飾っています。


その下の写真。手のひらにのった小さな顔は何だかわかりますか? 
先日、アトリエことことを始めた当初に使っていた赤い作業用エプロンを出して、久しぶりに使った時のことです。何気なくポケットを触ったら、小さいコロコロした感触があって「???」と思いながら見てみたら、小さな消しゴムが入っていました。

「な、な、なんか、すごく懐かしい!!!」


一瞬でぱぁ〜っ♥♥♥とハッピーな気分になりました。
思いがけないところから、忘れていた小さな宝物を発見した気持ち。

近所の集会所や、地域センターなどをお借りして、幼稚園生くらいのちびっ子たちとお絵描きしたり工作したりしていた頃がよみがえってきました。

あの頃、自分も小さい子どもたちを抱えながら、とにかく一生懸命で「次のアトリエで何をやろうか?」と考え、日々、調べて試作したり、終わった後はノートに反省したり、常にメモしていました。その時に使っていた消しゴム。小さくなっても捨てられず、顔を描いた記憶があります。

2008年に活動を始めたので、それほど前のことではないのだけど、子どもたちは乳幼児から幼稚園生になり、2人とも小学生になり…と、子どもたちは日々成長し、それと共に私の生活もガラッと変化してきているので、すっかり以前のことになっていました。

でも、アトリエことことを始めた頃の気持ちは今も持っているし、常に環境など変化しながらも、大切な何かは忘れず、ずっと続けていきたいと思っています。



残りの粘土の写真で、花は次女、魚は長女の作品。魚をひっくり返すと「大すき!!」と書いてあります。

あと、紐で手と首を吊るされたマリオネットは、小学校でやっている“楽描くらぶ”で以前作ったものです。紙粘土でねこの顔を作りました。



いろいろ書きましたが、毎日生活していると、いろいろ自然に生み出されてきますね。つくづく、人間は何か表現せずにはいられない生き物なんだなぁと感じます。


子どもは特にそうだし、大人もそう。目的があってもなくても、ヒマを見つけて作ってしまう。それができるって、実はとても素敵なことなんだと思います。
[PR]
by atelier-kotokoto | 2014-09-03 13:33 | 日記